« 都知事選とフェイスブック、実況! | Main | 大黒天物産、2016年5月本決算、増収増益! »

July 17, 2016

コスモス薬品、2016年5月本決算、増収増益!

コスモス薬品、2016年5月、本決算、7/11
・http://www.cosmospc.co.jp/
・http://www.cosmospc.co.jp/pdf/16071...
・コスモス薬品、来年、愛知県に進出:
・中部経済新聞:7/15
・http://www.cosmospc.co.jp/pdf/160711_tanshinfinal.pdf
・九州地方を地盤にドラッグストア「ドラッグコスモス」を展開するコスモス薬品は、2017年2月に愛知県に進出することを明らかにした。すでに三重、岐阜の両県には出店している。2017年5月期は東海3県内で6~7店の出店を計画しており、東海の店舗数を合計で2桁台に乗せる。愛知進出を機に本格攻勢に出る構えだ。

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー: 309.86億円(昨年 194.54億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー: △285.50億円(92.14%:昨年( △292.72億円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△310.92億円(昨年 △298.65億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー: 62.11億円(昨年 71.51億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):86.47億円(昨年 △26.67億円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産: 2,025.95億円
・自己資本比率: 37.6%(昨年 38.5%)
・現金及び預金: 272.82億円(総資産比13.47%)
・有利子負債:269.68億円(総資産比 13.31%)
・買掛金 :824.72億円(総資産比 40.71%)
・利益剰余金 :677.45億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高: 4,472.73億円( 9.5%) 、営業利益: 186.48億円( 9.2%)
・経常利益: 206.91億円( 8.7%)、当期純利益: 124.35億円( 6.3%)
  ⇒ 通期予想:売上高: 4,900.00億円( 9.6%)、営業利益: 187.00億円( 0.3%)
・原価:80.58%(昨年 80.89%):-0.31、売上総利益:19.42%(昨年 19.11%):+0.31
・経費:15.25%(昨年 14.93%):+0.32
・営業利益:4.17%(昨年4.18%):-0.01

コスモス薬品のコメント:
・当社グループ以外の日本の小売業では、「数品目だけを異常に安く売る日替わり特売」や「今日だけポイント 5倍」といった“あの手この手の販売促進策”で集客を図る店舗が数多くあります。しかし、当社グループはそ のような販売促進策を行わず、「毎日安い(エブリデイ・ロー・プライス)」政策に磨きをかけております。つ まり、ごく限られた期間の「派手な安さ」ではなく、ご来店いただく全てのお客様が「安心の低価格」をいつも 実感できるような店舗運営を目指しております。これにより、店舗運営コストを抑制し、さらなる低価格販売が 可能となるよう努力を続けております。
・また、自社競合による一時的な収益性の低下も厭わず、次々と新規出店を行いました。同時に、新商勢圏への 店舗網拡大も図ってまいりました。これにより、新規出店につきましては、中部地区に4店舗、関西地区に16店 舗、中国地区に20店舗、四国地区に9店舗、九州地区に40店舗、合計89店舗となりました。また、スクラップ& ビルドにより7店舗を閉鎖し、当連結会計年度末の店舗数は738店舗となりました。
・中部地区4、関西地区 64 、中国地区 109、四国地区 86、 九州地区 476
・医薬品 69,609(売上高) 15.6(構成比) 108.5(伸び率) 、化粧品 47,593 10.6 106.7、 雑貨 75,889 17.0 109.4、 一般食品 247,126 55.2

コスモス薬品の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3349.T

PI研のコメント:
・コスモス薬品が7/11、2016年5月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、好決算です。売上高、営業利益ともに、ほぼ2桁増であり、高成長を維持しつつ、利益も確保とバランスのよい好決算といえます。中部経済新聞によれば、「2017年2月に愛知県に進出することを明らかにした」とのことで、いよいよ東進、中部地区へのドミナント展開が本格的にはじまるといえます。現在、コスモス薬品は738店舗となり、「中部地区4、関西地区 64 、中国地区 109、四国地区 86、 九州地区 476 」と中部地区はまだ4店舗ですので、今後、急激に店舗が増加してゆくと思われます。コスモス薬品の強さは何といっても経費比率15.25%の低さにあるといえます。しかも、一般食品の構成比55.2%と50%を超えており、食品を核にした超ローコスト、結果、低価格のEDLPが武器となり、これがドラックストアだけでなく、食品スーパーの市場を奪う強力な推進力となっています。コスモス薬品、今期、好決算をもとに、新たな市場、中部地区への参入も決まり、来期も高成長が期待できるといえます。そして、その後、中部地区を踏まえ、さらに、東に進むのか、北に進むのか、その動向が気になるところです。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

« 都知事選とフェイスブック、実況! | Main | 大黒天物産、2016年5月本決算、増収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コスモス薬品、2016年5月本決算、増収増益!:

« 都知事選とフェイスブック、実況! | Main | 大黒天物産、2016年5月本決算、増収増益! »