« サイバーリンクス、SEIL(ザイル)サービス提供開始! | Main | 食品スーパー、店舗数、全国分布を見る! »

August 25, 2014

食品スーパー売上速報、2014年7月度、回復鈍化!

スーパーマーケット販売統計調査(8月実績速報版):8/21
・http://www.super.or.jp/wp-content/uploads/2014/08/tokei-20140821hjd.pdf
・日本スーパーマーケット協会:http://www.jsa-net.gr.jp/
  →105 社、7,113店舗、62,659億円:2012年8月現在
・オール日本スーパーマーケット協会:http://www.ajs.gr.jp/
  →58 社、1,837店舗、17,315億円(海外1):2012年7月現在
・一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会:http://www.super.or.jp/?page_id=2646
  →432 社、7,360店舗、79,096億円:2011年9月現在

2014 年 6 月キーワード TOP3
  1. 土用丑の日
  2. 畜産相場高、青果相場安
  3. 駆け込み需要の反動

景気判断は小幅に悪化、改善にやや頭打ち傾向も
・7 月のスーパーマーケット中核店舗における景気判断 DI 現状判断は 46.9 と前月から-1.8 と小幅に悪化する結果となった。いずれの DI も前月から大きな変化はないものの、すべての DI で見通し判断が現状判断を下回る結果となっている。
・経営動向調査も前月から大きな変化をみせていない。売上高 DI が-0.7(前月比+0.6)とわずかに改善したものの、収益 DI は 2.8(前月比-0.4)とわずかに下降している。他の DI も小幅ない動きにとどまっているが、やや心配なのが来客数 DI の動向であり、-12.8(前月比-1.4)と税率引き上げ以降の下落傾向が顕著になっている。
・カテゴリー動向では、税率引き上げ以降生鮮三品(青果、水産、畜産)がプラス、一般食品や非食品でマイナスが続いている。なかでも相場高の追い風を受けている畜産は DI が 22.6(前月比+1.6)と依然として大きくプラスを示しており引き続き好調である。一方で青果相場が安定し、前年と比べた相場安となったことの影響を受け、青果 DI が-5.7(前月比-15.4)と大きく下落してマイナスとなった。一般食品や非食品は回復が弱く、他業態との競合も加わり大きな改善には至っていない。
・駆け込み特需前の水準近くまで回復しつつあった景気判断 DI が 2 ヵ月連続で横ばい推移となり、また見通し判断が弱含みになっているのは懸念材料といえる。

集計企業数(社):パネル285(285社)
・総店舗数(店舗):7,336店舗
・既存店総売上高:79,015,214万円(店舗平均月商:11,217万円)
・総売場面積(平米):11,986,182平米:店舗平均売場面積:495.1坪)

概要:7月度
・総売上高:82,290,828万円(全体102.3%、既存店100.2%)
・青果:10,507,904万円(構成比12.8%、全体101.5%、既存店99.3%)
・水産:7,504,662万円(構成比9.1%、 全体104.9% 、既存店102.5%)
・畜産:8,542,369万円(構成比10.4%、全体111.1%、既存店108.1%)
・惣菜:7,773,348万円(構成比9.4%、 全体105.2%、既存店102.1%)
・日配:15,870,704万円(構成比19.3%、全体102.7%、既存店100.5%)
・一般食品:22,066,020 万円(構成比26.8%、全体99.9%、既存店97.9%)
・非食品:6,840,725万円(構成比8.3%、 全体96.7%、既存店96.1%)
・その他:3,185,096万円(構成比3.9%、 全体95.9%、既存店95.8%)

エリア別:7月度
・北海道・東北地方:全体 102.0% 、既存店99.2%
・関東地方:全体104.3%、既存店102.0%
・中部地方:全体102.3%、既存店101.3%
・近畿地方:全体100.4%、既存店98.1%
・中国・四国地方:全体99.5%、既存店97.7%
・九州・沖縄地方:全体102.2%、既存店101.5%

保有店舗数別集計:7月度
・1~3店舗 :全体99.4%、既存店100.7%
・4~10店舗 :全体101.5%、既存店100.5%
・11~25店舗 :全体100.2%、既存店99.7%
・26~50店舗 :全体101.8%、既存店100.2%
・51店舗以上 :全体102.9%、既存店100.2%

好調コメント 不調コメント :( )は少数コメント
・青果:好調:野菜相場安(安定)、季節果物(すいか、メロン)、不調: 野菜相場安、果物
・水産:好調:うなぎ(相場高)、(まぐろ)、(刺身) 、不調:中国産うなぎ、(塩干)
・畜産:好調:豚肉相場高、国産牛肉(輸入)、国産鶏肉
・惣菜 寿司:好調:揚物類、不調:客数減少の影響
・日配:好調:涼味関連(気温上昇) 、不調:乳飲料(ヨーグルト)、アイスクリーム(天候要因)
・一般食品:好調:酒類、菓子、買いだめからの回復 、不調:米相場安、夏物商材(天候要因)、価格競争合
・非食品:好調:駆け込み需要の反動、競合の影響、たばこ、不調:買いだめの影響、価格競争、たばこ

PI研のコメント:
・一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会が8/21、2014年7月度のスーパーマーケット販売統計調査を公表しました。食品スーパー業界3団体の統合統計であり、食品スーパーの実態を知るための貴重な生データといえます。その結果ですが、全体102.3%、既存店100.2%とやや厳しい数字です。消費増税後3ケ月目の結果であり、ほぼその影響は緩和される時期ですが、「景気判断は小幅に悪化、改善にやや頭打ち傾向も」とのことで、まだ、影響が残っているといえそうです。特に、まとめ買い需要の多い、一般食品、全体99.9%、既存店97.9%、非食品、 全体96.7%、既存店96.1%が厳しいといえます。これに対し、生鮮食品は青果の相場安の影響以外は概ね堅調であり、逆に相場高の畜産は全体111.1%、既存店108.1%と絶好調といえます。また、都市部の方が比較的回復基調であり、地方はやや厳しい状況といえます。今後、消費増税の影響はより薄れてくるといえますが、それに伴い、食品スーパー全体が回復基調に向かうのか、次の8月、どのような結果となるか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
  *過去5年間を収録(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析可能
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?

  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティングポータルサイト!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設374人こちら

« サイバーリンクス、SEIL(ザイル)サービス提供開始! | Main | 食品スーパー、店舗数、全国分布を見る! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー売上速報、2014年7月度、回復鈍化!:

« サイバーリンクス、SEIL(ザイル)サービス提供開始! | Main | 食品スーパー、店舗数、全国分布を見る! »