« アイドマMC、マザーズに上場、3/18! | Main | セミセルフレジ、新たな需要創造か? »

March 21, 2016

東芝テック、第3四半期決算、増収、大幅減益、赤字決算!

東芝テック、2016年3月第3四半期決算:3/14
・https://www.toshibatec.co.jp/
・http://www.toshibatec.co.jp/file/info15_3q_1.pdf
・日本経済:3/14
・東芝テック、最終赤字776億円 4~12月
・http://www.nikkei.com/markets/company/news/news.aspx?scode=6588&ba=1&type=2&g=DGXLZO9842401014032016DTA000
・東芝テックが14日発表した2015年4~12月期の連結決算は最終損益が776億円の赤字(前年同期は34億円の黒字)だった。POS(販売時点情報管理)システムの収益力低下に伴う減損損失の計上などが響いた。同社は1月下旬、退職給付債務の計算で間違いが発覚し、決算発表を2月3日から延期していた。
・東芝テックは12年に米IBMからPOS事業を買収したが、昨年秋から取引先の米小売り大手などが投資を抑制。今後の販売が買収時の計画を下回る見通しになった。このため同事業の資産価値を見直し、15年4~9月期に約660億円の減損損失を計上した。

B/S関連:キャッシュの蓄積
・総資産:3,520.23億円
・自己資本比率:25.7%(昨年 41.1%)
・現金及び預金:204.16億円(総資産比 5.80%)
・有利子負債:264.89億円(総資産比 7.52%)
・買掛金:740.72億円(総資産比 21.04%)
・利益剰余金 :△151.63億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:3,945.54億円(2.0%)、営業利益:32.75億円(△75.4%)
・経常利益:△2.50億円(  %)、当期純利益:△776.04億円( %)
・原価:57.71%(昨年 57.24%):+0.47、売上総利益:42.29%(昨年 42.76%):-0.47
・経費:41.46%(昨年 39.32%):+2.14
・営業利益:0.83%(昨年 3.44%):-2.61

東芝テックのコメント:
・当社グループは「グローバル・ワンストップ・ソリューション企業」を目指し、「グローバルリテール事業の成長」、「ソリューション事業の拡大」及び「原価低減の加速、生産性向上による安定収益体制の構築」に鋭意努めてまいりました。
・リテールソリューション事業:
・国内および海外市場向けPOSシステム、国内市場向け複合機及び国内市場向けオートIDシステム並びにその関連商品などを取り扱っているリテールソリューション事業は、欧米及び国内において小売業の投資意欲が伸び悩むとともに、競合他社との競合激化が続く激しい事業環境の中で、マーケットニーズにマッチした新商品の開発、主力・注力商品の拡販、エリア・マーケティングの推進、コスト競争力強化による収益体質向上などに鋭意注力いたしました。
・国内市場向けPOSシステムは、セルフレジ、セルフオーダーシステムなどが好調であったものの、流通小売業の新規出店計画の見直しなどを背景に厳しい状況が続き、売上げは減少いしました。
・海外市場向けPOSシステムは、主要顧客の投資抑制の影響などで伸び悩みましたが、為替の影響により、売上は増加いたしました。

東芝テックの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6588.T

PI研のコメント:
・東芝テックが3/14、2016年3月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、減益、特に利益は営業段階では黒字でしたが、経常、、当期純利益は赤字となる厳しい決算となりました。当期純利益が△776.0億円と大幅な金額になった要因は子会社等の減損損失ですが、それを差し引いても、厳しい決算といえます。コメントでも、「リテールソリューション事業は、欧米及び国内において小売業の投資意欲が伸び悩むとともに、競合他社との競合激化が続く激しい事業環境」とのことですので、小売業の投資意欲の減退が大きいとのことです。実際、営業利益の中身を見ると、原価、経費ともに上昇しており、特に経費は2.14ポイントと大きく上昇、ダブルで利益を圧迫しているといえます。ただ、このような厳しい経営環境の中でも、「国内市場向けPOSシステムは、セルフレジ、セルフオーダーシステムなどが好調」と、光明も出始めており、特に、セルフレジは、セミセルフの市場が急激に伸びていますので、今後、ここが国内市場の攻防線になると思われます。東芝テック、この厳しい経営環境の中、今後、どのような利益の改善施策を打ち出すのか、残された本決算、そして、来期の経営戦略に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

March 21, 2016 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東芝テック、第3四半期決算、増収、大幅減益、赤字決算!:

Comments

Post a comment