« コアCPI、2017年9月、0.7%、エネルギー押し上げ! | Main | 家計調査、2017年9月、-0.3%、消費低迷! »

November 03, 2017

ヤオコー、都心型小型店、八百幸 成城店オープン!

都市型小型店「八百幸 成城店」開店のご案内
・ヤオコー:11/1
・平成 29 年 11 月 7 日(火)、東京都調布市に「八百幸 成城店」を開店いたしますので、ご案内 申し上げます。 この度の開店により、店舗数は東京都 9 店舗、埼玉県 85 店舗、千葉県に 28 店舗、群馬県 15 店 舗、神奈川県 7 店舗、茨城県 7 店舗、栃木県 5 店舗の計 156 店舗になります。 メンバー一同、地域に密着した「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケット」として頑張って まいります。
・本年度が最終年度となる第8次中期経営計画(2015.4~2018.3)では、出店・成長戦略において、 首都圏ドーナツエリア(都心から 20~40 ㎞圏)への継続的な出店に加えて、より内側となる「都心から 20 ㎞圏内」への出店を検討してまいりました。今般、都市型小型店として初めての出店となり、今後の 都心部出店へ向けた布石といたします。
・店舗面積: 962 平米(291 坪)
・年間売上:初年度 20 億円 (予定)
・商圏人口: 500m 圏内 8.6 千人 (3.9 千世帯)、1km 圏内 35.4 千人(16.1 千世帯)、2km 圏内 160.9 千人 (79.1 千世帯)

八百幸 成城店 ストアコンセプト:
・「素材の美味しさ」を日々実感できるお店
・~「賑わい」溢れる市場のような美味しい物が見つかるお店~
・生鮮:
・精肉は、牛肉の品揃えを強化いたします。和牛では、銘柄牛をはじめとする美味しさの追求と、盛合 せなど食べてみたくなる商品化の実現を目指してまいります。輸入牛では、海外のステーキハウスで 人気の「リブアイステーキ」を主力商品として展開いたします。 鮮魚は、バイヤーによる近海魚やまぐろの市場買付・市場直送を実施し、旬や鮮度の追及によって 美味しさを実現するとともに、変化やバラエティに富んだ売場づくりを行ってまいります。そうした鮮魚 を原料として作る「鮮魚寿司」を導入し、より素材の美味しさを感じられる寿司商品をご提供いたしま す。 青果は、直接の市場買付・市場直送によるタイムリーな情報収集と目利き、生産者・産地との取組み を通して、鮮度が高く美味しい商品を品揃えしてまいります。トマトを強化カテゴリーと位置づけ、 市場活用による産地リレーを実現し美味しい商品を品揃えするとともに、メニューに合った商品が 見つかるバラエティ豊かな専門店の売場を目指してまいります。
・デリカ:
・惣菜は、選ぶ楽しさのある売場を目指し、おかずバイキングを導入いたします。季節や時間帯による、 変化のある売場づくりを行ってまいります。そのほか、素材にこだわった商品を強化し、国産鶏肉・ 国産ごぼうを使用した「鶏かしわおにぎり」を店内手作りにてご提供いたします。香味どりを原料とした 「とり唐揚」と「焼きとり」や、鳥取県境港水揚げのアジを使用した「アジフライ」などを品揃えいたします。
・グロッサリー:
・日配食品は、ナチュラルチーズを強化し、ブリーチーズやチーズ専門店で扱う特殊なチーズまでを 品揃えいたします。「ワインに合うチーズオードブル」を開発し、「スモークシリーズ」として生ハムや サラミ、京鴨などオードブル商品をご提案してまいります。さらには、無添加パンや成城周辺で人気 の高い銘店洋菓子を品揃えし、成城店ならではのこだわり商品を随時導入してまいります。 酒は、ワインの品揃えを強化し、フランスワインを中心とした輸入ワインのコーナーや、産地別に豊富 に取り揃えた国産ワインのコーナーにより、こだわりの品揃えと値頃感のある充実した売場を実現して まいります。 ドライ食品は、つゆ・鍋調味料を強化カテゴリーとして、セミアップやこだわり商品、「白だし」など新規 導入商品を充実させ、素材との組み合わせで料理の幅を広げるご提案をしてまいります。菓子では、 米菓を強化し、定番の“堅焼き・しょうゆ味”に加えて、食感や味など変化に富んだ品揃えや、 ヤオコーでしか買えないPB・オリジナル商品の展開を行ってまいります。

PI研のコメント(facebook):
・11/1、ヤオコーが「都市型小型店「八百幸 成城店」開店のご案内」のニュースリリースを公表しました。これまでヤオコーは「首都圏ドーナツエリア(都心から 20~40 ㎞圏)への継続的な出店」を柱に成長を続けてきましたが、この「八百幸 成城店」は「「都心から 20 ㎞圏内」への出店」であり、今後の都市部への新規出店の布石となる店舗といえます。店舗面積も従来のヤオコーの約半分弱、962 平米(291 坪)であり、すでに都心部でドミナント展開をしているオオゼキなどと比べると大型店といえますが、ヤオコーの中では小型店という位置づけになります。ちなみに、年商20億円が目標ですので、逆算すると1日約3,000人の客数予測といえそうです。都心部で生鮮食品を主体にした食品スーパーを採算ベースに乗せるには1日3,000人は必須といえますので、この顧客数を確保できる商圏とマーチャンダイジング政策が重要といえます。そのマーチャンダイジング政策ですが、成城という所得の高い方が多い立地への出店ですので、「牛肉の品揃えを強化」、「ナチュラルチーズを強化」、「ワインの品揃えを強化」、「バイヤーによる近海魚やまぐろの市場買付・市場直送を実施」、「青果は、直接の市場買付・市場直送によるタイムリーな情報収集と目利き、生産者・産地との取組み」、「トマトを強化カテゴリー」など、「ヤオコーでしか買えないPB・オリジナル商品の展開」へのこだわりを徹底し、他社との差別化をはかってゆくとのことです。ヤオコー、今後、この店舗での実証データを積み上げ、都心から20km圏内への新規出店を増やし、新たな成長戦略、中長期的には「売上高:5,000 億円、店舗数:250 店舗」を目指してゆくと思われますが、その戦略店舗「八百幸 成城店」の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

November 3, 2017 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤオコー、都心型小型店、八百幸 成城店オープン!:

Comments

Post a comment