« コンビニ、売上速報、2015年7月、好調、既存店1.2%! | Main | 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! »

August 23, 2015

3回が決めて、スタンプで実証、ファンづくりのポイント!

10個とか無理!飲食店の来店スタンプは◯個で充分だったことが判明:
・しらべぇ:
・http://sirabee.com/2015/08/09/44590/
・記事抜粋:
・「スタンプカードをお作りしますね!」と言われて、手渡されたカードの内容は10回とか20回とか、気が遠くなるほど店に通わないと特典を得られないものだった…。
・本記事では、飲食店向け予約台帳アプリの「トレタ」で昨年10月から今年の5月まで管理されていた、個人情報を除く約160万件の予約データを分析。
・「常連」と呼ばれるような店の、「ファン」が生み出される傾向について調べてみることにした。
・「常連化」が一気に進むのは◯回目の予約から:
・初めての予約から、2回目の予約につながった利用者の割合は7.1%だったのに対し、2回目の予約を入れた利用者から3回目の予約を入れてもらえる率は16.9%の伸びを示した。
つまり、3回予約を入れてもらえるお客様を作ることが出来れば、そこから劇的に「常連化」は進むのである。
・「常連」になるとキャンセルしないのか?:
・常連客かそうでないかに関わらず、常に10%前後と一定率発生してしまうもののようだ。

参考:
・トレタ:
・https://toreta.in/
・飲食店予約のドタキャンは見抜けるのか!?「バックレ」の傾向と実態
・http://sirabee.com/2015/08/10/44589/

PI研のコメント:
・興味深い実証データです。しらべぇに掲載されたトレタが約160万件の飲食業の予約データを分析した結果です。従来、飲食業界では来店スタンプカードを発行し、10回来店すると、1回サービスなど何らかの特典がつく仕組みを導入していました。どれも10回、多い場合には20回などがほとんどのスタンプカードだったといえます。この回数が本当はいくつが妥当なのかは、これまで実証されたことはほとんどなかったといえますが、この記事では3回という実証データが明らかになったというものです。すなわち、飲食店はお客様に3回来店していただければ、常連客へなってもらえる確率が飛躍的に増すというものです。実は、この3回は食品スーパーの商品ではすでにID付POSデータの解析により実証されていますので、これで、飲食業と食品スーパーの常連客化の目標数値が一致したことになります。あらゆる商品・サービスと顧客との関係は3回が黄金律である可能性が高まったといえ、今後、この3回がマーケティング戦略を大きく変えるのではないかと思います。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設603人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

« コンビニ、売上速報、2015年7月、好調、既存店1.2%! | Main | 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« コンビニ、売上速報、2015年7月、好調、既存店1.2%! | Main | 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! »