« ぐるなび総研、「おにぎらず」、今年の一皿、2015! | Main | 2016年は円安から円高、しかも、円が最強の通貨へ? »

December 19, 2015

IoT/ビッグデータ時代への新たな情報通信政策!

「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」(平成27年諮問第23号)
に関する情報通信審議会からの中間答申

・総務省:12/14
・http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000180.html
・総務省は、平成27年(2015年)9月25日、「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」について情報通信審議会に諮問しました。本件については、同審議会の情報通信政策部会及びIoT政策委員会(主査:村井純 慶應義塾大学教授)において調査・審議が行われ、本日開催された情報通信審議会総会において中間答申として取りまとめられたところです。

はじめに
・諮問の背景

第1章 IoT/ビッグデータ/AI の現状と課題
1 「IoT 革命」の概括的展望
2 政府における取組

第2章 「データ立国ニッポン」に向けて
1 検討の基本的視座

第3章 IoT/ビッグデータ/AI を支える情報通信インフラ
1 コア網について
2 アクセス網について

第4章 IoT/ビッグデータ/AI 時代を担う人材
1 IoT ビッグデータ時代の専門人材の育成及び雇用促進
2 セキュリティ対策の抜本的見直し

第5章 IoT関連サービスの創出
1 テストベッド等
2 利活用ルール

第6章 国際化への対応について
1 国際標準化等
2 人材・技術交流 (国際展開支援を含む)

今後の進め方

PI研のコメント:
・12/14、総務省の情報通信審議会から中間答申ですが、「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方」のレポートが公開されました。ビッグデータの今後を第4次産業革命としてとらえ、現状と今後、そして、日本が取り組むべき課題ををまとめており、興味深いレポートです。特に、第4次産業革命の技術として、ドローン/自動走行、ウェアラブル/医療・健康、スマートハウス、フィンテック、スマートシティなどを取り上げており、いま、進行している最新の動向についてレビューしています。情報通信白書でもビッグデータが大きなテーマとなっていますが、産業革命として、ビッグデータを位置づける段階に入ったといえそうです。今後、来年3月には二次答申、そして、6月には本答申の予定ですが、どのようなレポートとなるのか、気になるところです。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

December 19, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IoT/ビッグデータ時代への新たな情報通信政策!:

Comments

Post a comment