« Tableauに挑む、その1! | Main | テスコ、2015年、第3四半期、苦戦! »

January 10, 2015

テスコ、異変、ダンハンビー売却か?

英テスコ、コスト削減や資産売却などのリストラ策を発表:
・http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPL3N0UN3ZV20150108
・Reuters(ロイター):2015年 01月 8日
・記事抜粋:
・英小売大手テスコ は、コストや設備投資の削減、資産の圧縮を含む事業再編策を発表した。また、配当を見送り、確定給付型年金を廃止する。
・不正会計問題や4回にわたる利益見通しの下方修正によるマイナスのイメージや、ディスカウント店との競争激化で打撃を受けている事業の立て直しを図る。
・事業再編策としてテスコは、傘下のデータ会社ダンハンビーの売却を模索し、投資プログラムを10億ポンド(15億ドル)に半減させ、年間のコストを2億5000万ポンド削減する。2015/16年度の設備投資額は10億ポンドと、2008年/09年度の実績である約50億ポンドを大幅に下回ることになる。
・不採算の43店舗を閉鎖し、49店舗の新規出店を取りやめる。
・今後は欧州やアジアでの事業の分社化や資産の売却が発表される可能性がある。

Tesco chief unveils dramatic shakeup at troubled supermarket:
・http://www.theguardian.com/business/2015/jan/08/tesco-chief-unveils-dramatic-shake-up-troubled-supermarket
・The Guardian, Thursday 8 January 2015 23.24 GMT
・The new chief executive of Tesco has made a decisive break with the troubled supermarket’s past, axing the retailer’s emblematic Cheshunt head office in Hertfordshire and raising the spectre of thousands of job cuts as part of a shakeup that will also see the closure or abandonment of nearly 100 stores.
・As the architect of the major restructuring, Dave Lewis lived up to his nickname “Drastic Dave”, which was earned on the back of a brutal drive he led at former employer Unilever.
・With the company’s balance sheet under pressure, Tesco also said it had hired Goldman Sachs to weigh up whether to sell its Dunnhumby data-mining business, which is the brains behind its Clubcard loyalty scheme.

Tesco sells Blinkbox to TalkTalk and may offload Dunnhumby:
・https://gigaom.com/2015/01/08/tesco-sells-broadband-biz-to-talktalk-considers-dunnhumby-sale/
GIGAOM:Jan. 8, 2015,byDavid Meyer
・The potential Dunnhumby sale — Tesco has said only that it will “explore strategic options” for the division – is an interesting one. Dunnhumby is the “customer science” operation that manages Tesco’s very successful Clubcard loyalty card scheme, and these days it provides services to a range of clients including Coca-Cola, Johnson & Johnson, General Mills, GlaxoSmithKline and Macy’s.
・All in all, Dunnhumby now has “valuable insights” on the spending habits of around 770 million people around the world – a fact that raises interesting data protection questions in the event of a sale. It employs 3,000 people, and Dunnhumby acquisitions in recent years have included analytics outfit KSS Retail, social marketing firm BzzAgent and ad-tech company Sociomantic.
・The current rumor is that rival outfit WPP is set to make a £2 billion bid for Dunnhumby. Given Tesco’s current difficulties, it’s easy to see how such an amount would come in handy.

PI研のコメント:
・テスコに異変が起きています。1/8のロイターによれば、「英小売大手テスコ は、コストや設備投資の削減、資産の圧縮を含む事業再編策を発表した。また、配当を見送り、確定給付型年金を廃止する。」とのことで、深刻なリストラに突入したとのことです。また、The Guardianによれば、「As the architect of the major restructuring, Dave Lewis lived up to his nickname “Drastic Dave”, ・・」とのことで、テスコの新CEO、Dave Lewis氏は、“Drastic Dave”と呼ばれているそうで、まるで、日産のゴーン氏を思わせる、コストカッターのような経営者だそうです。実際、テスコは業績が急激に下がり、株価は急落、不正会計も明るみになり、リストラ以外、生き残る道がない苦境にあるといえます。このような中で、テスコの100%子会社、超優良企業のダンハンビー、売却のうわさが流れています。すでに、WPPが名乗りをあげたとのことで、ダンハンビーの売却が現実味を帯びてきました。20億ポンド、約3,500億円のキャッシュがテスコに入ることになる可能性が高く、テスコにとっても、キャッシュ獲得の有力な手段といえます。ダンハンビーの動向、しばらくは目が離せない状況が続きそうです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設434人

January 10, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テスコ、異変、ダンハンビー売却か?:

Comments

Post a comment