« ドンキホーテH、2017年6月、第1四半期、増収増益、好調! | Main | Google、大統領選挙速報、election results! »

November 08, 2016

ユニ・チャーム、、第3四半期決算、減収増益!

ユニ・チャーム、2017年12月、第3四半期決算、11/4
・http://www.unicharm.co.jp/ir/library/earnings/__icsFiles/afieldfile/2016/11/04/201609_J_Flash_Report.pdf
・日本経済新聞 :11/6
・変わる中国消費、どう対応
・http://www.nikkei.com/markets/company/article/?n_cid=DSMMAA13&ng=DGKKZO09203000V01C16A1TJC000&scode=8113
・中国の日用品市場に変化が訪れている。交流サイト(SNS)やネット通販の急速な普及で、実際の販売網構築より、ブランドづくりや製品設計に売れ行きが大きく左右されるようになった。中国でのモノの売り方は今後どうなるのか、中国に工場を持ち、紙おむつや生理用品を販売するユニ・チャームの高原豪久社長に聞いた。

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産: 6,320.21億円
・自己資本比率:55.7%(昨年 55.1%)
・現金及び預金:1,305.44億円(総資産比 20.66%)
・有利子負債:664.46億円(総資産比 10.52%)
・買掛金 :821.02億円(総資産比 12.99%)
・利益剰余金 : 3,871.17億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:5,108.93億円( △3.4%) 、営業利益: 514.56億円(3.2%)
・経常利益:429.37億円(6.1%)、当期純利益: 295.15億円(67.9%)
  ⇒ 通期予想:売上高:7,200.00億円( △2.5%)、営業利益: 830.00億円(3.8%)
・原価:53.56%(昨年 55.58%):-2.02、売上総利益:46.44%(昨年 44.42%):+2.02
・経費:36.38%(昨年 35.00%):+1.38
・営業利益:10.06%(昨年9.42%):+0.64

ユニ・チャームのコメント:
・当社グループは、“世界中の全ての人々のために、快適と感動と喜びを与えるよう な、世界初・世界No.1の商品とサービスを提供しつづけます”の基本方針に基づき、独自の不織布加工・成形技 術と消費者ニーズを捉えた商品の開発に努め、あらゆる世代の人々がお互いに負担を感じることなく、その人らし さを尊重し合いながら暮らせる「共生社会」の実現に向けて取り組んでまいりました。
・1.パーソナルケア:
・ベビーケア関連商品:
・海外では、安心、安全な日本からの高付加価値輸入商品の需要が高い中国におきまして、引き続きインターネッ ト販売の強化と『ムーニー』ブランドの認知拡大に取り組んだほか、パンツタイプ紙おむつの普及促進に努めてま いりました。また、新興国のなかでも紙おむつの普及率がまだ低いインドにおきましても、パンツタイプ紙おむつ で普及促進を図りながら販売エリアとシェアの拡大に努めてまいりました。
国内では、ふんわりぴたりでモレ安心の『ムーニーマン エアフィット Sサイズ』に世界初※1の3D設計“ゆ るうんちポケット”を搭載し、ゆるいうんちの量が増加するSサイズ期の背中からのモレを低減した商品に改良い たしました。また、ディズニーキャラクターのかわいいデザインとたっぷり吸収の『マミーポコ』ブランドでハロ ウィンデザインを企画したほか、おねしょパンツ、トレーニングパンツといったサブカテゴリー商品とのリレーシ ョン強化とラインアップの拡充を図ってまいりました。
・2.ペットケア:
・国内ペットトイレタリーにおきましては、おしっこの吸収スピードと逆戻りを大幅に改良する「さらふわ吸収シ ート」を採用※1した『デオシート』ブランドに「トロピカルソープの香り」を夏季限定発売し、香りシートの更 なる活性化に取り組んでまいりました。
・国内ペットフードにおきましては、スーパーグルメフード『銀のスプーン三ツ星グルメ』ブランドに一箱で4種 類の味が楽しめる期間限定フレーバー「季節のお魚セレクト 4種のアソート」を限定発売したほか、テレビコマ ーシャルを積極的に展開し、高付加価値市場創造に努めてまいりました。
・北米市場におきましては、日本の技術を搭載した犬用シートや軽量タイプ猫砂の販売が引き続き堅調に推移した ほか、米国初のコンセプトとなる猫用ウェットタイプおやつ『Hartz Delectables』でテレビコマーシャルと連動 した消費者テストを北東地域で展開し、今後の更なる成長の準備を進めてまいりました。

ユニ・チャームの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8113.T

PI研のコメント:
・ユニ・チャームが11/4、2016年12月期の第3四半期決算を公表しました。結果は減収、微増益とやや厳しい決算となりました。ただ、ユニ・チャームは海外比率が50%以上であるため、今期は円安の影響が大きかったといえます。したがって、その影響、すなわち、為替変動を除くと約5%増収、営業利益では約8%増益とのことであり、堅調な結果といえます。それにしても、力を入れている中国市場は「安心、安全な日本からの高付加価値輸入商品の需要が高い中国」とことであり、ネットを通じた日本からの輸入が急増しており、いわゆる爆外がネット市場に移りつつあるとのことです。ユニ・チャーム、国内市場は堅調に推移していますので、為替相場が安定すれば、数字は落ち着くといえ、今期予想も減収増益ですが、今後の為替相場の推移を含め、海外動向に注目といえます。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

November 8, 2016 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ユニ・チャーム、、第3四半期決算、減収増益!:

Comments

Post a comment