« 食品スーパー、2014年度、株価は? | Main | サンエー、2014年2月、第3四半期、増収増益、好調! »

January 07, 2014

キリン堂、2014年2月、第3四半期、調剤堅調!

キリン堂、2014年2月、第3四半期決算、増収増益、12/17
・http://www.kirindo.co.jp/index.shtml
・http://kirindo.irbridge.com/ja/PressRelease/PressRelease5112088711794887290/TopLink/RedirectFile/131224-3Q.pdf

P/L関連:
・売上高 767.28億円(1.3%)、営業利益 9.63億円(15.4%)、経常利益 12.94億円(16.8%)、当期純利益 5.25億円(△17.0%)
・原価 73.44%(昨年 73.46%):-0.02、売上総利益 26.56%(昨年 26.54%):+0.02
・経費 25.30%(昨年 25.43%):-0.13
・営業利益:1.26%(昨年 1.11%):+0.15
・四半期純利益は前年同期における一過性の要因(繰越欠損金の利用に伴う節税効果)の反動減により、5億25百万円(同17.0%減)

B/S関連:
・自己資本比率 26.7%(昨年 26.6%)
・現金及び預金 59.05億円(総資産比 14.02%)
・商品及び製品 127.01億円(総資産比 30.15%)
・買掛金 129.27億円(総資産比 30.69%)
・有利子負債 110.35億円(総資産比 20.20%)
・ポイント引当金 0.23億円(売上対比0.02%)

キリン堂のコメント:
・ドラッグストア業界におきましては、お客様の低価格志向・節約志向が継続する中、医薬品ネット販売解禁の動きを背景に、業種・業態を越えた競争の激化も相まって、厳しい経営環境が続いております。
・このような環境のもと、当社グループは、「地域コミュニティの中核となるドラッグストアチェーン」の確立をスローガンに掲げ、商圏内のお客様にとって便利で買いやすい売場づくり、セルフメディケーションの受け皿となる「かかりつけ薬局」としての機能を高め充実させるなど、顧客第一主義の店づくりを推し進めております。さらに、業態間競争に勝ち抜く収益基盤の確立を図るため、経営効率改善に注力しております。
・当第3四半期連結累計期間におきましては、引き続き、従業員の意識改革を図るための教育を徹底するとともに、既存店の活性化を推し進めるほか、調剤事業の推進(調剤売上高の拡大)に努めてまいりました。
・小売事業におきましては、既存店の活性化対策として、当社が7店舗の改装を実施いたしました。また、ヘルス&ビューティケア商品のカウンセリング販売に注力したほか、ポイントカードによるお客様の囲い込みとポイントカード会員様に対する販促策の実施等に努めてまいりました。さらに、調剤部門の伸びに加え、春先の花粉関連商品や夏場の日焼け止め・飲料等の季節商材が好調に推移したことなどから増収となりました。
・利益面につきましては、相対的に粗利率の高い調剤部門の売上構成比が前年同期に比べアップしたことなどに加え、コストコントロールに努めた結果、増益となりました。
・出退店状況におきましては、当社がスーパードラッグストア5店舗、小型店2店舗の計7店舗を出店いたしましたほか、スーパードラッグストア2店舗、小型店3店舗の計5店舗を閉店いたしました。
・さらに、平成25年9月、連結子会社である忠幸麒麟堂(常州)商貿有限公司が「蘇州HARMONY CITY店」を中国江蘇省蘇州市に出店いたしました。

中国でのドラッグストア第 3号店開店に関するお知らせ
・http://kirindo.irbridge.com/ja/PressRelease/PressRelease612425137298141017/TopLink/RedirectFile/131220.pdf
・当社グループは、2012 年 9 月に設立いたしました中国現地法人「忠幸麒麟堂(常州)商貿有限公司」によるドラッグストア第 3 号店を、江蘇省南京市の南京水平方商業広場の地下 1 階に出店いたしました。同商業広場は、南京市の中核観光地として発展が目覚しい「夫子廟」に隣接し、月間約 150 万人の集客数を誇るオープンモール型ショッピングセンター「南京水遊城(南京アクアシティ)」(2008 年開業)に併設して開発されました。さらにヤング層をターゲットに、南京初進出となる複数の日系ブランドがテナントとして入居するなど、ファッション・コスメ・雑貨・飲食などのクリエイティブな消費空間の提供を目指しており、多くのお客様にお越しいただけると期待しております。
・当店は、2012 年 12 月江蘇省常州市に開店した 1 号店(吾悦国際広場店)、2013 年 9 月江蘇省蘇州市に開店した 2 号店(蘇州 HARMONY CITY 店)に続き、生活便利ストアとして、化粧品・ベビー関連商品・日用品・食品を中心とした品揃えを行い、地域に密着した店づくりを目指してまいります。

キリン堂の株価
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2660.T

PI研コメント:
・キリン堂が12/17、2014年2月期の第3四半期決算を公表しました。結果は、当期純利益は「一過性の要因(繰越欠損金の利用に伴う節税効果)の反動減、・・」により、減益となりましたが、営業、経常利益は増益を確保、増収増益となりました。今期は、「相対的に粗利率の高い調剤部門の売上構成比が前年同期に比べアップ、・・」とのことで、特に、調剤部門が貢献したとのことで、利益を押し上げたとのことです。実際、原価は改善しており、さらに、経費も改善、結果、ダブルで利益を押し上げています。キリン堂は、現在、国内もさることながら、中国にも力を入れており、新たな成長戦略の拠点として、すでに、3店舗を出店、今後、この中国戦略がどうキリン堂の成長を支えてゆくか注目です。

新連載!まぐまぐプレミアム!(有料):ケーススタディ:ダンハンビー(dumhumby)
  *~WE'RE A CUSTOMER SCIENCE COMPANY~
2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設281人リクエスト

« 食品スーパー、2014年度、株価は? | Main | サンエー、2014年2月、第3四半期、増収増益、好調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キリン堂、2014年2月、第3四半期、調剤堅調!:

« 食品スーパー、2014年度、株価は? | Main | サンエー、2014年2月、第3四半期、増収増益、好調! »