« 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! | Main | 経済産業省、ID付POSデータの研究に本格着手! »

August 25, 2015

セブン銀行、お金の単品管理、99.9%、ALSOK!

ATM2万台で「欠品」防止 セブン銀行支える警備隊:
・日本経済新聞:8/21
・http://www.nikkei.com/article/DGXMZO90275270X00C15A8000000/
・セブンイレブンに設置された2万台以上のATM(現金自動預け払い機)で紙幣が「欠品」しないよう、ATM1台ごとに入出金の傾向を分析し、紙幣の補充計画に生かす――。綜合警備保障(ALSOK)が最新ITを積極的に採用し、警備業務のカバー範囲を従来よりも大きく広げようとしている。大きなIT投資を伴う「攻めの経営」だ。連載後編となる今回は、ALSOKがセブン銀行から請け負っている「警備輸送」と「機械警備」の現場に迫る。
・記事抜粋:
・セブン銀行向けにALSOKが用意した「現金センター」は全国に36カ所あり、1日当たり現金160億円を取り扱う。セブン銀行のATMは1日に200万人が利用する。出し入れされる紙幣の数はケタ外れに多い。
・それでもセブン銀行は、ATMの稼働率を99.9%以上に高め、「世界一止まらないATM」とまで言われている。それほどの稼働率の高さを陰で支えているのがALSOKだ。
・もう1つは、ATMが故障したときの初期対応。店頭のATMでキャッシュカードや紙幣の詰まりといったトラブルが発生した場合、ALSOKの隊員に自動的に直行指示が飛ぶ。これは隊員指令システムそのものだ。
・最も重要な役割はATMの紙幣が「欠品」することも「あふれる」こともなく、常に計画通りの平均現金残高をATM内に維持することだ。ALSOKの現金センターには合計45人の資金計画担当者がいる。このスペシャリスト集団が2万1000台を超えるATM1台ごとに入出金の傾向を地域特性なども加味しながら分析。毎週、計画と実績の差をチェックして予測精度を高めている。
・2015年3月には、新たなミッションが加わった。セブン銀行が「新移動ATM車両」の運用を開始したからだ。この車両の運転や移動先での現金の補充・回収、トラブル対応にも、ALSOKの警備網で対応する。

セブン銀行ATMサービス :
・セブン銀行:2015年3月本決算:
・http://www.sevenbank.co.jp/ir/library/earnings/pdf/20150508_J1_TS.pdf
・ATM設置については、グループ内では、セブン-イレブン店舗の新規出店に合わせて展開し、順調に台数を伸ばしました。一方、グループ外では外国人観光客が訪れる場所で海外発行カードが利用できるATMへのニーズに応える形で空港や駅等への展開を積極的に推進し、空港に39台(当期末)、駅では154台(同)の設置となりました。また、平成26年9月からは新生銀行より一部の支店内ATMの運営管理を受託し、当期末で31店舗に67台のATMを設置しています。その他、お客さまのご利用ニーズの高い商業施設などに展開し、当年度はグループ外として過去最高の381台のATM設置(純増349台)を行いました。
・また、ATMサービスをより充実させるため、処理スピードや操作性向上、セキュリティ強化、省電力化を一層進めた第3世代ATMへの入替を進めており、全ATMの約8割に当たる入替(当期末現在の第3世代ATM台数は17,603台)が完了いたしました。
・以上の取り組みの結果、ATM設置台数は21,056台(前期末比7.9%増)になりました。また、当期のATM1日1台当たりの平均利用件数は100.9件(前期比6.4%減)、総利用件数は743百万件(同1.0%増)と推移いたしました。

PI研のコメント:
・単品管理は商品だけでなく、お金にも活用すれば、「世界一止まらないATM」が実現できるということが実証されたユニークな視点の記事が日経新聞で8/21、取り上げられました。セブン銀行とALSOKが組むことにより実現したものです。記事によれば、「ATMの稼働率を99.9%以上」とのことであり、1000台に1台以下に非稼働率を抑えたとのことです。その背景には「「現金センター」は全国に36カ所あり、1日当たり現金160億円」、「ALSOKの現金センターには合計45人の資金計画担当者」があるとのことです。さらに、そこでは、「ATM1台ごとに入出金の傾向を地域特性なども加味しながら分析。毎週、計画と実績の差をチェックして予測精度を高め、・・」とのことで、まさに、お金の単品管理が行われており、これが「世界一止まらないATM」を実現させたといえます。結果、前期決算では、「新生銀行より一部の支店内ATMの運営管理を受託」とのことで、本家の銀行も業務委託するようになったとのことです。現在、セブン銀行は、「処理スピードや操作性向上、セキュリティ強化、省電力化を一層進めた第3世代ATMへの入替を進め、・・」とのことで、さらに、その精度はあがるのではないかと思われます。単品管理が人間と最新のITとの組み合わせにより、商品管理はもちろん、今回のお金を含め、新たな次元に入ったといえます。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設603人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

« 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! | Main | 経済産業省、ID付POSデータの研究に本格着手! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セブン銀行、お金の単品管理、99.9%、ALSOK!:

« 食品スーパー、売上速報、2015年7月、堅調! | Main | 経済産業省、ID付POSデータの研究に本格着手! »