« ウォルマート、2014年12月本決算、増収増益、微増! | Main | CPI(消費者物価指数)、2015年1月、コア指数2.2%! »

March 05, 2015

ウォルマート、2016年へ向けての経営方針!

ウォルマートの決算2015から:
・http://news.walmart.com/news-archive/investors/2015/02/19/walmart-announces-q4-underlying-eps-of-161-and-additional-strategic-investments-in-people-e-commerce-walmart-us-comp-sales-increased-15-percent

1.U.S. comparable store sales results:既存店
・Walmart U.S.:2014年0.0%、2015年0.0%
・Sam's Club:2014年-0.6%、2015年-0.3%
・Total U.S.:2014年-0.1%、2015年 0.0%

2.Net sales results:全店
・Walmart U.S.:2014年$288.049、2015年$279.406(3.1%)
・Walmart International:2014年136.160、2015年136.513(-0.3%)
・Sam's Club:2014年58.020、2015年57.157(1.5%)
・Consolidated:2014年$482.229、2015年$473.076(1.9%)
  →"Neighborhood Markets delivered approximately a 7.7 percent comp during the quarter," he said. "We opened 233 Neighborhood Markets during the year, and customers like their easy and convenient access to fresh foods, pharmacy and services."

3.Investing for FY 2016:
・"We had a good fourth quarter to close out our fiscal year, with underlying EPS of $1.61. Walmart U.S. delivered better than expected comp sales. Sam's Club had its best performance of the year, and Walmart International had solid sales and profitability," said Doug McMillon, Wal-Mart Stores, Inc. president and CEO. "Like many other global companies, we faced significant headwinds from currency exchange rate fluctuations, so I'm pleased that we delivered fiscal year revenue of $486 billion. But, we're not satisfied."
・"We have work to do to grow the business. We know what customers want from a shopping experience, and we're investing strategically to exceed their expectations and better position Walmart for the future," said McMillon. "Our first priority is to run great stores and clubs. We will continue to integrate our physical locations with a great e-commerce and mobile commerce business. We're strengthening investments in our people to engage and inspire them to deliver superior customer experiences. We will earn the trust of all Walmart stakeholders by operating great retail businesses, ensuring world-class compliance, and doing good in the world through social and environmental programs in our communities."
・McMillon announced a bold new initiative on pay and training for U.S. associates. Approximately 500,000 full-time and part-time associates at Walmart U.S. stores and Sam's Clubs will receive pay raises in the first half of the current fiscal year. Current and future associates will benefit from this initiative, which ensures that Walmart hourly associates earn at least $1.75 above today's federal minimum wage, or $9.00 per hour, in April. The following year, by Feb. 1, 2016, current associates will earn at least $10.00 per hour.

PI研のコメント:
・ウォルマートが2/19に2015年1月度の決算を公表しましたが、同時に、2016年度へ向けての経営方針も公表されました。特に、インパクトがあるのが「pay raises」、賃上げです。約50万人のアソシエーツの時給を「$9.00 per hour, in April.」、この4月から9ドルに引き上げ、来期はさらに、「at least $10.00 per hour.」、10ドルにするとのことです。アメリカでの最低賃金は時給7ドル強とのことですので、これまでのウォルマートの低賃金のイメージを一新しようとする意欲的なチャンレンジといえます。実際、2/19の株価は下がっていますが、投資家はこの賃上げが経営を圧迫すると見たようで、それだけ、インパクトのある経営方針であったといえます。他の小売業にも影響は必至であり、アメリカの流通業、特に食品スーパー等は、ウォルマートのEDLPと賃金の双方の圧力を受けることになるといえます。それにしても、「currency exchange rate fluctuations」とのことで、為替変動は海外依存度が高いウォルマートには打撃といえ、ドル高が経営へ大きな影響を与えているとのことです。ウォルマート、「$486 billion」、約50兆円企業となった今も、「 But, we're not satisfied."」、まだ成長意欲を示しており、低成長となったとはいえ、どこまで成長してゆくのか、限界はまだ先といえそうです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設483人

« ウォルマート、2014年12月本決算、増収増益、微増! | Main | CPI(消費者物価指数)、2015年1月、コア指数2.2%! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウォルマート、2016年へ向けての経営方針!:

« ウォルマート、2014年12月本決算、増収増益、微増! | Main | CPI(消費者物価指数)、2015年1月、コア指数2.2%! »