« 2016年は円安から円高、しかも、円が最強の通貨へ? | Main | ダブルスタンダード、2016年、中間決算、大幅増収増益! »

December 21, 2015

ビッグデータの本命?、ダブルスタンダード上場!

新たなビッグデータ銘柄「ダブスタ」、“地味”なデータクレンジング事業でもスピード上場
・日経 Big Data:12/16
・http://business.nikkeibp.co.jp/atclbdt/15/258680/121500019/
・ビッグデータを活用した事業支援のダブルスタンダード(東京都港区、証券略称はダブスタ)が12月15日、東証マザーズ市場に上場した。初値は公開価格の2.3倍となる5010円で、終値は5750円まで上げた。時価総額は167億円に相当する。同社は2012年6月の創業からわずか3年半でのスピード上場となる。いわゆるビッグデータ銘柄であるが、データ分析事業が多い既存企業とは強みが全く異なる。
・記事抜粋:
・主力事業は「データクレンジング」だ。企業が持つデータを“整理整頓”する。揺れている表記を統一したり、欠損部分を補ったり、複数のデータを結合したりと、企業のビッグデータ活用の準備段階を支える。
その強みはどこにあるのだろうか。取締役ファウンダーの中島正三氏は、「お客様から評価されるのは、開発およびチューニングのコスト、スピード、正確さ」と言う
・「例えば複数のデータセットを結合する際に、ひも付けする店舗名の表記がデータセットごとに異なる場合がある。一方は中島商店とあり、一方がコンビニチェーンの○○店と表記されている。こうした場合、どういうアルゴリズムで処理をすれば同一の店舗だと判断できてデータを結合できるか。こうしたノウハウを、様々な項目で作ってある」
・仕組みの詳細は明かさないが、「店舗名など一つの項目の処理方法をプログラム化するための要件定義で700ページ、そのダイジェスト版のマニュアルだけで70~80ページにもなる」(中島氏)というノウハウが同社の競争力の源泉になっている。

ダブルスタンダード:
・http://double-std.com/
・当社グループが属する情報サービス業界におきましては、昨年度に引き続き、製造業を中心とした国内企業の情報設備投資が堅調に推移しております。ビッグデータの活用や情報セキュリティ強化、ITインフラ整備といった、ビジネスを「成長」「変革」させるための戦略的な投資に加えて、2015年10月から施行されるマイナンバー制度や、2020年に開催される東京オリンピックに向けた情報設備投資が当面のIT需要を牽引するものと予測されます。
・このような経営環境において、当社グループは当会計年度より中期事業計画として3カ年計画を打ち出し、大手企業に比肩する企業基盤づくりを完遂させるべく、ビッグデータ関連事業及び技術を活用したサービス企画開発業を中心に新規顧客開拓ならびに既存事業の拡大に注力して参りました。
・業績につきましては、ビッグデータ関連事業における競合分析用データ提供及びレコード最適化システムを活用したデータ生成提供新規案件の獲得及び新規顧客の獲得ならびに既存案件の拡大、サービス企画開発事業におけるビッグデータ活用型新規サービス開発案件の新規獲得及び既存案件の安定稼働により、売上高450,602千円、営業利益145,141千円、経常利益146,692千円、親会社株主に帰属する四半期純利益93,913千円となりました。

PI研のコメント:
・ダブルスタンダード、ユニークな企業が東証マザーズに12/15上場しました。「初値は公開価格の2.3倍となる5010円で、終値は5750円まで上げた、・・」とのことで、投資家が高く評価しているといえます。ダブルスタンダードはビッグデータ銘柄に入りますが、その事業領域は独特であり、「データクレンジング」に焦点を絞り、そこから様々な事業展開をはかっています。通常、ビッグデータ関連企業は、IT技術の提供か分析関係を主な領域としていますが、ダブルスタンダードは「困難を極める様々な情報収集・加⼯処理によるビッグデータ生成、そこから生まれる新たなサービスの企画開発」を主としていますので、競合、価格競争がほとんどなく、中規模企業にターゲットを絞っていますので、広大なビッグデータ関連のマーケットが広がっているといえます。実際、この3年間の業績も売上⾼成⻑率約83倍、純利益約45倍と異常値です。ビッグデータは出発点がクレンジングからはじまるといってもよく、特に、今後は様々なデータの統合、紙、デジタル、画像等が課題となりますが、ダブルスタンダードはここが得意分野ですので、ビッグデータ市場を下支えしてゆく企業へと成長してゆくのではと思います。これで、日本独自のビッグデータマーケットが生まれる基盤ができたといえ、今後、どのように、この企業が変化してゆくのか、注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

December 21, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビッグデータの本命?、ダブルスタンダード上場!:

Comments

Post a comment