« セブン&アイH:脱チェーンストア理論、オムニシフトへ! | Main | セブン-イレブン・ジャパンの売上高は、どの数値? »

April 08, 2015

ヨークベニマル、2015年2月本決算、増収、微増益、苦戦!

ヨークベニマル、2015年2月、本決算、4/2
・http://www.yorkbeni.co.jp/index.html
・http://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/kt/pdf/2015_0402kt.pdf

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産: 1,822.67億円
・自己資本比率:76.87%(昨年 78.44%)
・現金及び預金: 137.22億円(総資産比 7.52%)
・有利子負債:2.45億円(総資産比 0.13%)
・買掛金: 172.13億円(総資産比9.44%)
・利益剰余金 :1,026.20億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 390,492億円( 4.2%)、営業利益: 128.20億円(0.8%)
・経常利益:140.18億円(△3.1%)、当期純利益:77.92億円(△16.3%)
・原価:76.65%(昨年 76.62%):+0.03、売上総利益:23.35%(昨年 23.38%):-0.03
・経費:21.71%(昨年 21.60%):+0.11
・マーチャンダイジング力:+1.64%(昨年+1.78%):-0.14
・その他営業収入:1.64%(昨年1.62%):+0.02
・営業利益:3.28%(昨年 3.40%):-0.12
・参考:
・ライフフーズ(惣菜):売上高:455.78億円(106.0%:構成比11.7%)

ヨークベニマルのコメント:
・国内の食品スーパーは、当連結会計年度末時点で株式会社ヨークベニマルが南東北及び北関東地方を中心に 200 店舗(前期末比 7 店舗増)、株式会社ヨークマートが首都圏に 76 店舗(前期末比 2 店舗増)を運営しております。株式会社ヨークベニマルは「生活提案型食品スーパー」を目指し、生鮮食品や「セブンプレミアム」をはじめとする差別化商品の開発及び販売を強化した結果、既存店売上伸び率は前年を上回りました。また、即食・簡便のニーズが高まる中、子会社の株式会社ライフフーズが平成 25 年 3 月より稼動している新工場により商品開発力を強化し、ヨークベニマル店舗の改装に合わせて売場の拡充を図るとともに、様々な生活シーンに応じた惣菜のメニュー提案を推進いたしました。
・組織変更及び人事異動のお知らせ:2/5
・従来の食品事業部、住居事業部、衣料事業部を「食品事業部(鮮魚、精肉、青果、デイリー)」「グロサリー事業部(加工食品、住居)」「衣料事業部(衣料)」に再編する加工食品部と住居部を統括する「グロサリー事業部」を新設し、店組織と連動した本部組織に変更することにより、マーチャンダイジング方針、政策の浸透と徹底を図る。

PI研のコメント:
・ヨークベニマルが4/2、2015年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益とはなりましたが、営業利益は0.8%増、経常、当期はいずれも減益となるやや厳しい決算となりました。原価、経費ともに上昇したことにより、ダブルで利益を圧迫したことが、その要因です。今期、ヨークベニマルは200 店舗(前期末比 7 店舗増)となり、200店舗を突破、決算結果から見ると、利益よりも、成長戦略を重視したといえます。実際、コメントにもあるように「既存店売上伸び率は前年を上回り、・・」とのことで、既存店も増収ですので、ここは攻めて活路を切り開く強気の経営を推し進めてたといえそうです。各社の決算を見ると、今期は2つに分かれており、利益よりも成長を重視した企業と、成長よりも利益を重視した企業、すなわち、攻めと守りに分かれますが、ヨークベニマルは攻めを重視したといえます。ちなみに、この決算にはヨークベニマルの最重点部門、惣菜が別会社、ライフフーズであるため計上されていませんので、参考に、ライフフーズの売上げを加えました。構成比11.7%ですので、通常の食品スーパーと比べても、高い数値であり、ヨークベニマルの強さの源泉といえます。ヨークベニマル、2/5に組織変更を行っており、グロサリー事業部が創設され、加工食品と住居が合体しました。新たな動きといえます。ヨークベニマル、今後、さらに攻めにゆくのか、それとも、利益重視に入るのか、その動向が気になるところです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 8, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヨークベニマル、2015年2月本決算、増収、微増益、苦戦!:

Comments

Post a comment