« セイコーマート、戦略転換、コンビニからメーカーへ! | Main | ハローズ、2016年2月、第3四半期、好調、過去最高! »

December 31, 2015

Raley's、Something Extra、ダンハンビー支援!

Raley's Taps dunnhumby Data to Personalize Customer Experience:
・Pprogressivegrocer:
・http://www.progressivegrocer.com/departments/technology/raleys-taps-dunnhumby-data-personalize-customer-experience
・As the supermarket industry becomes increasingly fragmented, retailers are working steadfastly to evaluate consumers' changing expectations and provide a more personalized experience -- not only to infuse a greater number of shoppers into their stores, but to also retain members of their current shopper base who may find competitors' offerings more appealing.
・As a retailer who understands this all too well, Raley's Family of Fine Stores has expanded its relationship with science and data analytics provider, dunnhumby, to better personalize the shopping experience for its customers and more thoughtfully curate the price/value proposition of its product selection.

Raley's:
・http://www.raleys.com/www/home.jsp
・Something Extra:
・http://www.raleys.com/www/promotions/promotions.jsp?contentid=4264319#offers
・Our History:
・Our founder, Tom Raley, opened his first store in Placerville, California in 1935. His dedication, hard work and vision are the seeds from which our family of stores continues to grow.
・Our Stores:
・Raley’s owns and operates 125 stores: 75 Raley’s; 20 Bel Air Markets; 22 Nob Hill Foods supermarkets, and 9 Food Source stores. In addition, Raley’s owns and operates 13 Aisle 1 Fuel Stations throughout Northern California and Nevada.

DUNNHUMBY SACRAMENTO:
・https://www.dunnhumby.com/offices?tab=sac
・Based in the Raley’s corporate office and immersed in its Executive Level, dunnhumby Sacramento benefits from the unique perspective gained from shared space: a full view of the day-to-day operations of one of our latest grocery partners.
・Year established: 2011
・Number of Sacramento dunnhumbians:

PI研のコメント:
・Pprogressivegrocerに掲載されたダンハビーの興味深い記事です。ダンハンビーはクローガーとの契約が事実上切れたことから、アメリカの食品スーパーはこのRaley's(レイリーズ)だけとなりました。ここでは、ダンハンビーがRaley'sにどのような支援をしているかをまとめた記事です。Raley'sはサクラメントで125店舗を展開している食品スーパーですが、ダンハンビーは約15名を常駐、そこでSomething Extraという「to Personalize Customer Experience」のID-POS分析にもとづいたサービスを支援しています。ちなみに、イギリスのテスコは750人、また、クローガーの時は650人が支援していましたので、15人は小規模といえます。現在、このサービスがダンハンビーの最新のロジックを組み込んだ食品スーパー支援システムであるといえ、Raley'sで実践、発展途上といえます。Raley'sとは2011年からの支援ですので、5年目となり、記事によれば、「first smaller-format store -- at 36,000 square feet 」とのことですので、今後、小型食品スーパーを開発、そこでも、この仕組みが展開されてゆくとのことです。ダンハンビーJAPANも開設されたようですので、今後、日本でもこのRaley'sのサービスが見られるのではないかと思います。したがって、日本のID-POS分析も2016年度はダンハンビーの参入により、新たな時代に入り、どのようなサービスが登場するか気になるところです。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

December 31, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Raley's、Something Extra、ダンハンビー支援!:

Comments

Post a comment