« サービス産業生産性協議会、顧客満足調査、オーケー1位! | Main | たべみる、キーワード分析、SI値! »

December 26, 2015

公正取引委員会、独占禁止法第19条、コストコに警告!

愛知県常滑市において給油所を運営する石油製品小売業者に対する警告について:
・公正取引委員会:12/24
・http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h27/dec/151224_1.html
・https://www.facebook.com/JapanFTC/?fref=nf
・公正取引委員会は,愛知県常滑市において給油所を運営する石油製品小売業者2社(以下「2社」という。)に対し,本日,次のとおり,警告を行った。 
本件は,2社が,独占禁止法第19条(同法第2条第9項第3号〔不当廉売〕)の規定に違反するおそれがある行為を行っていたものである。
・バロン・パーク株式会社:
・ユニーオイル常滑りんくう給油所
・コストコホールセールジャパン株式会社:
・コストコホールセール中部空港ガスステーション
・(1)2社は,それぞれ,愛知県常滑市に所在する前記1の「給油所」欄記載の給油所において,平成27年11月18日から同月27日までの10日間,レギュラーガソリンについて,その供給に要する費用を著しく下回る対価で継続して供給し,当該給油所の周辺地域に所在する他のレギュラーガソリンの販売業者の事業活動を困難にさせるおそれを生じさせた疑いがある。
・(2)前記(1)の行為は,それぞれ,独占禁止法第19条(同法第2条第9項第3号〔不当廉売〕)の規定に違反するおそれがあることから,公正取引委員会は,2社に対し,今後,このような行為を行わないよう警告した。

不公正な取引方法の禁止:
・第十九条 事業者は,不公正な取引方法を用いてはならない。
・供給に要する費用を著しく下回る対価」の考え方:
・一般不当廉売ガイドラインでは,「供給に要する費用を著しく下回る対価」にいう「供給に要する費用」とは,総販売原価であるとし,通常の販売業における総販売原価とは,仕入原価に販売費及び一般管理費を加えたものであるとしている。また,廉売対象商品を供給しなければ発生しない費用(以下「可変的性質を持つ費用」という。)を下回る価格は,「供給に要する費用を著しく下回る対価」であると推定されるとしている。
・「継続して」の考え方 :
・「継続して」とは,相当期間にわたって繰り返し廉売を行い,又は廉売を行っている事業者の営業方針等から客観的にそれが予測されることであるが,毎日継続して行われることを必ずしも要しない。例えば,毎週末等の日を定めて行う廉売であっても,消費者の購買状況によっては継続して供給しているとみることができる。

PI研のコメント:
・公正取引委員会が12/24、コスコとバロン・パークの廉売競争に独占禁止法第19条(不当廉売)に違反する恐れがあるとの警告を発しました。朝日新聞の報道によれば「公取委中部事務所によると、安売り競争は11月18日に「コストコ中部空港倉庫店」のGSが開店したことから始まった。近くでバロン・パークが運営する「ユニーオイル常滑りんくうSS」とともに10日間、レギュラーガソリンを仕入れ値より安く販売。会員価格で1リットル当たりコストコは87円、ユニーは85円台に下げ、120円程度で売っている周辺のGSの営業を困難にさせたという。」とのことです。いわゆる競合店同士の価格競争であり、これにより、周辺のガソリンスタンドに「事業活動を困難にさせるおそれを生じさせた疑い」があるとのことです。公正取引委員会が介入する激しい両企業の価格競争であったといえ、それだけ、コスコが日本の小売業に大きな価格優位の脅威を与え始めたといえる出来事といえます。コスコ、摩擦を辞さず、どこまで日本の流通市場に踏み込んでゆくのか、今後の動向に注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

December 26, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公正取引委員会、独占禁止法第19条、コストコに警告!:

Comments

Post a comment