« 九州屋、エア・ウォータの傘下に、八百屋再編! | Main | ゴルゴ13、ビッグ・データ、後編、ライフログ、第554話! »

July 15, 2015

ID-POS分析とSNSが融合、クラウドで格安!

SNSの影響、格安で把握、日立システムズ、中小チェーン向け
・日経MJ:7/12
・購買履歴と組み合わせ→CM効果や不満分析
・日立システムズは売れ筋の商品を分析したり、購入後の消費者の反応を調査したりするサービスを始める。誰が買ったか分かるID付きPOS(販売時点情報管理)から集めた850万人の情報や消費者のツイッターなどを組み合わせて分析。ネットの投稿が購買にどう結びついたか知りたいというニーズの高まりに対応する。価格を従来の10分の1以下に抑え中小チェーンの需要を狙う。
・記事抜粋:
・サービスの名称は「ドルフィンアイ」。小売りのデータ分析を手掛けるカスタマー・こみゅいんケーションズ(東京・港区)と協業し月内に提供を始める。
・2015年度中をめどに、ドルフィンアイと日立が手掛ける消費者のブログや交流サイト(SNS)の情報分析を連携し分析の精度を高める。
・2社のサービスを組み合わせた場合の利用料は月額20万円程度、ドルフィンアイのみは同10万円程度の見込み。
これまでは初期費用として数千万円以上かかる場合が多かったが、新サービスはクラウドサービスとして提供することで価格を抑制・18年度末までに累計1000社への提供を目指す。

日立システムズ:
・http://www.hitachi-systems.com/

カスタマー・コミュニケーションズ:
・ http://www.truedata.co.jp/
ドルフィンアイ:http://www.truedata.co.jp/service/
・メーカー向け分析ツール、市場を俯瞰できる簡単ツールからID – POSの特性を発揮でき、深堀できる
ツールまで、コストや用途に応じたツールをラインアップ。

PI研のコメント:
・ID-POS分析、新サービスの登場です。ここへ来て、ID-POS分析の新サービスがあいついでいます。記事にもあるように、今回のサービスをまともに見積もると、従来は「初期費用として数千万円以上かかる場合が多かった」のが実情であり、今回はメーカー対象ですが、小売業側が導入するにも、ほぼ同様の金額、あるいはそれ以上がかかかっているのが現状といえます。ここへ来て、この費用が約1/10に下がっている要因はIT技術の進化、特にクラウド環境での分析技術、さらに、そのビッグデータを分析するBIツールの発展が大きいといえます。また、SNS関連の分析環境が整備され、容易にID-POS分析と連携がとれるようになたことも大きいといえます。今回のサービスもまさに、この流れで開発されたものであり、CCLの「ドルフィンアイ」と日立システムズのSNSとをクラウド上でリンクさせ、新サービスを格安で提供しようというものです。2015年度中をめどとのことであり、18年度末までに累計1000社への提供とのことですので、これからはじまるサービスですが、今後、このようなサービスが、開発環境が整ったことで、次々に生まれてくると思います。流通業界も本格的なビッグデータの波に入ったといえそうです。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
  →MBQのfacebookはこちら!
3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設603人!

« 九州屋、エア・ウォータの傘下に、八百屋再編! | Main | ゴルゴ13、ビッグ・データ、後編、ライフログ、第554話! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ID-POS分析とSNSが融合、クラウドで格安!:

« 九州屋、エア・ウォータの傘下に、八百屋再編! | Main | ゴルゴ13、ビッグ・データ、後編、ライフログ、第554話! »