« ツルハH、杏林堂グループへM&A、業界首位の売上高へ! | Main | オーシャンシステム(チャレンジャー)、カワサキをM&A! »

September 14, 2017

クローガー、中間決算、増収減益、株価低迷!

Kroger Reports Second Quarter Results:9/8

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:3,324(昨年 3,032)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(1,450)(43.63%:昨年(1,940))
  ⇒Payments for property and equipment, including payments for lease buyouts :(1,522)(昨年(2,046))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(1,378)(昨年(1,050))
  ⇒Treasury stock purchases:(1,030)(昨年 (1,071))
・現金及び現金同等物の増減額496(昨年42)

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産:36,600
・自己資本比率:16.79%(昨年19.05%)
・現金及び預金: 319(総資産比 0.88%)
・有利子負債:13,100(総資産比 35.80%)
・買掛金:6,003(総資産比 16.41%)

P/L関連:キャッシュの創出:In millions
・売上高:63,882(4.44%)、営業利益:1,300(△30.29%)
・当期純利益 656 (△39.20%)
・原価:78.10%(昨年 77.44%):+0.66、売上総利益:21.90%(昨年 22.56%):-0.66
・経費:19.87%(昨年 19.52%):+0.35
・営業利益:2.03%(昨年3.04%):-1.01

Comments from Chairman and CEO Rodney McMullen:
・"Through innovation, Kroger is redefining the food and grocery customer experience based on our core strengths. Our second quarter results demonstrate the progress we've made. We returned to positive identical supermarket sales growth in the second quarter. We had strong growth in both loyal and total households. Traffic is up, unit movement is up, market share is up, and our customers' price perception is excellent and continues to improve. We have and always will put the customer first in all we do."

クローガーの株価:9/12
・時価総額 19,270,940千ドル(9/12) =21.58ドル(9/12) × 893,000,000株(9/12)
・株価21.58ドル(9/12)=PER(会社予想):10.37倍(9/12)×EPS 2.08ドル2017/1)
・株価21.58ドル(9/12)=PBR(実績):2.98倍(9/12)×BPS 7.25ドル(2017/1)

PI研のコメント(facebook):
・クローガーが9/12、2017年1月期の中間決算を公表しました。株価が低迷する中での決算発表であり、投資家が注目していたといえます。結果は増収、減益、四半期のみで見ると改善が見られますが、累計では依然として厳しい結果といえます。投資家も積極的な買いには入れないようです。株価も依然低迷、20ドル前後で推移しています。クローガーのCF(キャッシュフロー)を見ると、投資と財務、ほぼ半々のキャッシュの配分であり、財務改善、自社株買いにかなりのキャッシュを充てざるを得ず、成長戦略へのキャッシュの配分が十分でないといえます。実際、自己資本比率は16.79%と厳しい状況にあり、有利子負債も1兆円を優に超え、総資産比35.80%と、財務を圧迫しています。しかも、現金はわずか319百万ドルであり、総資産比は0.88%、心配になります。CEOの Rodney McMullen氏はコメントで、Through innovation、インベーションを通し、改革は進展しているとのことで、この中間決算でも、Traffic is up、客数は増加しているとのことです。また、the customer first、カスタマーファーストは堅持とのことですので、ポジティブといえます。クローガー、厳しい決算といえますが、後半戦、どのように利益の改善をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
NEW!!  10/17(火):ID付POSデータ実践活用セミナー
       お申込みはこちら!

 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

« ツルハH、杏林堂グループへM&A、業界首位の売上高へ! | Main | オーシャンシステム(チャレンジャー)、カワサキをM&A! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クローガー、中間決算、増収減益、株価低迷!:

« ツルハH、杏林堂グループへM&A、業界首位の売上高へ! | Main | オーシャンシステム(チャレンジャー)、カワサキをM&A! »