« 2015年2月、3月、食品スーパー決算速報、その2! | Main | 2015年2月、3月、食品スーパー決算速報、その4! »

May 22, 2015

2015年2月、3月、食品スーパー決算速報、その3!

2015年2月、3月本決算、上場企業のCF(キャッシュフロー計算書)を見る!

1.営業CFランキング:単位:100万円
・500億円以上:
・イズミ8273 広島県52,246、ライフコーポレーション8194 大阪府 51,355
・100億円以上:
・平和堂8276 滋賀県 22,872、バロー9956 岐阜県 22,257、サンエー 2659 沖縄県 20,785、アークス9948 北海道17,764、ヤオコー8279 埼玉県17,750、マルエツ 8178 東京都13,579、カスミ8196 茨城県 11,830、フジ 8278 愛媛県11,079、ハローズ2742 広島県10,256
・参考:
・セブン&アイH 3382 東京都 416,690、イオン 8267 千葉県 398,453

2.投資CF:単位:100万円:(対営業CF比)
・100億円以上:
・イズミ 8273 広島県 -20,897(40.0%)、ライフコーポレーション 8194 大阪府 -18,861(36.7%)、バロー 9956 岐阜県 -15,660(70.4%)、ヤオコー 8279 埼玉県 -13,918(78.4%)、平和堂 8276 滋賀県 -12,552(54.9%)、カスミ 8196 茨城県 -10,810(91.4%)、ベルク 9974 埼玉県 -10,129(104.6%)
・50億円以上:
・アークランドサカモト 9842 新潟県 -9,306(99.7%)、イオン九州 2653 福岡県 -6,537(96.0%)、いなげや 8182 東京都 -5,960(75.4%)、アクシアルR 8255 新潟県 -5,888(63.7%)、フジ 8278 愛媛県 -5,562(50.2%)、オークワ 8217 和歌山県 -5,400(71.1%)、マックスバリュ西日本 8287 兵庫県 -5,262 (79.4%)
・→出店戦略(有形固定資産)へのCF:
・100億円以上:
・ヤオコー 8279 埼玉県 -19,688、イズミ 8273 広島県 -18,699、ライフコーポレーション 8194 大阪府 -17,698、バロー 9956 岐阜県 -17,263、平和堂 8276 滋賀県 -16,937、カスミ 8196 茨城県 -10,113、ベルク 9974 埼玉県 -10,039、
・50億円以上:
・フジ 8278 愛媛県 -9,588、イオン九州 2653 福岡県 -8,945、オークワ 8217 和歌山県 -7,988、アークス 9948 北海道 -6,681、アクシアルR 8255 新潟県 -6,094、いなげや 8182 東京都 -5,246、マックスバリュ西日本 8287 兵庫県 -5,128
・参考:
・セブン&アイH 3382 東京都-270,235、イオン8267 千葉県-361,838

3.財務CF:単位:100万円
・100億円以上:
・ライフコーポレーション 8194 大阪府 -25,623、イズミ 8273 広島県 -25,159
・30億円以上:
・平和堂 8276 滋賀県 -9,879、ヤオコー 8279 埼玉県 -6,105、オークワ 8217 和歌山県 -5,864 、アークス 9948 北海道 -4,344、フジ 8278 愛媛県 -4,159、マルエツ 8178 東京都 -3,929、バロー 9956 岐阜県 -3,745
・→配当:
・10億円以上:
・平和堂8276 滋賀県-1,547、ライフコーポレーション 8194 大阪府-1,235、ヤオコー 8279 埼玉県-1,192、オークワ8217 和歌山県-1,161、アクシアルR8255 新潟県 -1,002
・5億円以上:
・マックスバリュ西日本8287 兵庫県-916、カスミ8196 茨城県-904、サンエー2659 沖縄県-893、ベルク9974 埼玉県-877、マルエツ8178 東京都-750、アークランドサカモト9842 新潟県 -730、いなげや8182 東京都-697、マックスバリュ東海8198 静岡県-639、フジ8278 愛媛県-529
・参考:
・セブン&アイH 3382 東京都-79,482、イオン 8267 千葉県95,527

PI研のコメント:
・食品スーパー2015、決算速報、その3です。今回はCF、キャッシュフローについて取り上げます。食品スーパーのキャッシュフローは、マーチャンダイジング力により得られたキャッシュをいかに持続的な成長に配分するかにあります。食品スーパーの成長とは、新規出店、これが王道であり、M&Aも新規店舗を増やすための成長戦略の一環といえます。したがって、M&Aを含め、新規出店が止まった瞬間に食品スーパーの成長は止まります。キャッシュフローはまさにその成長戦略を目指す企業としての意思がダイレクトに表れる財務指標といえ、これを見ることによって、その企業の持続的成長の意思を垣間見ることができます。今期、2015年度は100億円以上を投資キャッシュフローに配分した企業は7社です。食品スーパーの新規出店には土地、建物、敷金・保証金など1店舗当たり約5億円必要ですので、100億円で最大20店舗の新規出店が可能といえます。上場食品スーパーの店舗数は平均100店舗ですが、この100億円の投資キャッシュフローの企業はいずれも200店舗近いですので、10%の新規出店となります。この中で、ベルクはやや異質、100店舗クラスですので、異常な投資CFです。その大半を有形固定資産に配分していますので、今後の急成長を見越し、店舗だけでなく、物流センター等への投資を敢えてかけていると思われます。なお、財務キャッシュフローについては、ここでは配当に注目です。食品スーパーで10億円以上の配当にキャッシュを配分した企業は5社のみです。今後、株主還元をどのように充実させ、投資家からの支持をいかに獲得するかが課題といえそうです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
  *無料トライアル版、お申し込みはこちら!
  *販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
  →Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
5.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設514人!

May 22, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015年2月、3月、食品スーパー決算速報、その3!:

Comments

Post a comment