« 三陽商会、第3四半期決算、減収赤字! | Main | 購買×検索データ、マーケティング、オンデマンド! »

November 02, 2016

コアCPI(消費者物価指数)、2016年9月、-0.5%!

2015年 基準消費者物価指数:10/28
・全国平成 28年 (2016年)9月分:総務省統計局:
・http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/pdf/zenkoku.pdf
・消費者物価指数 7か月連続マイナス:
・NHK:10/28
・http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161028/k10010747461000.html
・先月(9月)の全国の消費者物価指数は、原油価格の下落の影響に加えて、家電製品の値下がりが続いていることなどから、変動の大きい生鮮食品を除いた指数が去年の同じ月を0.5%下回り、7か月連続でマイナスとなりました。

概要:
・総合指数は2015年(平成27年)を100として99.8、前月比は0.2%の上昇、前年同月比は0.5%の下落
生鮮食品を除く総合指数は99.6、前月と同水準、前年同月比は0.5%の下落
食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は100.4、前月と同水準、前年同月とも同水準
総合指数の前年同月比に寄与した主な内訳:
・下落:
・光熱・水道 電気代 -6.5%(-0.22)、交通・通信 自動車等関係費 -2.3%(-0.19)
・上昇:
食料 生鮮魚介 5.1%(0.07)

食料のみ:0.6(前円同月比)
・穀類1.4、魚介類3.8、肉類1.3、乳卵類-1.1、野菜・海藻-1.8、乾物・加工品類1.0、果物-3.2、油脂・調味料0.8、菓子類1.6、調理食品0.7、飲料0.5、酒類-0.1、外食0.7

参考:基調的なインフレ率を捕捉するための指標(速報)
・日本銀行:10/28
・http://www.boj.or.jp/research/research_data/cpi/cpipre.pdf
1)総合(除く生鮮食品・エネルギー)・総合(除く食料・エネルギー)
  ⇒総合(除く生鮮食品・エネルギー): 8月0.4→9月0.2
2)刈込平均値・ラスパイレス連鎖指数
  ⇒刈込平均値: 8月0.0→9月-0.1
3)上昇・下落品目比率
  ⇒上昇品目比率-下落品目比率: 8月34.0→9月28.1

PI研のコメント:
・10/28、総務省統計局から2016年9月度のCPI(消費者物価指数)が公表されました。結果はコア指数が0.5%の下落、7か月連続でマイナスとなり、依然として政府、日銀が目指している2.0%との差は大きいといえます。同日、日銀も「基調的なインフレ率を捕捉するための指標(速報)」を公表していますが、総合(除く生鮮食品・エネルギー)は0.2%とプラスですが、やはり、2.0%とは隔たりがあります。ちなみに、上昇要因となったのは食料 生鮮魚介 5.1%ですが、食料全体は0.6%ですので、食料も2.0%には大きな差があります。その食料ですが、「穀類1.4、魚介類3.8、肉類1.3、乳卵類-1.1、野菜・海藻-1.8、乾物・加工品類1.0、果物-3.2、油脂・調味料0.8、菓子類1.6、調理食品0.7、飲料0.5、酒類-0.1、外食0.7」という結果であり、2.0%を超えたのは、魚介類3.8のみです。CPI、当面、このような状況が継続しそうですので、今後、日銀、政府としては、より強力な政策を打ち出すのか、この状況を前提として、政策を見直すか、その決断が問われる段階に入ったといえそうです。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW!:2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
     *お申し込みはこちら
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
   *http://archives.mag2.com/0000193836/
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設645人!
   *https://www.facebook.com/groups/133574913429782/

November 2, 2016 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コアCPI(消費者物価指数)、2016年9月、-0.5%!:

Comments

Post a comment