« ID-POS分析で新商品開発、救心錠剤! | Main | マック、セミセルフ、実証実験に着手! »

October 02, 2016

イトーヨーカ堂、リストラに着手、収益構造の転換へ!

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス成長戦略説明会:
・セブン&アイホールディングス:3/9
・https://www.7andi.com/dbps_data/_template_/_user_/_SITE_/localhost/_res/ir/library/ks/pdf/2016_0309_pre01.pdf
・イトーヨーカ堂の改革:
・個店経営をベースとし、自営主体のGMSから脱却、収益構造を変える
・食品徹底強化、衣料・住居は個店 特性を踏まえ縮小、アリオ(SC)型の強化、首都圏での
・ポテンシャルを活かす、オムニチャネルの活用
・先ずは確実にリストラを実行し、事業構造改革につなげる:累計40店閉鎖 (-2020)
・2020年 142 店舗の姿:
・利益の出せるフォーマットを作り、同時に新規出店を実行
 1)アリオSC業態へ構造改革:約45店舗:5,000坪以上、既存の17店舗も含む
 2)GMS+ テナントミックス化:約60店舗:5,000坪未満、商圏に合わせたテナント誘致
 3)食 品+ テナント:約15店舗:食品特化型の業態
 4)食品館・プライス:18店舗:既存18店舗

セブン&アイ、純利益50%減に 2017年2月期:
・日本経済新聞:9/30
・http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HH0_Q6A930C1000000/
・スーパーを展開する主力のイトーヨーカ堂では150億円の減損損失を計上。百貨店のそごう・西武の減損は122億円。同事業では「のれん」の減損を334億円計上する。

PI研のコメント:
・日本経済新聞、9/30に「セブン&アイ、純利益50%減に、2017年2月期」の記事が掲載されました。「セブン&アイ・ホールディングスは30日、2017年2月期の連結純利益が前期比50%減の800億円になりそうだと発表した。」とのことです。その要因ですが、「不採算店舗の減損損失の計上」であり、特に、「イトーヨーカ堂では150億円の減損損失を計上」とのことです。いよいよ、イトーヨーカ堂、GMSの本格的なリストラがはじまったといえます。3/9にセブン&アイHが実施した「株式会社 セブン&アイ・ホールディングス成長戦略説明会」では、2020年までに40店舗のイトーヨーカ堂の店舗を閉鎖するとのことであり、その具体的なアクションがはじまったといえます。今後、イトーヨーカ堂は「個店経営をベースとし、自営主体のGMSから脱却、収益構造を変える」をはかるとの方針であり、具体的には、「食品徹底強化、衣料・住居は個店 特性を踏まえ縮小、アリオ(SC)型の強化、首都圏でのポテンシャルを活かす、オムニチャネルの活用」の順に進めてゆくとのことです。今回、その一環として減損損失を計上したことにより、今後、イトーヨーカ堂、すなわち、GMSがどう変り、どう収益構造を立て直してゆくのか、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

« ID-POS分析で新商品開発、救心錠剤! | Main | マック、セミセルフ、実証実験に着手! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イトーヨーカ堂、リストラに着手、収益構造の転換へ!:

« ID-POS分析で新商品開発、救心錠剤! | Main | マック、セミセルフ、実証実験に着手! »