« ドラックストア、気象データ調査報告! | Main | 新店情報、その1:コスモス薬品! »

March 13, 2017

食品スーパー、コンビニ、気象データ調査報告!

スーパーマーケット及び コンビニエンスストア分野における
気候リスク評価に関する調査報告書:

・気象庁 地球環境・海洋部 :平成 28 年 10 月
・http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/pdf/H27sm-cvs_rep.pdf
・平成 27 年度は、スーパーマーケ ット及びコンビニエンスストア分野での気候リス ク評価の調査を新たに実施した。本報告では、こ れまで調査を実施していないこれらの分野で取り 扱う食品を中心とした商品について、販売データ (POS データ)を用いて、商品と気象の関係分析 結果をまとめた。特に、これまでのアパレル・フ ァッション産業分野及びドラッグストア産業分野 における調査の中で気候リスクの高まる気象条件 として注目した、販売数が急増する気温(基準温 度)を多くの品目について効率的に推定するため の客観的な手法の検討結果について詳細に報告す る。さらに、2 週間先までの気温予測情報に基づ く、気候リスクへの対応策の検討についても示す。 本報告をもとに、食品を扱う小売分野での気候リ スクの評価及び対策に役立てていただければ幸い である。

クラスター分析:
・地域別、店舗種類別に 7 日間平均販売数を用い て、クラスター分析を行った。ここで、販売数デ ータは平均が 0、分散が 1 となるように正規化し た。東京のスーパーマーケットにおけるクラスタ ー分析結果の樹形図をみると、 大きく 3 つのクラスター(G1,G2,G3)に分けられ、G 1 群はさらに G1a 群、G1b 群に分けられる。また、 これら 4 つのクラスター(G1a,G1b,G2,G3)の各平 均の時系列図をみると、G1a,G 1b 群は夏季に販売数が伸びる品目であり、G1b 群 は年末年始にも販売数が伸びることが分かる。ま た、G2 群は冬季に、G3 群は主に春季に販売数が伸 びる品目が分類されていることが分かる。その他 の地域、店舗種類においても、販売数が夏季、冬 季に伸びる品目、その他の品目、の大きく 3 つの クラスターに分けられる点は同様であった。

昇温期における基準温度一覧:S:食品スーパー、C:コンビニエンスストア
・札幌:S:21℃ シロップ_かき氷用、C: 16℃ デザート類_ゼリー
・仙台 :S:8℃ つゆ_鍋用 インスタントシチュー チョコレート 17℃ コーヒードリンク 25℃ シロップ_かき氷用 ファミリーアイス スポーツドリンク、C:25℃ ファミリーアイス スポーツドリンク
・東京 :S:11℃ チョコレート 26℃ スポーツドリンク 15℃ つゆ_鍋用 、C:26℃ スポーツドリンク ビール
・大阪 :S:12℃ つゆ_鍋用 インスタントシチュー 28℃ シロップ_かき氷用
・福岡 :S:12℃ チョコレート 14℃ つゆ_鍋用 29℃ シロップ_かき氷用 ファミリーアイス スポーツドリンク、C:30℃ デザート類_ゼリー ファミリーアイス

降温期における基準温度一覧 :
・札幌:S: 1℃ シリアル類 13℃ 豆腐、C: 1℃ ボディシャンプー・リンス
・仙台:S:13℃ ココアドリンク 牛乳 、C:13℃ ティッシュペーパー
・東京:S: 15℃ チョコレート
・大阪:S: 7℃ はんぺん 18℃ ココアドリンク 日本茶・麦茶ドリンク
・福岡:S: 8℃ 揚げ物

PI研のコメント:
・気象ビジネス推進コンソーシアムに加盟し、設立集会に行ってきました。約200名が出席、気象庁長官もあいさつに立ち、ここまでやるかというくらい、ぎりぎりセーフ、アウト、すれすれを狙うアグレッシブな会にしてゆきたいとのことでした。5月からは改正個人情報保護法が完全施行されますので、ビッグデータの時代に先駆けて、気象データ活用のコンソーシアムが立ち上がったといえます。気象庁ではすでに、ここ数年、食品スーパー、コンビニ、ドラックストアのPOSデータをもとに気象との関係を研究していますが、この調査報告書は食品スーパーとコンビニの研究成果です。クラスター分析の結果、大きく3つに商品が分かれるとのことで、また、その中には年末年始特有の商品もあるとのことです。また、気温の上昇期と下降期により、大きく販売数量が伸びる商品が違うとのことで、様々な研究成果が生まれています。また、地域もあるとのことで、気温と商品との関係は様々な要素を考慮してマーチャンダイジング政策を構築する必要があるとのことです。食品スーパーと気温、まだまだ、はじまったばかりの研究ですので、気象ビジネス推進コンソーシアムの中でも今後取り上げられてゆくメインテーマのひとつになるのではと思います。その時は、是非、ID-POSデータと気温の関係を研究できればと思います。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第7回、3/6!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

March 13, 2017 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパー、コンビニ、気象データ調査報告!:

Comments

Post a comment