« その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10! | Main | 野菜とブロックチェーン、実証実験はじまる! »

April 09, 2017

ブロックチェーン、地方創生、実証実験!

千葉市でブロックチェーン技術を活用した地域スタンプラリーの実証実験を開始:
ー地域の自治体や金融機関と連携し、地方創生を推進ー

・富士通株式会社:3/16
・http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/03/16.html
・当社は、地方創生の実現に向けて、取組みを推進する千葉県千葉市(市長:熊谷 俊人、以下、千葉市)の後援、株式会社千葉銀行(頭取:佐久間 英利、以下、千葉銀行)の協賛をうけ、ブロックチェーン技術を活用した地域スタンプラリーの実証実験を、2017年3月20日より千葉市中央区の千葉銀座通りを中心に実施します。
・地域スタンプラリーは、地域の金融機関・地場企業や自治体と連携し、その地域に縁のあるアニメ・スポーツ・観光地・グルメなどのコンテンツを活用することで、地域に人を誘致します。
・当社は、スタンプラリーのサービスを通じて、参加者の行動データを収集・蓄積し、分析します。分析したデータは個人を特定できないように加工した状態で地域の金融機関・地場企業や自治体に提供していきます。データを活用することで、新商品の開発・マーケティングや、地方創生に活用できる地域の周遊経路の最適化などが期待できます。また、スタンプラリーにブロックチェーン技術を活用することで、履歴の変更が事実上困難になり、過去のすべての取引履歴が残り続けるという透明性と信頼性の高さを実現し、コンテンツ利用料の精算管理、スタンプの発行管理、参加者の動線把握などが行えます。
・当社は今後、日本全国の各地域で様々なコンテンツを活用した地域スタンプラリーを実施し、地域の金融機関や自治体と共に地方創生に積極的に取組んでいきます。
・ブロックチェーン技術:
・ネットワークに接続された複数のコンピュータが取引記録などを共有し、相互に認証する仕組み。 特定の管理者がいないため、改ざんや攻撃に強い。
・俺ガイル:
・千葉県千葉市周辺の実在する街を舞台とした主人公の男子高校生を中心に展開する学園ストーリー。作中にも千葉に関連する事物が多数登場する。
・FIFJ:
・国内の金融機関と国内外のFintech企業が集い、消費者・企業向け金融サービスのオープンイノベーションを加速することを目的として富士通が設立した、Fintechの潮流や各企業の活動情報を共有するコンソーシアム。参加企業数【金融機関:135社】、【Fintech企業:139社】(2017年3月1日時点)
・FlowSign Light:
・スマートフォンなどのスマートデバイスを、LEDにID情報を埋め込んだ光を照射した対象物にかざすことで、対象物に紐づく情報を取得できる技術。本技術は、株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木繁)が開発。

PI研のコメント:
・これまでブロックチェーンはビットコインとイコールのように一般にはとらえられていたきらいがありますが、この2つの関係はビットコインがブロックチェーンの実践的な応用のひとつにすぎないのが実態といえます。今回取り上げた富士通の千葉市での地域スタンプラリーの実証実験は、ブロックチェーンの技術を地方創生、しかも、地域スタンプに応用したものであり、興味深いものです。そもそもブロックチェーンはデータの分散管理技術ですので、それがお金である必要はなく、あらゆるデータに応用できるものといえます。今回のスタンプラリーはIDを内蔵した光をスマートフォンで読み取って、スタンプを受け取り、そのスタンプ受け取りの行動履歴を一か所ではなく、複数の箇所で同時に管理し、来訪者の行動履歴を分析可能にするものです。したがって、お金の管理はもちろんですが、様々な取引データの履歴管理が可能となります。しかも、改ざんすることはほぼ不可能な技術ですので、精度の高い取引データの管理が可能となるわけです。この実証実験では、その行動履歴を「個人を特定できないように加工した状態で地域の金融機関・地場企業や自治体に提供」とのことですので、ここからはいわゆるデータベース、そして、ビッグデータの分析の世界となるわけです。ブロックチェーン、このように地方創生にも実践活用ができるということは、近い将来、小売業の顧客の行動履歴にも十分応用が可能と思われますので、今後、POS、特にID-POSデータ分析の必須技術となり、そこに、ポイントはもちろん、お金そのものもブロックチェーンの世界の中で動いてゆく時代になるのではないかと思います。ブロックチェーン、Fintech(フィンテック)の中核技術と言われていますが、流通業の中核技術、retailtech(リテールテック)にも今後大いに活用が期待されるでのはないかと思います。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.NEW! 隔週、ID-POS分析の連載スタート、DRM オンライン、第9回、4/3!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設655人!
 4.2016年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
  *現在Vol.3、ご要望を取り入れ、すばやく改定:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!

« その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10! | Main | 野菜とブロックチェーン、実証実験はじまる! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブロックチェーン、地方創生、実証実験!:

« その2:世界の小売業ランキング2017、ベスト10! | Main | 野菜とブロックチェーン、実証実験はじまる! »