« 情報銀行、政府、設立に動く! | Main | Whole Foods Market、2016年9月中間、増収減益! »

June 06, 2016

Tally、棚チェックもロボットの時代?

Meet Tally:
・simberobotics
・http://www.simberobotics.com/
・Tally performs the repetitive and laborious tasks of auditing shelves for out-of-stock items, low stock items, misplaced items, and pricing errors. Tally operates safely during normal store hours alongside shoppers and employees.

Meet Tally, the Robot That Knows What's on Store Shelves:
・Ziff Davis :PC NEWS:JANUARY 27, 2016
・http://www.pcmag.com/article2/0,281...
・The Internet has revolutionized shopping, from buying things on Amazon to getting in-store push notifications on your phone. But behind the scenes, shopping tech is ripe for even more innovation. Like it or not, things like patrolling warehouses and recording inventory can be executed by a robot.
・Simbe Robotics (Simbe stands for Simulated Being) has built just that. It's calledTally, and it can traverse a shop's aisles for eight to 12 hours on a single charge, counting and checking up to 20,000 individual stock keeping units (SKUs) with greater than 96 percent accuracy. PCMag went to Simbe's San Francisco office recently to watch Tally operate in a test retail environment.

Tally the Robot Promises to Run Inventory so You Don’t Have To:
・element14:Dec 15, 2015
・https://www.element14.com/community...
・Simbe Robotics created an inventory automation and analytics robot called Tally. Tally promises to be cheaper than human resources, while executing inventory tasks – including ensuring shelves are stocked and displayed properly – with higher accuracy. (all images via Simbe Robotics)

品切れを見つける自走ロボ、その名は「Tally」:
・日経ビジネスONLINE:6/4
・http://business.nikkeibp.co.jp/atcl...
・米国のドラッグストアは商品陳列棚のチェックに、1週間当たり平均30~40人時の作業量を費やしているという。人間の店員によるチェック作業をロボットに置き換えようというスタートアップが米サンフランシスコにある。「Tally」(写真1)を開発した米Simbe Roboticsだ。
・Simbeが2015年11月に発表したTallyは、スーパーマーケットやドラッグストアの店内を人や障害物を避けながら巡回して、商品陳列棚の状態をカメラで撮影し、画像認識機能によって商品の品切れや配置間違い、値札の付け間違い、陳列の乱れなどを見つけ出す。

PI研のコメント:
・昨年11月にsimberobotics社から公表された棚チェックロボット、Tallyの記事が6/4、日経ビジネスONLINEでも取り上げられました。Talyの基本コンセプトは「out-of-stock items, low stock items, misplaced items, and pricing errors.」ですので、在庫チェックだけでなく、商品の間違い、価格表示の適正まで自動でチェックできるとのことで、これが実現すると大幅な人件費の削減に加え、在庫、価格のチャンスロスの改善につながり、ダブルで小売業の生産性を大幅に改善することになります。まだ、実証実験段階のようですが、ドラックストア、ディスカウントストアでは導入が検討されはじめたとのことで、当然、食品スーパーでも導入検討がはじまるといえます。このTallyのポイントは、これまでRFID( radio frequency identifier)、いわゆるICタグを単品につけてセンサー管理する方向が世界中で検討されてきたことに対し、ここ数年、格段の進歩を遂げた画像認識、機械学習、人口知能等を組みあわせて、ロボット化したことにあります。このTally、まだ生まれたばかりですが、いよいよ、小売業にもこれまでの延長の技術ではなく、新たな新技術をいかに取り入れるかが、勝敗の分かれ目になってきたといえそうです。このTally、いつ本格導入がアメリカではじまるか、そして、日本のどこが代理店となるか、その動きにも注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

« 情報銀行、政府、設立に動く! | Main | Whole Foods Market、2016年9月中間、増収減益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tally、棚チェックもロボットの時代?:

« 情報銀行、政府、設立に動く! | Main | Whole Foods Market、2016年9月中間、増収減益! »