« アヲハタ、2014年10月本決算、原価急増、厳しい決算! | Main | くらコーポレーション、2014年10月、本決算、1,000億円目前! »

December 13, 2014

キューピー、各セグメントのバランス経営を見る!

キューピー、バランス経営:2014年11月期、第3四半期決算:10/2
・http://www.kewpie.co.jp/index.html
・http://www.kewpie.co.jp/company/ir/pdf/kessan_tanshin/2014_1002.pdf

全 体:売上高4,128.13億円:営業利益184.18億円

1.調味料:1,147.46億円(27.79%): 91.41億円(49.63%)
・海外での拡大が進むとともに、国内はサラダ調味料が伸張し増収
・主原料のコスト上昇を受けたが、増収や前年7月に実施した価格改定の効果により、営業利益は前年並み

2.タマゴ:733.73億円(17.77%):24.81億円(13.47%)
・国内鶏卵相場の上昇の影響に加え、中食向けの液卵と料飲向けのタマゴ加工品が堅調に推移し増収
・価格改定の効果で回復基調にあるが、上期の国内鶏卵相場の上昇影響をカバーできず減益

3.サラダ・惣菜:764.96億円(18.53%):25.97億円(14.10%)
・需要増を後押しする提案活動と生産体制の強化で、カット野菜や惣菜が伸張し増収
・コスト改善は進んだが、減価償却費の増加やCVS向け米飯の売上減少の影響で減益

4.加工食品:426.66億円(10.33%):2.65億円(1.43%)
・富士山仙水(株)の売却や不採算商品の整理により減収となるも、ジャムや育児食の強化商品は伸張
・不採算商品の整理や販売促進費の低減により増益

5.ファインケミカル:74.96億円(1.81%):6.32億円(3.43%)
・医薬用ヒアルロン酸の販売量は減少したが、医薬用EPAの好調により増収増益

6.物流システム:939.26億円(22.75%):24.96億円(13.55%)
・専用物流などの取り扱いの拡大が進み増収
・増収効果に加え、コスト改善が進み増益

売上高:
調味料事業やサラダ・惣菜事業などが好調に推移したことにより、4,128億13百万円と前年同期に比べ176億79百万円(4.5%)の増収となりました。

利益面:
鶏卵相場や食油価格の上昇などの影響を受け、営業利益は184億18百万円と前年同期に比べ3億7百万円(1.7%)の増益となりました。

アヲハタ株式会社株式(証券コード 2830)に対する公開買付けの結果に関するお知らせ:1/30
・ http://www.kewpie.co.jp/company/ir/pdf/ir_news/20140130.pdf
・当社は、2013 年 12 月 24 日開催の取締役会において、以下のとおり、アヲハタ株式会社(以下「対象者」といいます。)の普通株式を公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)により取得することを決議し、2013 年 12 月 25 日より本公開買付けを実施しておりましたが、以下のとおり、本公開買付けが 2014 年1月 29日をもって終了いたしましたので、お知らせいたします。
・買付け等前における株券等所有割合:15.80%
・買付け等後における株券等所有割合:36.24%

PI研のコメント:
・前回取り上げたアヲハタの親会社、キューピーの経営状況です。本決算の公表は来月かと思いますが、その四半期前の第3四半期決算の状況です。キューピーといえばマヨネーズが有名ですが、経営内容を見ると、マヨネーズを含むセグメント、調味料は、営業利益は 91.41億円(49.63%)と、約半分を稼いでいますが、売上高は1,147.46億円(27.79%)であり、売上構成比30%を下回っています。マヨネーズに依存しない経営のバランスをたもっているのが特徴です。では、どのようにバランスをとっているかですが、2番目のセグメントが物流システムであり、売上高939.26億円(22.75%)、営業利益24.96億円(13.55%)です。調味料をはじめ、他のセグメントとは一線を画す事業であり、このセグメントがこれだけ稼ぐのは驚きです。そして、この2トップを追いかけるように、サラダ・惣菜の売上高764.96億円(18.53%)、営業利益25.97億円(14.10%)、タマゴの売上高733.73億円(17.77%)、営業利益24.81億円(13.47%)が続きます。さらに、今後は、加工食品の売上高426.66億円(10.33%)、営業利益2.65億円(1.43%)、ファインケミカルの売上高74.96億円(1.81%)、営業利益6.32億円(3.43%)が追っかける構図であり、将来も踏まえたバランス経営が確立しつつあるといえます。そして、アオハタがここに、今後加わりますので、興味深い経営が展開されるのではと思います。キューピー、アヲハタを傘下に収め、これまでのバランス経営がどう変化してゆくのか、気になるところです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設434人

December 13, 2014 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キューピー、各セグメントのバランス経営を見る!:

Comments

Post a comment