« NTTドコモ、HANAとTableau導入! | Main | オイシックスドット大地、農業競争力強化支援法、認定1号! »

September 27, 2017

クスリのアオキH、2018年5月、第1四半期、利益好調!

クスリのアオキホールディングス、2018年5月、第1四半期決算:9/20

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:987.21億円
・自己資本比率:38.4%(昨年 37.5%)
・現金及び預金:89.61億円(総資産比 9.08%)
・有利子負債:183.08億円(総資産比 18.55%)
・買掛金 :286.12億円(総資産比 28.99%)
・利益剰余金 :347.52億円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:544.10億円(  %) 、営業利益:32.75億円(  %)
・経常利益:34.35億円(  %)、当期純利益:23.44億円(  %)
・通期予想:
  ⇒売上高:2,200.00億円(16.6%:進捗24.74%)
  ⇒営業利益:109.22億円(2.3%:進捗29.99%)
・原価:72.53%(昨年   %):、売上総利益:27.47%(昨年   %)
・経費:21.46%(昨年   %):
・営業利益:6.01%(昨年   %):

クスリのアオキホールディングスのコメント:
・当社は平成28年11月21日付で当社を株式交換完全親会社、クスリのアオキを株式交換完全子会社とする株式交換を実 施いたしました。本株式交換は、企業結合会計上の逆取得に該当し、当社が被取得企業、クスリのアオキが取得企業と なるため、連結財務諸表については、当社の株式交換直前の財務諸表上の資産・負債を時価評価した上で、識別可能な 資産・負債をクスリのアオキの貸借対照表に引き継いでおります。
・ドラッグストア業界におきましては、激しい出店競争や価格競争に加え、M&Aによる寡占化や他業種からの参 入により厳しさが増し、依然として厳しい経営環境が続いております。
・このような環境の中、当社グループは、「健康と美と衛生を通じて、社会から期待される企業作りを目指しま す。」という理念の下、地域のお客様に支持される売場づくりに努めるとともに、既存店の活性化に注力し、5店 舗の全面改装を実施いたしました。
・店舗の新設につきましては、ドラッグストアを、新潟県に1店舗、埼玉県に1店舗、栃木県に1店舗、岐阜県に 3店舗、愛知県に2店舗の合計8店舗の出店を行い、さらなるドミナント化を推進いたしました。また、ドラッグストア併設調剤薬局を、新潟県に1薬局、栃木県に1薬局、岐阜県に1薬局、奈良県に1薬局、 京都府に1薬局の合計5薬局を新規に開設いたしました。
・この結果、当第1四半期連結会計期間末の当社グループの店舗数は、ドラッグストア388店舗(内調剤薬局併設 179店舗)、調剤専門薬局6店舗の合計394店舗となっております。

クスリのアオキホールディングス:9/25
・時価総額 201,148百万円(9/25) =6,390円(9/25) × 31,478,560株(9/25)
・株価6,390円(9/25)=PER(会社予想): 24.52倍(9/25)×EPS 260.61円(2018/5)
・株価6,390円(9/25)=PBR(実績):5.30倍(9/25)×BPS 31,205.49円(2017/5)

PI研のコメント(facebook):
・クスリのアオキHが9/20、2018年5月期の第1四半期決算を公表しました。今期はホールディングスへ移管したため、昨年対比はありませんので、今期のみの決算となりますが、今期予想との比較を見ると、売上高は24.74%、営業利益は29.99%ですので、予想以上に営業利益が好調といえます。ただ、株価は決算発表後下落していますので、投資家は売りとみたようです。中国のインバウンド規制、他社との競合状況、今後の成長戦略等が株価に影響を与えた可能性もありますが、決算発表後は大量の売りが出ている状況です。その後は株価は安定していますが、今後の推移が気になるところです。クスリのアオキHも「激しい出店競争や価格競争に加え、M&Aによる寡占化や他業種からの参 入により厳しさが増し、依然として厳しい経営環境が続いて」とコメントしているように、業界動向は厳しい経営環境にあるといえますので、業績だけでなく、今後の見通しをどう示すかが課題といえます。クスリのアオキHは、「新潟県に1店舗、埼玉県に1店舗、栃木県に1店舗、岐阜県に 3店舗、愛知県に2店舗の合計8店舗の出店」と、北陸を基盤に広域に新規出店をしており、競合状況は厳しさを増しているといえます。ホールディングスになった今後、新規出店に加え、M&Aも成長戦略の柱になってゆくと思われますが、次の四半期、そして、今期、厳しい競合状況の中、M&Aを含め、どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
NEW!!  10/17(火):ID付POSデータ実践活用セミナー
       お申込みはこちら!

 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

« NTTドコモ、HANAとTableau導入! | Main | オイシックスドット大地、農業競争力強化支援法、認定1号! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クスリのアオキH、2018年5月、第1四半期、利益好調!:

« NTTドコモ、HANAとTableau導入! | Main | オイシックスドット大地、農業競争力強化支援法、認定1号! »