« トーホー、2016年1月、第3四半期、食品スーパー赤字! | Main | アヲハタ 、2015年10月、本決算、増収増益! »

December 16, 2015

ヤオコー、1号店、小川SC、リニューアルオープン!

「ヤオコー小川(おがわ)ショッピングセンター」新装開店のご案内:12/8
・http://www.yaoko-net.com/
・http://contents.xj-storage.jp/xcontents/82790/1c7af97d/248c/4ff1/9471/f35795c72d1b/20151202163557758s.pdf
・「ヤオコー小川ショッピングセンター」は、当社 1 号店として、昭和 47 年 4 月の開店、さらに昭和 53年 6 月の増床オープン以来、地域のお客さまのご支援のもとご愛顧いただいて参りました。
・平成 27 年 12 月 8 日(火)午前 9 時、「ヤオコー小川ショッピングセンター」はふたたび新たに生まれ変わりオープンいたします。
これまで以上にお客さま一人一人に愛される地域一番店になれるよう、「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマ・ーケット」として、メンバー一同頑張ってまいります。
・売上高 :
・19 億円(改装後初年度)
・商圏人口 :
・1 ㎞圏内 6.0 千人( 2.5 千世帯)、 2 ㎞圏内 16.6 千人( 6.6 千世帯) 3 ㎞圏内 23.7 千人 (9.3 千世帯)

生 鮮 :
・精肉は、国産志向の高いお客さまに向けて、国内産の牛肉を強化いたします。その中でも頻度品の切落しは鮮度と美味しさに自信を持ってご提供いたします。新規の取り組みとして、馬刺しを単品盛りから盛合せまで品揃えし、お酒のお供に美味しいおつまみを豊富に品揃えいたします。鮮魚では、美味しい赤身のバチまぐろを中心に品揃えし、ミナミまぐろ、本まぐろの赤身とともにおかず、おつまみ、ご馳走としてのご提案をいたします。青果では、地産地消で安全・安心、顔の見える地元野菜を打ち出します。小川有機会の野菜も導入し、付加価値が高く、安全・安心な野菜の豊富な品揃えを実現いたします。花売場は、今回直営となり、お客さまのニーズにあった花をタイムリーに品揃えし、花持ち保証販売などをとおして信頼される花売場を目指します。

グロッサリー :
・日配は、小川町の特色の打ち出しとして、武州麺のコーナー化をいたします。当日打ち立ての当日販売も取組みいたします。また豆腐では、地元メーカーの三代目清水屋、木村屋の商品コーナーや、とくに三代目清水屋のおからドーナツはサービスカウンターで常時販売いたします。ドライ食品では、オリーブオイル、米菓の品揃えを強化します。また、地酒では、ニーズの高い地元の蔵元の地酒コーナーを設置し、認知アップや贈答用の商品も常時品揃えをいたします。住居では、ペットフードで安い商品だけではなく、健康やこだわりの商品を打ち出しいたします。

デ リ カ :
・惣菜は、シニアのお客さま向けに魚惣菜の充実に努めます。サバ、カレイ、天然ぶりなどの煮付け、するめいか、真だこの唐揚げなどを品揃えいたします。また、鮮魚部門と連携して、旬の魚惣菜をご提供いたします。健康志向の高いシニアおよびヤングのお客さま向けに十六穀米を使ったヘルシー弁当なども取り揃えます。寿司では、煮穴子を強化し、活〆穴子を中心にランチからご馳走まで時間帯別の展開をいたします。広島菜や、『みなべ町岩代地区限定:特選紀州南高梅』 を使用したおにぎりの展開もいたします。ベーカリーは、『北海道産小麦のもっちりブレッド』を差別化商品として強化します。スライス販売や試食販売を実施し、味を知っていただきます。カレーパン、あんぱんは、名物商品として育成していきます。
・リニューアル商品:
・あずき香る粒あんおはぎ、焼餃子各種
・NEW:
・小川あんぱん、店内手作りおにぎり新登場

PI研のコメント:
・ヤオコーが12/8、自社1号店の小川SC店をリニューアルオープンしました。埼玉県の小川町は1号店オープンの昭和47年当時と比べ、高齢化と人口減少が進み、商圏としては厳しい立地とのことですが、シニア、特に、健康志向の高いシニアを意識したヤオコーの最新のノウハウをふんだんに盛り込んだ店舗とのことです。オープンちらしもユニークであり、1面はグロサリーの目玉中心ですが、2面は「更に充実!ヤオコーのできたて美味!」とのタイトルで惣菜、寿司、ベイカリーのみの生鮮なしの全面ちらしです。この中で注目は「あずき香る粒あんおはぎ」と「焼餃子各種」、どちらも今期ヤオコーが自信をもって訴求する看板商品であり、さらに深化を目指し、あえて取り組んだ本格的にリニューアルした商品です。おはぎは商圏を広げる商品としてヤオコーではID-POS分析で実証済であり、小川町の商圏を広げる戦略商品になるとのではと思います。さらに、今回、NEWも登場。「小川あんぱん」と「店内手作りおにぎり新登場」です。おはぎ同様、あんにこだわったまさにシニア向けの商品といえます。また、おにぎりの手作りも新登場とのことで、注目です。これ以外にも「国産大きなさばのこだわり煮付け」など、興味深い商品も目白押しです。ヤオコー、少子高齢化のモデル店舗をここ発祥の地、小川町でどう構築するのか、その動向に注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設616人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

December 16, 2015 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤオコー、1号店、小川SC、リニューアルオープン!:

Comments

Post a comment