« 金融事業を除くイオン、2015年2月本決算、増収減益! | Main | セブンプレミアム、トップバリューを逆転、本決算2015! »

April 16, 2015

ダイエー、88店舗分割、193店舗首都圏、京阪神に特化!

株式会社ダイエーのGMS事業並びに
    SM事業の構造改革に向けたグループ横断的取り組みについて

・イオン:プレスリリース抜粋:4/9
・http://www.aeon.info/news/2015_1/pdf/150409R_3.pdf
・イオン株式会社(以下、「イオン」)の連結子会社である株式会社ダイエー(以下、「ダイエー」)は、2015 年4月9日開催の取締役会において、同じく連結子会社のイオン北海道株式会社(以下、「イオン北海道」)、マックスバリュ北海道株式会社(以下、「マックスバリュ北海道」)、イオン九州株式会社(以下、「イオン九州」)、マックスバリュ九州株式会社(以下、「マックスバリュ九州」)、イオンリテール株式会社(以下、「イオンリテール」)の5社との間で、2015 年9月1日及び 2016年3月1日を効力発生日として、「ダイエー」のGMS(総合スーパー)事業の一部、およびSM(スーパーマーケット)事業の一部の運営を上記5社が承継すること(以下、「本件」)に関する基本合意書の締結を決議しました。
・ダイエーは今後、既存店舗の9割が立地する「首都圏、京阪神」に展開地域を特化し、強みである「食品」に経営資源を集中することで、国内ナンバーワンの「総合食品小売業」を目指すという成長戦略を提示しました。一方、ダイエーが展開する事業の中で、イオングループ内で重複あるいは類似する事業領域・展開エリアについては、グループ全体の観点から整理・最適化を行っていく旨、併せて表明しました。
・本件完了後は、GMS・SM事業の運営体制は地域単位で統一され、各地域のグループ各社は、それぞれが中心となった包括的なエリア戦略を策定・実行することが可能となります。それによって、地域密着経営を今まで以上に深耕し、各地域でのイオングループのブランド認知度向上と、シェアナンバーワンに向けた事業基盤の確立を図ります。更に、こうした構造改革を通じて、グループ全体の物流体制の集約・効率化等によるコストシナジー効果や、商品調達におけるスケール・メリット拡大、都市好立地にある承継店舗の活性化や販促活動の一体化による営業力の強化など、種々のシナジーの創出を、グループ一体となって進めます。

ダイエー店舗の全体像と承継対象店舗(ダイエーのGMS・SM店舗を対象としています)
・ダイエー店舗総数 281 店舗
  - ダイエーに残る店舗総数 193 店舗
  - 本件構造改革での承継対象店舗総数 88 店舗 (内訳は下記の通り)
<北海道 16 店舗>
・イオン北海道株式会社への承継店舗 9店舗
・マックスバリュ北海道株式会社への承継店舗 7店舗
<関東・名古屋・近畿 34 店舗>
・イオンリテール株式会社への承継店舗 34 店舗
<九 州 38 店舗>
・イオン九州株式会社への承継店舗 24 店舗
・マックスバリュ九州株式会社への承継店舗 14 店舗

PI研のコメント:
・イオンが4/9、2015年2月期の本決算の公表と同時に、ダイエーの去就について公表しました。プレスリリースのタイトルは「株式会社ダイエーのGMS事業並びにSM事業の構造改革に向けたグループ横断的取り組みについて 」です。内容はダイエーの全281店舗の内、193店舗を残し、88店舗を地域のイオングループに吸収、分割するというものです。これで、ダイエーが創業以来進めてきた悲願、ナショナルチェーン、全国展開は、単独では断念、その目的はイオンへと引き継がれ、イオングループを通して目指すことになります。分割される88店舗は北海道、九州、そして、イオンリテールであり、大きく3事業体に引き継がれることになります。残る193店舗は「首都圏、京阪神」となりますので、ダイエーは都市型GMS、SMを展開し、イオンの「大都市シフト戦略」の一翼を担うことになります。結果、今後、ダイエー改革の焦点は残された193店舗の活性化に移ったといえ、大都市でのGMSの新たなビジネスモデルをどう構築してゆくかが課題といえます。イオン本体の本決算も厳しい状況の中、ダイエーがどう構造改革を図ってゆくのか、注目です。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

April 16, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ダイエー、88店舗分割、193店舗首都圏、京阪神に特化!:

Comments

Post a comment