« セブン&アイHが目指す、オムニチャネルへの挑戦! | Main | コープさっぽろ、iD付POS分析、本格稼働! »

April 10, 2014

ヨークベニマル、2014年本決算、震災から3年、復活!

ヨークベニマル、2014年2月本決算、増収増益、4/3!
・http://www.yorkbeni.co.jp/
・http://www.7andi.com/
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2014_0403kt.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・自己資本比率 78.44%(昨年 79.22%)
・現金及び預金 149.84億円(総資産比 8.91%)
・商品及び製品 84.97億円(総資産比 5.05%)
・有利子負債 2.68億円(総資産対比 0.15%)
・買掛金 163.68億円(総資産比 9.74%)
・利益剰余金合計1,004.63億円(総資産比 59.79%)

P/L関連:キャッシュの創出
・営業収益3,808.69億円(4.7%)、営業利益 221.66億円(9.4%)、経常利益 144.67億円(3.3%)、当期純利益 93.06億円(20.4%)
・原価 76.62%(昨年 76.34):+0.28、売上総利益 23.38%(昨年 23.66%):-0.28
・経費 21.60%(昨年 21.96%):-0.36
・マーチャンダイジング力:1.78%(昨年1.70%):+0.08
・営業収入:1.62%(昨年 1.62%):+0.00
  →不動産賃貸収入:0.95%(昨年0.96%):-0.01
  →その他の営業収入:0.67%(昨年0.65%):+0.02
・営業利益:3.40%(昨年 3.32%):+0.08

ヨークベニマルのコメント:
・国内の食品スーパーは、当連結会計年度末時点で株式会社ヨークベニマルが南東北及び北関東地方を中心に193店舗(前期末比9店舗増)、株式会社ヨークマートが首都圏に 74店舗(同3店舗増)を運営しております。株式会社ヨークベニマルは「生活提案型食品スーパー」を目指し、生鮮食品とデリカテッセンの強化に加え、「セブンプレミアム」を始めとする差別化商品の開発を推進した結果、既存店売上伸び率は前年を上回りました。また、子会社の株式会社ライフフーズにおいて新工場が平成25年3月より稼動し、即食・簡便のニーズが高まる中、様々な生活シーンに応じた惣菜のメニュー提案を強化いたしました。
・あの日のバナナ:3/12
・http://www.yorkbeni.co.jp/press/2014/20140312_sinsai.pdf
・東日本大震災から3年を迎えるにあたり、3月10日の朝刊(福島民報・福島民友)に掲載した内容です。震災当時、従業員一人一人がお客様に対して何ができるかを自ら考え、行動したことに対して、お客様からいただいた感謝のお手紙の一部をモチーフとしております。
・お客さまからの手紙:
・私たちは決して忘れません。たった1本のバナナが貴重だった日々を!
・「震災後、度重なる余震で、人生で最も大きな恐怖を経験しました。近所の方から、「ヨークベニマルさんで無料頒布している」と聞き、急いで駆けつけました。あの時、スタッフの方から「パン・お茶・バナナもどうぞ」と優しく言葉をかけられました。本当に感謝で胸がいっぱいになりました。家族三人でいただいた食料品を車の中で食べました。どんな食べ物も比べものにならないくらい美味しかったです。4歳の娘も「美味しいね」と三人で泣きながら食べました。あの時の味は、一生忘れません。本当にありがとうございました。」

参考:March 19, 2011:3/18現在、東北、食品スーパーマーケット被災速報!
・https://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2011/03/318-31d9.html
・2011年3/18現在、休業店舗:
・ヨークベニマル、休業店舗:71店舗
・福島県:29店舗
・大槻店・片平店・富久山店・桑野店・メガステージ田村店・梁川店・笹谷店・瀬上店・野田店・小野町店・小野プラザ・いわき泉店・富岡店・大熊店・夜の森店・小名浜店・エブリア店・上荒川店・湯本南店・浪江店・勿来江栗店・谷川瀬店・大原店・好間店・内郷店・相馬店・相馬黒木店・原町店・原町西店
・宮城県:35店舗
・矢本店・中新田店・小牛田店・石巻蛇田店・古川福浦店・古川店・佐沼店・大街道店・湊鹿妻店・築館店・中浦・店・若柳店・古川南店・涌谷店・市名坂店・大和吉岡店・利府店・塩釜店・泉古内店・多賀城店・南吉成店・泉将・監店・新田東店・真美沢店・福田町店・南中山店・フォレオ東仙台店・大和町店・柴田店・岩沼西店・山田鈎取店・・名取西店・遠見塚店・柳生店・大河原店
・茨城県:7店舗
・那珂湊店・百合が丘店・茨城町店・石岡店・坂東店・羽鳥東店・中郷店

PI研コメント:
・ヨークベニマルが4/3、2014年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、好決算です。今期でヨークベニマル、東日本大震災から丸3年目となりますが、完全復活です。この3/10には、コメントにもあるように「あの日のバナナ」と題したお客さまの手紙をモチーフにした広告を出していますが、まさに、この3年、この「バナナ」がヨークベニマルの従業員の心を支えたのではないかと思います。参考に以前のブログ、東日本大震災直後の3/18のブログを見てみると、当時、実に71店舗が休業店舗、その後、福島県では原発の影響もあり、いまでも再開できない店舗がある状況です。それから3年、この決算を見る限り、ヨークべニアは力強く立ち直ったといえます。特に、自己資本比率が78.44%、この数字は食品スーパー業界では屈指の高さであり、世界的にも見ても、限界に近い高い数値です。あの震災を経て、この高い数字ですので、これが地域住民にも、ヨークベニマルは何があってもつぶれない、必ず復活するという絶対的な安心感を与えているといえます。東北地方はアークスをはじめ、M&Aの激しい市場シェア争いに入ったといえますが、ヨークベニマル、この安定した財務を基盤に、どのような成長戦略を打ち出すか、今後の経営戦略に注目です。


新連載!まぐまぐプレミアム!(有料):ケーススタディ:ダンハンビー(dunnhumby)
  *~WE'RE A CUSTOMER SCIENCE COMPANY~
2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設329人リクエスト

« セブン&アイHが目指す、オムニチャネルへの挑戦! | Main | コープさっぽろ、iD付POS分析、本格稼働! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヨークベニマル、2014年本決算、震災から3年、復活!:

« セブン&アイHが目指す、オムニチャネルへの挑戦! | Main | コープさっぽろ、iD付POS分析、本格稼働! »