« マツモトキョシH、第3四半期決算、EDLPへ実験店舗! | Main | デシル分析でなんだ? »

February 18, 2015

サイバーリンクス、2014年12月、本決算、増収大幅増益!

サイバーリンクス、2014年12月、本決算、2/3
・http://www.cyber-l.co.jp/
・http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS92229/5b3e3308/c845/470c/b620/4976acc18be0/140120150213025642.pdf

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:3.21億円(昨年 0.78億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△7.76億円(241.74%:昨年△6.43億円)
  →関係会社株式の取得による支出:△4.01億円(昨年△0.27億円)
  →無形固定資産の取得による支出:△2.30億円(昨年△1.19億円)
  →有形固定資産の取得による支出:△1.14億円(昨年△4.75億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:4.28億円(昨年 4.30億円)
  →株式の発行による収入:6.31億円(昨年0.0億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△0.26億円(昨年 △1.34億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:52.45億円
・自己資本比率:51.3%(昨年 40.3%)
・現金及び預金:3.75億円(総資産比 7.14%)
・有利子負債:9.05億円(総資産比 17.25%)
・利益剰余金 :11.22億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:88.49億円(18.5%)、営業利益:6.04億円(78.2%)
・経常利益:5.90億円(71.5%)、当期純利益:3.86億円(102.0%)
・原価:71.68%(昨年 71.36%):+0.32、売上総利益:28.32%(昨年 28.64%):-0.32
・経費:21.48%(昨年 24.08%):-2.60
・営業利益:6.84%(昨年 4.56%):-2.28

サイバーリンクスのコメント:
・情報サービス業界におきましては、災害時の事業継続を目的とした情報システムの分散化や、遠隔地におけるバックアップ等へのニーズが拡大しているものの、当社の主要顧客である流通食品小売業においては、消費者の節約志向を背景とした競争は激しさを増しており、情報化投資は慎重な姿勢が継続しております。
・一方、和歌山県内の自治体におきましては、南海トラフ巨大地震等の自然災害に対する防災意識の高まりから、官公庁システムのクラウド化への動きが進んできております。
・携帯電話販売市場におきましては、各通信キャリア間の競争に加え、割安な価格帯で異業種から新規参入してくるなど、サービスや価格による販売競争が一層激化しております。
・このような状況のもと、当社におきましては、長期ビジョンに「クラウド上に大地を築こう」を掲げ、「シェアクラウド(共同利用型クラウド)」をキーワードに、クラウド型の特性を活かしたサービスの差別化に取り組みました。
・ITクラウド事業におきましては、消費税率引き上げに伴う流通食品小売業向けサービスの外税化及び税率変更にかかる業務の受託に加え、開発中の@rms基幹次期バージョン導入の足がかりとして先行導入に注力した、@rms生鮮や@rmsネットスーパー等の@rms周辺サービスの提供拡大に伴う顧客数の増加により、流通業向けクラウドサービス分野の売上高が増加いたしました。
・また、自治体向け防災システム等の工事進行が順調に進捗したことに加えて、複数自治体による共同利用システムの提供開始及び小中学校向け校務クラウドサービスの提供校数の増加等により、官公庁向けクラウドサービス分野の売上高も堅調に推移し、当セグメント業績が伸張いたしました。
・以上の結果、当事業年度における売上高は4,542,249千円(前期比20.3%増)、セグメント利益(経常利益)は381,140千円(前期比50.6%増)となりました。

次期の見通し:
・情報サービス業界におきましては、防災意識の高まりを背景に、クラウドサービスへの関心が高まるとともに、情報セキュリティや災害対策としてのBCP(事業継続計画)に関する新たな需要が見込まれ、今後業界全体は急速に成長していくものと予測されます。
・流通業向けクラウドサービス分野におきましては、年商300億円~1,000億円超規模の流通食品小売業のニーズに対応できる機能・品質を備える@rms基幹次期バージョンの開発を進めておりますが、今後の@rms基幹次期バージョン導入の足がかりとなるよう、年商300億円~1,000億円超規模の流通食品小売業に対応している@rms生鮮等の周辺サービスの先行提案に注力してまいります。

サイバーリンクスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3683.T

PI研のコメント:
・サイバーリンクス が2/13、2014年12月期の本決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、好決算です。特に、経費比率が2.60ポイントと大きく改善、これが劇的に利益の改善につながったといえます。 また、売上高も18.5%増と堅調な伸びを示しており、これで、年商100億円が視野に入ったといえます。サイバーリンクスの事業構造は2つ、 ITクラウド事業と モバイルネットワーク事業に分かれていますが、ほぼ半々の売上高、利益であり、しかも、今期の伸び率もほぼ同じ、バランスよく、両事業が両輪となって動いています。特に、ITクラウド事業はクラウドを主体とした流通小売業向けであり、今期も新たに周辺企業をM&Aするなど、業容の拡大に取り組んでいます。また、来期は 「年商300億円~1,000億円超規模の流通食品小売業のニーズに対応できる機能・品質を備える@rms基幹次期バージョンの開発を進め、・・」とのことで、中小の小売から中大の小売企業への支援体制の構築に取り組むとのことです。実際、キャッシュフローを見ても、今期はハードよりもソフト、特に、M&Aに多額の投資を実施しており、今後、支援内容の幅が広がってゆくと思われます。また、資金も今期、株式の発行による収入6.31億円が入っており、さらに投資余力はましているといえます。サイバーリンクス、この好決算をもとに、今後、どのようなITクラウド事業を展開してゆくのか、その動向に注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設483人

February 18, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サイバーリンクス、2014年12月、本決算、増収大幅増益!:

Comments

Post a comment