« レシートの活用、ビジュアル化、Zaim! | Main | TVとID付POSデータの融合! »

June 25, 2016

アークランドサカモト、2017年2月、第1四半期、外食牽引!

アークランドサカモト 、2017年2月、第1四半期決算、6/21
・http://www.arcland.co.jp/
・http://www.arcland.co.jp/memory/upf...
・Kabtan:6/21
・アークランド、3-5月期(1Q)経常は6%増益で着地
・http://www.arcland.co.jp/memory/upfile/1466488912.pdf
・アークランドサカモト <9842> が6月21日大引け後(15:00)に決算を発表。17年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比6.5%増の26.3億円に伸び、3-8月期(上期)計画の50.5億円に対する進捗率は52.2%となり、5年平均の50.1%とほぼ同水準だった。

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産: 857.64 億円
・自己資本比率: 67.7%(昨年 71.1%)
・現金及び預金: 61.49億円(総資産比7.17%)
・有利子負債:45.75億円(総資産比 5.33%)
・買掛金 : 68.20億円(総資産比 7.95%)
・利益剰余金 : 452.97億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 260.42億円(1.9%) 、営業利益: 24.88億円( 7.6%)
・経常利益: 26.34億円( 6.5%)、当期純利益: 14.27億円( 11.2%)
  ⇒通期予想:売上高: 1,040.00億円( 2.7%)、営業利益: 92.50億円( 5.4%)
・原価:62.79%(昨年 63.08%):-0.29、売上総利益:37.21%(昨年 36.92%):+0.29
・経費:27.66%(昨年 27.87%):-0.21
・営業利益:9.55%(昨年9.05%):+0.50

アークランドサカモトのコメント:
・ホームセンター部門の売上高は161億89百万円(前年同期比0.5%減)となりました。3月度、4月度は好調に推移 したものの、5月度はゴールデンウィーク期間を中心に苦戦した結果、前年同期と比較して微減となりました。 その他小売部門の売上高は3月にオープンしたアークオアシス堺鉄砲町店が寄与したものの、前年度12月にアーク オアシスデザイン上越店、長岡店および1月にミートプロ三条店を閉店したことにより、13億80百万円(前年同期比 5.5%減)となりました。
・その結果、小売事業の売上高は175億70百万円(前年同期比0.9%減)、営業利益は11億26百万円(前年同期比 0.9%増)となりました。
・外食事業は、主力のとんかつ専門店「かつや」の店舗数(FC店舗含む)を今年度4店舗の純増およびその他の業 態2店舗出店により、売上高は55億58百万円(前年同期比13.1%増)、営業利益は8億17百万円(前年同期比18.4% 増)となりました。

アークランドサカモトの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9842.T

PI研のコメント:
・アークランドサカモトが6/21、2017年2月期の第1四半期決算を公表しました。今後、食品スーパー業界の第1四半期決算が続々と公開されてくると思いますが、その先陣をきっての決算といえます。その結果ですが、増収増益と好決算です。特に利益は原価、経費共にバランスよく改善し、ダブルで利益を押し上げました。ただ、気になるのは、主力の 「ホームセンター部門の売上高は161億89百万円(前年同期比0.5%減)」と減収となったことです。「5月度はゴールデンウィーク期間を中心に苦戦、・・」とのことで、厳しかったようです。一方、外食事業は「売上高は55億58百万円(前年同期比13.1%増)、営業利益は8億17百万円(前年同期比18.4% 増)」とのことで、「主力のとんかつ専門店「かつや」」の業績が好調に推移し、全体を底上げしたことによるといえます。売上構成比が約20%となり、企業全体への存在が重くなりつつあり、今後、アークランドサカモトにとっては2つ目の大きな柱となりそうです。アークランドサカモト、これを受けて、通期も増収増益予想ですので、今後、課題のホームセンター事業をどう立て直すが、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

« レシートの活用、ビジュアル化、Zaim! | Main | TVとID付POSデータの融合! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« レシートの活用、ビジュアル化、Zaim! | Main | TVとID付POSデータの融合! »