« 経営者心理って何だ? eラーニンングになりました! | Main | 北雄ラッキーの株5.5%をアークス横山社長が取得! »

August 16, 2017

Tableau(タブロー)、自然言語での分析へ挑戦!

TableauがClearGraphを買収、自然言語を使ってデータ分析が行えるようになる:
・TechCrunch Japan:8/10
・ビジネスインテリジェンスと分析を提供するTableauは、本日(米国時間8月9日)ClearGraphの買収を発表した。ClearGraphは、自然言語によるクエリ(例えば「今週の500ドル以上の取引を取得」など)によって、膨大なビジネスデータのクエリとビジュアライズを行なうことのできるサービスだ。Tableauはこのテクノロジーを自社の製品に統合し、ユーザーたちがそうした自然言語による問い合わせを使ってデータのビジュアライズを簡単に行えるようにする予定だ。
・Ajenstatはまた、この新技術は、同社がより広範囲のユーザーにアプローチすることに役立つと考えている。「Tableauは使いやすさの点でトップクラスですが、企業内のデータを分析できるユーザーの数も増えています」と彼は語った。また、次の潜在的なユーザたちはカジュアルなユーザかもしれないが、彼らの質問は単純ではない、そここそがTableauが成功するために、ClearGraphの自然言語処理技術が役立つ場所だと考えられているところだ。

Welcome to Tableau, ClearGraph team!:
・Tableau:10/9
・Tableau has been singularly focused on our mission to help people see and understand their data since we were founded 14 years ago. Today, we announced that we’ve taken another step forward in our mission by acquiring ClearGraph, a company that enables smart data discovery and data analysis through Natural Language Processing (NLP).

PI研のコメント(facebook):
・8/9、Tableau(タブロー)がClearGraphの買収を発表を公表しました。ClearGraphは2014年に設立、「自然言語によるクエリ(例えば「今週の500ドル以上の取引を取得」など)によって、膨大なビジネスデータのクエリとビジュアライズを行なうことのできるサービス」を開発しているヴェンチャー企業とのことです。これまでTableau(タブロー)は様々な記述を取り入れ、BIツールを進化させてきましたが、自然言語で分析ができるようになる技術の取り込みははじめてといえ、業界でもまだ事例はないといえます。現在でもBIツールのトップを走るTableau(タブロー)ですが、これが実現すればBIツールの新たな次元の確立といえ、その動向に注目です。ただ、日本語にも対応するのかどうかは現時点では不明ですが、是非、日本語対応にも挑戦して欲しいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

August 16, 2017 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tableau(タブロー)、自然言語での分析へ挑戦!:

Comments

Post a comment