« 無事、終了、ID付POSデータ分析・活用セミナー! | Main | タブロー、株価急落、赤字決算、高成長は継続! »

March 15, 2016

M&A、青田買い、ビッグデータ、人工知能争奪戦!

Tableau Acquires HyPer
・Tableau:
・http://investors.tableau.com/investor-news/investor-news-details/2016/Tableau-Acquires-HyPer/default.aspx
・Innovative High Performance Database System to Integrate with Tableau Products
・03/10/2016
・SEATTLE, March 10, 2016 /PRNewswire/ -- Tableau Software (NYSE: DATA) today announced it has acquired HyPer, a high performance database system initially developed as a research project at the Technical University of Munich (TUM). As part of the technology acquisition, Tableau will add key technical personnel and plans to establish a research and development center in Munich and expand its research into high performance computing.
・About Tableau:
・Tableau Software (NYSE: DATA) helps people see and understand data. Tableau helps anyone quickly analyze, visualize and share information. More than 39,000 customer accounts get rapid results with Tableau in the office and on-the-go. And tens of thousands of people use Tableau Public to share data in their blogs and websites.

BIサービスのTableauがドイツのHyPerを買収してビッグデータ分析を高速化
・TechCrunch Japan:
・http://jp.techcrunch.com/2016/03/11/20160310tableau-scores-advanced-database-tech-with-acquisition-of-german-startup-hyper/
・記事抜粋:
・BIサービスのTableauが、ドイツの先進的データベース企業HyPerを買収したことを発表した。Tableauのねらいは、彼らの技術を自社のプロダクト集合に組み入れることだ。
・“HyPerはダイアモンドの原石だ。ミュンヘン工科大学(Technical University of Munich, TUM)の研究チームがそれを開発した”、とTableauは述べている。
・HyPerがTableauに持参する能力の中には、データ分析の高速化がある。それは、データセットのサイズとは無関係であり、トランザクションのシステムと分析システムを一体化してプロセスをスピードアップする。またその多様な分析能力は、定型データと非定型データの両方をサポートし、ビッグデータの分析に威力を発揮する。
・まだ生まれたてほやほやのHyPerは資金もなく、Tableauが買収しようとしたとき、顧客もいなかった。買収の条件をTableauは公表していないが、Tableauのスポークスパーソンによると、“それは現金以外の取引なので公表はできない”、という。つまり、おそらくそれは1億ドルに満たない価額と思われるが、まだ新生児のような企業だから、それも当然かもしれない。

参考:
Googleが謎の人工知能開発スタートアップ企業「DeepMind」を500億円で買収
・GIGAZINE:2014年01月28日
・http://gigazine.net/news/20140128-google-buy-deepmind/
・記事抜粋:
・Googleが人工知能(AI)の開発を行うベンチャー企業「DeepMind Technologies」を5億ドル(約510億円)以上の金額で買収したことが明らかになりました。GoogleがAI技術を獲得した狙いが気になるところですが、そもそもDeepMindがどのような企業なのかという点はあまり明らかにはされていません。
・GoogleはRe/codeの取材に対して、イギリスのスタートアップ企業DeepMindを買収したことを認めました。買収額について広報担当者は明言を避けましたが、DeepMindを巡っては人工知能の研究所を設立したFacebookとの間で買収競争が起こっていたと見られており、情報筋によると4億5000万ドル(約460億円)を提示したFacebookに競り勝ったGoogleの提示額は5億ドル(約510億円)を超えるものだったとみられています。

PI研のコメント:
・ビッグデータ関連企業の動きが激しくなっています。3/10、タブローが「ドイツの先進的データベース企業HyPerを買収」との記事が流れました。「ミュンヘン工科大学(Technical University of Munich, TUM)の研究チームがそれを開発」した「ビッグデータの分析に威力を発揮」する「データ分析の高速化」に携わる企業です。しかも、「HyPerは資金もなく、Tableauが買収しようとしたとき、顧客もいなかった」とのことですので、まさに、青田買いといえます。タブロー自身もスタンフォード大学の 3 人から始まったビッグデータ分析ツールですので、HyPerとの相性も良いとのことです。ここ最近、このタブローのような動きが本格化しており、参考にあげたグーグルも、いま話題のアルファ碁を開発したDeepMindを約500億円で一昨年、青田買いしています。しかも、この時はフェイスブックとの激しい争奪戦だったとのことです。今後、ビッグデータ関連企業、さらに、青田買いが激しくなることが予想されますが、それだけ、企業の盛衰にビッグデータが位置づけられたといえます。日本も、そして、流通業界も、この流れの中でどのような経営戦略を打ち出してゆくのか、すごい時代に入ったといえます。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

March 15, 2016 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference M&A、青田買い、ビッグデータ、人工知能争奪戦!:

Comments

Post a comment