« AIシフト、政府も民間も! | Main | イオン、デジタルシフト、2020へ向けて! »

December 21, 2017

AIビジネス推進コンソーシアム、設立!

「AI ビジネス推進コンソーシアム」へ参画のお知らせ:
国内の AI サービスの開発力強化と産業界への AI 適用の加速を目指す

・株式会社グリッド(AI ビジネス推進コンソーシアム事務局):12/13
・この度、株式会社グリッド(本社:東京都港区、代表取締役:中村 秀樹 以下 GRID)は、AI のビジネ スでの利用促進を目的に、AI 分野でのアプリケーションやサービス開発、実証実験などに携わる企業 が結集し、関連するノウハウを相互に共有して連携を図る「AI ビジネス推進コンソーシアム」に、参画し たことをお知らせします。
・設立の趣旨:
・昨今、IoT/AI 技術の発達により、データを資源として活用し、新サービスの創出や社会課題の解決に役立てようとする動きが活発化しています。国内でも AI を利用したサービスを展開する企 業は増加傾向にありますが、実証実験や検証の段階にある事例が多く、ビジネスでの利用につい ては未だ黎明期の状態です。AI をビジネスで活用し各企業や組織が世界的なレベルでデジタル トランスフォーメーションを推進するには、各社の AI についての知見や事例を共有し、技術的な底 上げを図る必要があります。 企業各社がノウハウを相互に共有し、AI アプリケーションの共有や、ビジネス相互協力を通して、 人工知能を社会に役立て、ビジネスや研究活動を活性化・推進するため「AI ビジネス推進コン ソーシアム」を設立しました。
・参加企業:11 社 (設立日 2017 年 12 月 13 日現在、50 音順)
・伊藤忠商事株式会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(理事就任) OSIsoft Japan 株式会社 株式会社グリッド(理事就任) 株式会社 zero to one TIS 株式会社(理事就任) 富士通株式会社(理事就任) 丸紅株式会社 丸紅情報システムズ株式会社 三井情報株式会社 三井物産株式会社
・主な活動内容:
・1)人工知能に関連した技術や、ビジネス推進に関する情報交換。 2)人工知能の開発に関連したチュートリアルや、アプリケーションの共有及び情報交換。 3)人工知能の開発に関連したビジネスの相互協力や、ビジネス協業の為の情報交換。 4)目的達成に必要なワーキンググループの設置。

AIビジネス推進コンソーシアム:
・この度AIのビジネスでの利用促進を目的に、AI分野でのアプリケーションやサービス開発に携わる企業が結集し、関連するノウハウを相互に共有して連携を図る「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立します。
ReNom:
・1社で全てのアプリケーションを開発する事は不可能です。このコンソーシアムに参加する企業間で、共有できるケーススタディや、AIを開発する上で基本的な知識を整理し、実際に動くプログラミングコードをオープンにしていく取り組みを開始しました。先行して、すでにwww.ReNom.jpを通じて実際のケーススタディや、基本的なノウハウについて、チュートリアルという形で共有する事を開始しております。
・ニューラルネットワークの概要とリンク:
・データの前処理、データの特徴を確認(option) 、モデルの定義、学習、評価
・基本機能:
・ReNomによる自動微分を用いた基本的な数値計算、Functionalモデル、DropoutやBatch Normalization、Auto Encoder、Trainer、確率的勾配降下法(SGD)の設定、バッチ正規化、ReNomにおけるバッチ正規化の使い方、MNISTを用いたハイパーパラメータ探索、相関係数と決定係数、重みの正則化、Dropout、Layerの出力の結合
・TDAケーススタデ:
・ボストン住宅価格のマッピング、野球データの可視化、企業決算情報の可視化

PI研のコメント(facebook):
・民間でもAIに関する本確定なコンソーシアムが動き始めました。12/13、「発起人であるグリッドの代表取締役の曽我部 完氏」が記者会見をし、「AIビジネス推進コンソーシアム」の設立を宣言しました。グリッドのニュースリリースによれば、AI分野は「実証実験や検証の段階にある事例が多く、ビジネスでの利用につい ては未だ黎明期の状態」とのことで、「各社の AI についての知見や事例を共有し、技術的な底 上げを図る必要」があり、「人工知能を社会に役立て、ビジネスや研究活動を活性化・推進するため「AI ビジネス推進コン ソーシアム」」を設立したとのことです。理事兼事務局を兼ねるグリッドを含め、現在、「伊藤忠商事株式会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(理事就任) OSIsoft Japan 株式会社 株式会社グリッド(理事就任) 株式会社 zero to one TIS 株式会社(理事就任) 富士通株式会社(理事就任) 丸紅株式会社 丸紅情報システムズ株式会社 三井情報株式会社 三井物産株式会社 」の11社が参加しており、コンソーシアムが動きはじめました。すでに、グリッドが先行して、「ReNom」を公開しており、これを見ると、「実際のケーススタディや、基本的なノウハウについて、チュートリアルという形で共有」できるサイトになっています。機械学習、ディープラーニングがメインですが、野球データの可視化、企業決算情報の可視化ではトポロジーを活用したユニークな分析事例が公開されており、今後、AIが様々な分野で活用されるものと思われます。AI、人工知能の活用はまだはじまったばかりといえ、このようなコンソーシアムが今後次々に生まれるものと思われます。2018年度は、まさに、AIシフトの幕開けになるといえ、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析、リリース
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設700人!
 4. 隔週、ID-POS分析の連載、DRM オンライン、第13回、5/29!

December 21, 2017 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AIビジネス推進コンソーシアム、設立!:

Comments

Post a comment