« 食品スーパー、AIの時代へ、NEC、リリース! | Main | ドラックストア、気象データ調査報告! »

March 11, 2017

Instacart、約400億円調達、企業価値3,500億円突破!

Instacart Raises Funding Valuing Grocery Startup at $3.4 Billion:
・Bloomberg:3/8
・https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-03-07/instacart-raises-funding-valuing-grocery-startup-at-3-4-billion
・Online grocery delivery startup Instacart Inc. has raised a $400 million round of venture funding, said people familiar with the deal.
・With the additional capital, the San Francisco-based company’s valuation has risen to $3.4 billion, said the people, who asked not to be identified because the matter isn’t public. The investment was led by Sequoia Capital, which had led an earlier round, the people said.

関連記事:
・食料品配達のInstacartが4億ドル調達 ― バリュエーションは34億ドル:
・TechCrunch Japan:3/8
・http://jp.techcrunch.com/2017/03/08/20170307instacart-raises-400-million-at-a-3-4-billion-valuation-to-deliver-groceries-on-demand/
・食料品配達を手がけるInstacartが約4億ドルの資金調達を完了したことが明らかとなった。今回のディールの内情に詳しい情報提供者によれば、バリュエーションは34億ドルとのこと。巨大な規模となった今回の資金調達の噂を最初に報じたのはAxiosだった。Instacartの幹部から今回の件についてコメントを得ることはできなかった。
Bloombergによれば、本調達ラウンドをリードしたのはSequoia Capitalだ。InstacartはY Combinatorの「startup factory」から2012年に誕生したスタートアップ。Sequoiaの他にも、Andreessen Horowitz、KPCB、Whole Foodsなども同社に資本参加している。Whole Foods MarketsとCostCoのスーパーマーケットの中にはInstacart会員専用の特設エリアが設けられており、支払いをスピーディに終えることができる専用レジ「express lanes」も設置されている。

Instacart:
・https://shoppers.instacart.com/

参考記事1:2016/09/02
・Instacartが普段の食料品の買い物の仕方を変える:
・TechCrunch Japan:
・http://jp.techcrunch.com/2016/09/02/20160831instacarts-app-has-changed-grocery-stores-for-good/

参考記事2:2015/02/18
・「インスタカートInstacart」って何?Whole Foodsで見つけた新サービス:
・Pepite New York:
・https://mikissh.com/diary/wholefoods-instacart/

PI研のコメント:
・Instacart、アメリカで2012年に生まれた食品スーパー向けのヴェンチャービジネスですが、3/8、新たに約400億円超の資金調達をし、企業価値が約3,500億円を上回ったとのことです。なぜ、これほど、このビジネスが注目されるかですが、ホールフーズマーケットも資本参加しているとのことで、全米の食品スーパーとの連携が可能なユニークなビジネススキームを開発したことにあるといえます。実際、ホールフーズマーケットでInstacartを体験した記事を読むと、実に興味深い仕組みです。すでにホールフーズマーケットの店舗内にInstacartのレジが確保されており、消費者からスマホ等、オンラインで受けた注文を店内でピックアップ、それをその専用レジでスキャン、精算の後、専用レジ袋に入れ、車で1時間以内に配達、すべての作業を時給最低保証20ドルのパートがこなすという、いわば買い物代行業を全米規模で作り上げようとしているといえます。この流れはウーバーからはじまった流れといえ、すでに、食品スーパーはもちろん、レストラン業界等、様々な業界で競争がはじまっているとのことです。投資家は、ここが勝負処と見て、今回、Instacartに多額の投資をしたといえます。それにしても、ほぼすべての作業を膨大な高額時給のパートで回すわけですので、凄い仕組みです。ホームぺージを見ると、車を持っているか、否か、持っていない場合はShopper、Cashier、持っている場合はDriver、Driver+Shopperに分かれており、そこに応募するパートを様々な店舗に振り分け、配置、注文チャンスを逃さない体制をつくるわけですので、複雑なマッチングの膨大な計算が背後に動いているといえます。まさに、ウーバーのビジネスモデルの食品スーパー版ともいえる新規ビジネスといえるわけです。いずれ、日本でも登場する可能性は高く、ネットスーパー、宅配ビジネスを大きく変える可能性もあるといえます。Instacart、今回の多額の資金調達後、どのように企業が激変してゆくのか、その動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回、3/6!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

March 11, 2017 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Instacart、約400億円調達、企業価値3,500億円突破!:

Comments

Post a comment