« 消費横ばい、2015年7月、家計調査データ! | Main | 伊藤レポート、その1:ROE8%が最低ライン! »

September 02, 2015

アインファーマシーズ、2016年4月、第1四半期、好調!

アインファーマシーズ、2016年4月、第1四半期決算、8/26
・http://www.ainj.co.jp/
・http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1282832

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:1,154.13億円
・自己資本比率: 42.1%(昨年 42.0%)
・現金及び預金:204.65億円(総資産比 17.73%)
・有利子負債:128.30億円(総資産比 11.11%)
・買掛金:337.16億円(総資産比 29.21%)
・利益剰余金 :322.21億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 521.46億円( 20.3%)、営業利益:27.10億円( 58.7%)
・経常利益: 28.86億円( 58.1%)、当期純利益: 15.33億円( 52.7%)
・原価:85.01%(昨年 86.28%):-1.27、売上総利益:14.99%(昨年 13.72%):+1.27
・経費:9.78%(昨年 9.77%):+0.01
・営業利益:5.21%(昨年 3.95%):+1.26

アインファーマシーズのコメント:
・当社グループは、調剤薬局の新規出店及びM&Aによる事業拡大をはじめ、医療モールの総合開発、都市型ドラッグストア事業を推進し、グループの事業規模及び収益拡大に努めてまいりました。
調剤薬局部門の既存店売上高は、新薬への変更による処方箋1枚当たりの売上高の上昇により、引き続き増収傾向で推移しております。
・当社グループでは、調剤薬局に求められる「かかりつけ薬局」機能の役割を果たすべく、在宅対応を中心とした地域医療との連携、お薬手帳等を活用した薬剤に関する情報の一元的・継続的管理の強化、ジェネリック医薬品の使用を促進するとともに、それぞれの薬局が調剤薬局業務の全行程について、自ら検証・再構築する「考える薬局プロジェクト」にて業務効率の改善、患者サービスの拡充を進めております。
・同期間の出店状況は、M&Aを含め、グループ全体で合計11店舗を出店し、2店舗の閉店により、当社グループにおける薬局総数は763店舗となりました。

アインファーマシーズの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9627.T

PI研のコメント:
・アインファーマシーズが8/26、2016年4月度の第1四半期決算を公表しました。結果は大幅増収増益、好決算です。特に利益はいずれの段階でも50%を超える増益であり、収益性が際立っています。その要因ですが、経費は若干上昇しましたが、それを大きく上回る原価の改善が寄与したことによります。アインファーマシー自身も「お薬手帳等を活用した薬剤に関する情報の一元的・継続的管理の強化、ジェネリック医薬品の使用を促進、・・」とコメントしているように、特に、ジェネリック医薬品等が原価を下げたのではないかと思われます。また、「処方箋1枚当たりの売上高の上昇」とのことですので、今期は既存店も好調に推移し、利益を押し上げたと思われます。アインファーマシーズ、この好調な決算をもとに、今期、さらに攻めに転じ、「調剤薬局の新規出店及びM&A」、さらには、「医療モールの総合開発、都市型ドラッグストア事業を推進」をどう進めてゆくのか注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

« 消費横ばい、2015年7月、家計調査データ! | Main | 伊藤レポート、その1:ROE8%が最低ライン! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アインファーマシーズ、2016年4月、第1四半期、好調!:

« 消費横ばい、2015年7月、家計調査データ! | Main | 伊藤レポート、その1:ROE8%が最低ライン! »