« 大黒天物産、2016年5月、中間、増収増益、積極投資! | Main | ウォルマート、269店舗閉店、300店舗の新店計画を公表! »

January 18, 2016

DIAMOND Chain Store 2016にPower Categoryを投稿!

好調な中間決算、生鮮食品が牽引、Power Category の課題を探る!
・DIAMOND Chain Store:20160115
・http://www.dfonline.jp/
・小売業の決算シーズンが近づき、その結果が気になるところであるが、すでに公表された食品スーパーの中間決算は概ね好調な結果であった。特に、生鮮食品が牽引し、全体を押し上げたことが大きな要因といえよう。今回取り上げるPower Categoryは、まさにその好調な中間決算の対象期間、2015年4月から9月までの結果であり、その要因を探る上で貴重な資料であるといえる。そこで、ここでは、Power Categoryの視点で、食品と雑貨を再検証し、今後、本決算へ向けて、この好調さを維持し、好決算へつなげるための課題を整理する。

見出し:

1.その他農産、好調なPower Categoryを見る!
2.食品と雑貨のPower Categoryの概要
3.食品、雑貨、好調、不調のPower Categoryを見る!
  ⇒1)食品のPower Categoryの検証
  ⇒2)雑貨のPower Categoryの検証
4.ココア飲料、好調な要因を探る!
5.今後の課題

図表:
図1.その他農産:全店金額千人vs昨年対比
図2.食品:金額と数量 価格の推移
図3.雑貨:金額と数量 価格の推移
図4.食品パワーカテゴリー:全店金額千人vs昨年対比
図5.雑貨パワーカテゴリー:全店金額千人vs昨年対比
図6.ココアドリンク:全店金額千人vs昨年対比

PI研のコメント:
・DIAMOND Chain Storeの2016年1月15日号に「好調な中間決算、生鮮食品が牽引、Power Category の課題を探る!」というテーマの記事を投稿しました。今回のPower Category は2015年4月から9月までの6ケ月間ですので、ちょうど、食品スーパーの中間決算期間といえます。今期の中間決算は概ね好調で、現在、公開がはじまっている第3四半期決算も同様に好調ですので、その要因をPower Category の観点から探る内容です。ポイントは生鮮食品が牽引し、全体を引き上げていることに加え、数量よりも価格上昇がポイントで全体を押し上げている点です。特に、今回ははじめてPower Category ではその他農産を分析してみました。その他農産は全Power Category の中でも最大規模であり、JANコードの農産物がすべて網羅されており、興味深いものです。実際、重点商品の伸びは高く、まさに、中間決算が好調な要因のひとつといえます。そして、もうひとつ注目したPower Category はココア飲料です。昨対のない、いわゆる新商品が豊富に登場し、全体の金額を押し上げ、その伸び率も最大でしたので、取り上げました。今回、本誌で取り上げた種々のPower Category、今後、本決算へどこまで貢献するのか、その動きに注目です。

お知らせ:
NEW!
1.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース、8/17!

  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 
3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設630人!
4.eラーンング:
  *ID付POSデータ実践活用セミナーがeラーニングになりました!

« 大黒天物産、2016年5月、中間、増収増益、積極投資! | Main | ウォルマート、269店舗閉店、300店舗の新店計画を公表! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DIAMOND Chain Store 2016にPower Categoryを投稿!:

« 大黒天物産、2016年5月、中間、増収増益、積極投資! | Main | ウォルマート、269店舗閉店、300店舗の新店計画を公表! »