« DIAMOND onlineで鈴木敏文氏のインタビュー、スタート! | Main | ポケモンGOと日本マクドナルドH、その後! »

September 08, 2016

オーケー、関西スーパー、決算比較!

オーケーvs関西スーパーマーケット:2016年3月期本決算

P/L:単位100万円
・東京都 兵庫県、 店舗数 89 65
・営業収益 307,568 120,081、売上高 307,568 118,089(対昨年 8.9 1.1)
・原価 242,273 89,884(78.8% 76.1%)、売上総利益 21.2% 23.9% 、経費 50,801 28,823 (16.5% 24.4%)、 人件費 32,043 14,275(売上比率:10.4% 12.1%)、営業収入 0 1,992(売上比率: 0.00% 1.69%)
・営業利益 14,493 1,374(売上比率:4.7% 1.2%)、経常利益 13,342 1,851(売上比率:4.3% 1.6%)、当期純利益 8,278 924(売上比率:2.7% 0.8%)

CF:単位100万円
・営業CF 22,374 2,546、当期純利益 14,063 1,548、減価償却費 2,749 1,297
・投資CF -35,051 -3,075(対営業CF 156.7% 120.8%)、有形固定資産 -20,877 -2,931、敷金等 -2,143 -52
・FC -12,677 -529
・財務CF 164 1,410、返済 1,711 2,148、配当 -1,386 -452

B/S:単位100万円
・総資産 188,593 53,258、回転率 1.6 2.2、純資産 73,346 26,765、資本金 2,868 7,277(対純資産:3.9% 27.2%)、利益・剰余金 66,207 11,008(対純資産 90.3% 41.1%)、ROA 4.4% 1.7%、自己資本比率 38.9 50.3、出店余力 -4.8% -13.0%、純資産比率 38.9% 50.3%、ROE 11.3% 3.5%
・現金 62,804 5,663(対総資産:33.3% 10.6%)、商品 4,240 2,829(対総資産 2.2% 5.3%)、出店関連合計 82,372 33,670 対総資産 43.7% 63.2% 店舗平均 926 518 土地 44,953 20,757 建物 16,616 7,012 敷金・保証金 20,803 5,901
・有利子負債 66,253 11,399(対総資産 35.1% 21.4%)、短期 28,713 1,912、長期 37,540 8,486、リース等 0 1,001 、 買掛金 36,313 7,075(対総資産:19.3% 13.3%)

PI研のコメント:
・依然として、異常な株価が続いている関西スーパーマーケットですが、すでにその8.04%の株式を取得し、第2位の株主となったオーケーとの決算を、財務3表連環分析2016をもとに、まとめてみました。P/L、CF、B/S順での比較となります。まずはP/Lですが、営業収益は 307,568 120,081、店舗数が 89 65ですので、かなりの差です。これは1店舗当たりの営業収益が34.55億円 18.47億円ですので、これだけの差がでます。いかにオーケーの収益力が高いかがわかります。その要因のひとつは経費比率16.5% 24.4%にあり、約8%の差ですので、いかにオーケーの競争力が高いかがわかります。ところが売上総利益は21.2% 23.9%ですので、経費差ほどの差はありません。結果、営業利益は4.7% 1.2%と、大きな利益差となります。CFですが、特徴的なのは有形固定資産 -20,877 -2,931、すなわち、新店関連への投資であり、約7倍、営業収益比が約2.5ですので、オーケーがいかに積極的な成長戦略を打ち出しているかがわかります。そして、B/Sですが、何といっても、現金 62,804 5,663(対総資産:33.3% 10.6%)であり、食品スーパー業界No.1の現金がオーケーですので、10倍以上の差となり、豊富なキャッシュをオーケーは蓄積しているといえ、これが今回の株式購入に充てられているといえます。ただ、オーケーは有利子負債も66,253 11,399(対総資産 35.1% 21.4%)と高いことから、純資産比率は38.9% 50.3%とやや低いのが気になるところです。ちなみに、ROEですがROE 11.3% 3.5%、純資産比率が低く、収益性が高いですので、オーケーは10%を超える高い数値となります。また、P/Lで1店舗当たりの営業収益が高かった結果、店舗平均の出店にかかわる資産は 926 518となり、オーケーは約2倍となります。このように、オーケーと関西スーパーマーケットはかなりキャッシュの創出(P/L)、キャッシュの配分(CF)、そして、キャッシュの蓄積(B/S)の構造が違うといえます。仮にオーケーの経営ノウハウが関西スーパーマーケットに導入された場合は、関西スーパーマーケットの経営ががらっとかわる可能性を秘めているといえます。今回のオーケーの関西スーパーマーケットの株式の大量購入がどのような結末になるのか、現時点ではわかりませんが、オーケーの今後の展開が気になるところです。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

« DIAMOND onlineで鈴木敏文氏のインタビュー、スタート! | Main | ポケモンGOと日本マクドナルドH、その後! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーケー、関西スーパー、決算比較!:

« DIAMOND onlineで鈴木敏文氏のインタビュー、スタート! | Main | ポケモンGOと日本マクドナルドH、その後! »