« ドラッグストア、財務3表連環分析2016:売上高vs営業利益 | Main | 食品スーパー、財務3表連環分析2016:出店余力ランキング »

August 03, 2016

食品スーパー、財務3表連環分析2016:MD力ランキング

MD力:売上総利益-経費

2%以上:5社
・ベルク 3.8%(MD力) 25.9%(売上総利益) 22.1%(経費) 0.88%(その他営業収入) 4.7%(営業利益) タイヨー 3.2% 22.5% 19.4% 1.12% 4.3% PLANT 2.9% 19.7% 16.9% 0.37% 3.2% マルキョウ 2.6% 22.7% 20.1% 0.35% 2.9% サンエー 2.5% 31.0% 28.5% 6.09% 8.6% リテールパートナーズ 2.1% 24.7% 22.6% 1.77% 3.9%

0%以上:13社
・ダイイチ 1.7% 24.1% 22.4% 1.46% 3.1% ヨークベニマル 1.6% 23.5% 21.9% 1.66% 3.3% マミーマート 1.5% 25.9% 24.4% 1.29% 2.8% アルビス 1.5% 29.4% 27.9% 1.58% 3.1% ハローズ 1.4% 24.7% 23.3% 2.64% 4.0% トライアルホールディングス 0.7% 14.8% 14.1% 1.07% 1.8% スーパーバリュー 0.4% 21.1% 20.7% 0.44% 0.8% マックスバリュ東海 0.3% 24.6% 24.3% 1.90% 2.2% イズミ 0.3% 21.5% 21.2% 4.70% 5.0% エコス 0.3% 24.3% 24.1% 2.80% 3.1% マックスバリュ九州 0.0% 23.4% 23.4% 1.21% 1.2% USMH 0.0% 28.2% 28.2% 2.20% 2.2% マックスバリュ西日本 0.0% 23.7% 23.7% 2.29% 2.2%

0%以下:19社
・バロー -0.2% 24.9% 25.1% 3.65% 3.5% ヤオコー -0.3% 28.1% 28.4% 4.77% 4.5% マックスバリュ北海道 -0.4% 21.8% 22.2% 1.46% 1.1% 関西スーパーマーケット -0.5% 23.9% 24.4% 1.69% 1.2% マックスバリュ東北 -0.7% 22.6% 23.3% 1.76% 1.1% ライフコーポレーション -0.8% 27.7% 28.5% 2.86% 2.1% マックスバリュ中部 -0.8% 25.8% 26.6% 2.66% 1.9% 天満屋ストア -1.0% 25.1% 26.1% 4.54% 3.6% マルヨシセンター -1.1% 24.6% 25.7% 3.09% 2.0% アオキスーパー -1.6% 16.0% 17.6% 4.60% 3.0% 北雄ラッキー -1.7% 25.1% 26.7% 2.42% 0.7% いなげや -2.2% 28.1% 30.3% 3.55% 1.3% オークワ -2.4% 25.6% 28.0% 3.36% 0.9% 平和堂 -2.5% 29.5% 31.9% 6.31% 3.9% ドミー -2.8% 26.9% 29.7% 3.96% 1.1% フジ -3.7% 23.2% 26.9% 6.06% 2.3% ヤマナカ -4.1% 25.9% 29.9% 5.36% 1.3% Olympic -5.6% 29.9% 35.5% 6.26% 0.7% イオン九州 -7.7% 27.0% 34.7% 7.61% -0.1%

参考:

その他営業収入ベスト10:5つめの数値
・サンエー 2.5% 31.0% 28.5% 6.09% 8.6% イズミ 0.3% 21.5% 21.2% 4.70% 5.0% ベルク 3.8% 25.9% 22.1% 0.88% 4.7% ヤオコー -0.3% 28.1% 28.4% 4.77% 4.5% タイヨー 3.2% 22.5% 19.4% 1.12% 4.3% ハローズ 1.4% 24.7% 23.3% 2.64% 4.0% リテールパートナーズ 2.1% 24.7% 22.6% 1.77% 3.9% 平和堂 -2.5% 29.5% 31.9% 6.31% 3.9% 天満屋ストア -1.0% 25.1% 26.1% 4.54% 3.6% バロー -0.2% 24.9% 25.1% 3.65% 3.5%

PI研のコメント:
・食品スーパー、財務3表連環分析2016、今回はMD力を取り上げます。MD力は食品スーパー、GMS特有の指標であり、ドラッグストアではみられない指標のひとつです。要は商品売買から得られる利益であり、売上総利益(粗利)-経費のことです。一見、営業利益のように見えますが、営業利益はこれにその他営業収入、すなわち、不動産収入や物流収入(センターフィー)などが加わる利益であり、営業利益以前の利益のことです。決算書では算出されていない指標ですので、これを算出するには独自にP/Lから計算しなおす必要があります。財務3表連環分析をはじめて公表した8年前に生まれた指標であり、食品スーパー独特の指標です。さて、そのランキングですが、2%以上はわずか5社、ベルク、タイヨー、マルキョウ、サンエー、リテールパートナーズです。MD力の上場企業約50社の平均値は0.3%ですので、大半の食品スーパーはマイナスです。このマイナスをその他営業収入でまかなっているのが経営の実態といえます。参考に、その他営業収入ベスト10も集計しました。食品スーパーはこの20年ぐらいの間に店舗規模を飛躍的に増加させ、SSMからRSC等へと進化をとげ、それに伴い不動産収入が増加しました。また、店舗数を同時に急激に増やし、上場食品スーパー、約50社の平均は126店舗ですので、100店舗を優に超えるところまできました。これだけの店舗数を維持するにはセンターが不可欠であり、結果、センターフィーが発生してきているわけです。もはや食品スーパーはマーチャンダイジングだけでは利益がでない業態といえますが、それでも、その本質はマーチャンダイジングにありますので、その実力をはかる上で、このMD力は重要な指標といえます。MD力、実に興味深い数値といえ、ここから、食品スーパーのMD戦略を推し量ることもでき、大いに活用して欲しいと思います。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

August 3, 2016 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー、財務3表連環分析2016:MD力ランキング:

Comments

Post a comment