« 関西スーパーマーケット、第3四半期、減収、赤字決算! | Main | イオン銀行vsセブン銀行、経営構造を見る! »

February 14, 2015

セブン銀行、2015年3月、第3四半期、増収増益!

セブン銀行、2015年3月、第3四半期決算、2/6
・http://www.sevenbank.co.jp/ir/
・http://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2015/pdf/20150206_J1_TS.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:9,405.23億円
・自己資本比率:17.3%(昨年 19.3%)
・現金及び預金:6,126.25億円(総資産比 65.13%)
・有利子負債:1,100.00億円(総資産比 11.69%)
・利益剰余金 :980.87億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・経常収益:860.85億円(8.5%)、経常利益298.29億円(2.9%):
・四半期純利益:187.96億円(7.4%)
  →役務取引等収益(うちATM受入手数料):811.15億円(経常収益比94.22%)
・経常費用:65.34%(昨年63.45%):+1.89
  →役務取引等費用(うちATM設置支払手数料):121.77億円(経常収益比14.14%)
・経常利益:34.65%(昨年 36.54%):-1.89

セブン銀行のコメント
・当第3四半期累計期間も、セブン&アイHLDGS.のグループ各社内外へのATM設置推進、提携先の拡大等により、ATMをご利用いただくお客さまの利便性向上に努めました。この結果、平成26年12月末現在のATM設置台数は20,616台(同年3月末比5.6%増)となりました。また、当第3四半期累計期間のATM1日1台当たり平均利用件数は102.4件(前年同期間比7.6%減)、総利用件数は564百万件(同0.2%減)と推移いたしました。 なお、平成26年12月末現在の提携金融機関等は、新規提携等により前事業年度末比3社増加し592社となりました。

セブン銀行の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8410.T

PI研のコメント:
・セブン銀行が2/6、2015年3月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収増益、好決算となりました。ただ、気になるのは、経費比率が1.89ポイント上昇しており、率では減益、経常収益の伸び、高で増益となったことです。それにしても、セブン銀行、 ATM受入手数料が811.15億円、経常収益の94.22%を占めており、まさに、ATMのみの銀行、バーチャル銀行といえる独自の収益構造といえます。また、 ATM設置支払手数料も121.77億円と、100億円を超える手数料であり、その差額が収益であり、独特なビジネスモデルといえます。それも、セブンイレブン約15,000店舗の貢献が大きいといえ、現在、「 ATM設置台数は20,616台」、その利用件数は1日102.4件とのことで、これがまさに、セブン銀行を支える基盤といえます。また、提携金融機関先も 592社とのことですので、ほぼ、日本の金融機関を網羅しているといえます。銀行業から金融を考えた場合は、このような発想は生まれないと思いますが、セブンイレブンを起点に金融業を考えると、このようなユニークな金融のビジネスモデルができあがるといえます。セブン銀行、セブンイレブンと今後どのような新サービスを打ち出すのか、気になるところです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設463人

February 14, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セブン銀行、2015年3月、第3四半期、増収増益!:

Comments

Post a comment