« ID-POSセミナー開催、8/2! | Main | USMH、2017年2月、第1半期、増収増益! »

July 09, 2016

トライアル、IoTへのトライ!

トライアルがIoTカートを導入、大量買いの顧客は購入額2割向上:
・日経Big Data:2016.07.07
・http://business.nikkeibp.co.jp/atclbdt/15/258673/070500131/?P=1
・製品に備えたセンサーから得たデータを活用し、成果を出しているケースはごく一部。各社はどのようにして死の谷を越えたのか。特集第2回はIoTカートを導入したトライアルが乗り越えた障壁を取り上げる。
・ポイント:
・タブレットの裏にあるリーダーに会員カードをかざし「ログイン」すると、顧客ごとに異なる商品値引きやポイントアップなどのクーポンが表示される。
・まずどの商品のクーポンを表示するのかは、顧客のプロフィルや購買履歴などを基に11のグループに分けている。こうしたレコメンドで商品が欲しいと思った顧客は画面上でクーポンを選択する。
・顧客はカートを押して移動する。店舗内には300個と同店の規模からすると1.5倍のビーコンを配置。顧客が食品や日用品などの売り場を移動すると、そのエリアで使えるクーポンに自動的に切り替わるようにした。
・それでもトライアルは7月に複数の主要店舗、10月に福岡県の店舗、来年1月に九州の店舗にIoTカートの展開範囲を広げていく。
・第2ステップで売り場の従業員の代わりとなる接客、第3ステップでは「セルフレジ」を見据えている。「家電を選ぶための情報をタブレットで提供したり、2階の売り場をセルフにしたりといったことを実現していきたい」(西川取締役)。

トライアル:
・https://www.trial-net.co.jp/

PI研のコメント:
・トライアルがIoTへ挑戦しています。タブレットをレジに搭載、ビーコンを棚に配置し、顧客の購入履歴をもとにした個別クーポンを配信する仕組みを開発し、実証に入ったとのことです。日経BigDataで詳細が掲載されていますが、システムは、独自開発であり、将来はセルフレジ、接客、レイアウト改善等への活用を視野にいれており、ユニークな試みです。ID付POS分析がいよいよハードと連動し、小売業界でも、まさにIoTが始まったといえます。トライアルは早くからIT部隊が中国の数百人を含め、独自開発体制が整っており、独自の発注システム、在庫管理システム、ID付POS分析の開発等に取り組んでおり、今回もその延長線上にあるといえます。今後、この実証実験の結果を福岡県の各店舗、そして、九州全域に広げてゆくとのことです。トライアル、時代を見据え、一歩先の取り組みへの挑戦といえます。ID付POS分析もいよいよ、新たな段階に入ったいえそうです。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/
 3.2015年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら:https://pipi.cocolog-nifty.com/consulting/

« ID-POSセミナー開催、8/2! | Main | USMH、2017年2月、第1半期、増収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トライアル、IoTへのトライ!:

« ID-POSセミナー開催、8/2! | Main | USMH、2017年2月、第1半期、増収増益! »