« アオキスーパー、2015年本決算、好調、1000億円達成! | Main | アークス、2015年2月本決算、増収減益! »

April 19, 2015

財務3表連環分析2015はどうなる、今年も着手?

2015年度、食品スーパー、ドラックストアの決算分析に向けて
・財務3表連環分析2015に作成にあたっての方針と覚え書き

1.決算速報:
・CF:キャッシュフロー計算書
・B/S:貸借対照表
・P/L:損益計算書
・成長余力(出店余力):成長戦略
  →投資キャッシュフロー/営業キャッシュフロー
・稼ぐ力(MD力:マーチャンダイジング力):営業戦略
  →ROA=ROE×純資産比率(自己資本比率)
・解説:
・財務分析の最初は決算速報からはじまる。最新決算が公表されてから数日以内にまとめきれるかがポイント。その時点で、現状をつかみ、次のテーマ、過去5年、そして、主要企業との比較へつなげてゆく。

2.過去5年間:時間
・対象企業の過去5年間の決算推移
・CF、B/S、P/L、成長余力(出店余力)、稼ぐ力(MD力)
・解説:
・決算速報で終わると、個々の企業の概要を把握して終わってしまうので、さらに、その企業の過去5年間を分析することにより、さらに、企業の歩んできた企業価値向上のポイントが把握できる。
・仮に数値の変化が見られない場合は、数字改善が十分にはかられていないといえる。
・一方、数値の顕著な変化があった場合は、そこがその企業が力を入れてきた価値向上のポイントであることが浮かび上がる。

3.業界主要企業との比較:空間
・業界主要企業と対象企業との比較
・CF、B/S、P/L、成長余力(出店余力)、稼ぐ力(MD力)
・解説:
・対象企業だけの財務分析だけでは、企業の価値判断は難し。主要企業と比較することにより、その企業独自の価値が鮮明になる。
・できればその業界の全上場企業との比較が望ましい。

課題:
・決算分析の目的を企業価値の判断に置き、価値が明確になるまで分析を行う。
・数値比較だけでなく、いかにビジュアルにわかりやすく表現できるかがポイントである。
・1枚にCF、B/S、P/Lすべてを表現し、全体像がビジュアルに把握できるようにする。
  →財務3表の連環度合いが表現できれば、なお良い。
・財務3表連環分析がストーリーとして整理できば、さらに良い。
・数値比較、ビジュアルプレゼン、そして、テキスト(白書)、eラーニング、セミナーへ連動
・四半期ごとに集計できればベストだが、余力があるかどうか?
・エクセルでの分析だけでは限界、ここはタブローの登場か?

PI研のコメント:
・今年も食品スーパー、ドラックストアの本決算の季節になりました。すでに、2月期決算の企業は次々と公表が行われており、3月期決算の企業も来月から公表がはじまります。財務3表連環分析をはじめて6年目となりますが、今年は、これまでの数値比較を脱し、BIツール、タブローを駆使し、ビジュアルにわかりやすくまとめたいと思います。すでに、先月、そのはじめての試みとして、ドラックストアの決算セミナーで挑戦しましたが、思いのほか、好評で、完全ビジュアル化ができ、うまくまとまったといえます。そこで、今年の財務3表連環分析はどこまで踏み込めるかわかりませんが、ここに掲げた方針にそって集計してみたいと思います。目的は企業価値を財務3表連環分析によって、目で見て、一目でわかるようにすることです。また、この5年間のMD力と出店余力の2つのオリジナル指標をもとに分析を試みてきましたが、その本質は成長戦略の把握と営業戦略の把握ですので、これを機に名称も成長余力と稼ぐ力に変えようかと思います。先日、ライフコーポレーションの今年を入れて6年間の財務3表連環分析をタブローのダッシュボードとストーリー機能を用いてまとめてみましたが、5枚のスライドにすべてが収まりました。速報だけであれば、2枚にまとめることも可能です。さらに、今年は、これらのコンテンツをもとに、白書としてまとめ、eラーニングに落とし、セミナー等へもつなげてゆければと思います。まだ、着手したばかりですので、この方針どおり進められるかわかりませんが、6月初旬をめどに、進めてゆきたいと思います。次回の「上場スーパーマーケット競争戦略分析セミナー、5/26(火)」も、この方針にもとづき、財務3表連環分析をふんだんに取り入れたセミナーにしたいと思います。今年の財務3表連環分析は一味違います。ご期待ください。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

« アオキスーパー、2015年本決算、好調、1000億円達成! | Main | アークス、2015年2月本決算、増収減益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 財務3表連環分析2015はどうなる、今年も着手?:

« アオキスーパー、2015年本決算、好調、1000億円達成! | Main | アークス、2015年2月本決算、増収減益! »