« ベルク、快進撃の理由、東洋経済、5/13! | Main | 家庭用ラップ、生誕60年、2020年! »

May 15, 2018

ベルク、2018年2月期、増収増益、好調!

ベルク 、2018年2月、本決算:4/11

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:12,386百万円(昨年 10,136 百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△9,106 百万円(73.52%:昨年 △7,565百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△7,503百万円(昨年△6,754百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△2,907百万円(昨年 △2,396百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):372百万円 (174百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:106,599百万円
・自己資本比率:54.8%(昨年53.3%)
・現金及び預金:3,891百万円(総資産比 3.65%)
・有利子負債:21,671百万円(総資産比 20.33%)
・買掛金:11,974百万円(総資産比11.24%)
・利益剰余金 :50,486百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益: 211,395百万円(9.2%) 、営業利益:9,521百万円(3.9%)
・経常利益:9,963百万円(4.2%)、当期純利益:6,862百万円(10.5%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:220,525百万円(4.3%:進捗率  %)
  ⇒営業利益:9,811百万円(3.0%:進捗  %)
・原価:74.10%(昨年74.27%):-0.17、売上総利益:25.90%(昨年25.73%):+0.17
・経費:22.18%(昨年21.73%):+0.45
・マーチャンダイジング力:3.72%(昨年4.00%):-0.28
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:0.84%(昨年0.79%):+0.05
・営業利益:+4.56%(昨年+4.79%):-0.23

ベルクのコメント:
・当社グループは、スーパーマーケットとして地域社会の人々により充実した生活を提供 すべく、「Better Quality & Lower Price」を掲げ、おいしく鮮度の良い商品の販売、価格訴求及びお客さまに 支持され信頼される店舗づくりを推進いたしました。
・販売政策におきましては、ポイントカード販促及びチラシ価格の強化、ネットチラシにより、お客さまの来店 動機を高め、生活催事に合わせた売場づくり、品切れの削減及び接客レベルの向上を引き続き行うことにより、 固定客化を図る取り組みを実施いたしました。また、移動スーパーの展開により、高齢者等に対する買物支援の 取り組みを行いました。
・平成29年4月には店舗数が100店舗となり、お客さまからの永年のご愛顧に感謝し、「100店舗達成!謝恩セー ル」を実施いたしました。
・商品政策におきましては、より良い産地からの商品調達、直輸入商品の開発を行うことにより、品質の良い商 品をお求めやすい価格にてご提供いたしました。
・店舗運営におきましては、当社最大の特長である標準化された企業体制を基盤にLSP(作業割当システム) の定着化、適正な人員配置、省力器具の活用による効率的なチェーンオペレーションを推進いたしました。また、 さらなる商品力強化、サービスレベル向上を図るため、各種研修プログラムの充実を行い、従業員教育の強化に 取り組みました。
・店舗投資におきましては、平成29年4月千葉県千葉市に「フォルテ蘇我店」、埼玉県八潮市に「八潮鶴ケ曽根 店」、6月東京都青梅市に「青梅今井店」、7月埼玉県鶴ヶ島市に「鶴ヶ丘店」、9月埼玉県三郷市に「三郷戸 ヶ崎店」、10月神奈川県座間市に「座間南栗原店」、11月群馬県渋川市に「渋川店」の7店舗を新規出店し、平 成30年2月末現在の店舗数は106店舗となりました。また、競争力の強化及び標準化の推進のため、既存店9店舗 の改装を実施し、惣菜及び簡便商品の拡充、快適なお買物空間を提供するための設備の更新、生産性向上を目的 にセミセルフレジ導入等を推進いたしました。
・物流体制におきましては、2つの自社物流センターにて、商品を産地やメーカーから大量一括調達することに より配送効率を高め、商品の価格強化、品質の安定化を目指しました。また、店舗作業に合わせた配送体制の見 直しを引き続き行い、店舗運営の効率化に取り組みました。

ベルクの株価:5/11
・時価総額122,494百万円(5/11) =5,870円(5/11) ×20,867,800株(5/11)
・株価5,870円(5/11)=PER(会社予想):17.76倍(5/11)×EPS330.48円(2019/2)
・株価5,870円(5/11)=PBR(実績):2.10倍(5/11)×BPS2,799.34円(2018/2)

PI研のコメント(facebook):
・ベルク、26期連続増収、13期連続増益と、今期決算の好調な要因を財務3表で整理してみました。まずはCFですが、好調な決算を反映し、営業キャッシュフローが約20億円増加、そのキャッシュの約70%強を投資、特に、新店開発に配分しています。今期新店は7店舗、全店が106店舗ですので、6%強の新店ですので、結果、既存店も堅調なことから営業収益は9.2%増と好調です。食品スーパー全体が新店への投資を抑制している中、ベルクは積極的な新店、すなわち、成長戦略へキャッシュを配分しているといえます。ついで、B/Sですが、自己資本比率が昨年の53.3%から54.8%と若干改善、好調な決算を受けているといえ、成長戦略だけでなく、財務の健全化にも寄与しているといえます。新店に加え、物流センター等への投資にも積極的ですので、結果、有利子負債が総資産比 20.33%とやや高めなのが気になりますが、キャッシュは増加していますので、今後、漸減してゆくと思われます。P/Lですが、原価改善が進んでおり、ここ最近、年商も2,000億円を超え、スケールメリットを活かしたPB開発も進み、さらに、物流センターも、「商品を産地やメーカーから大量一括調達することに より配送効率を高め」と活用が進み、これらが原価改善に寄与し始めたといえます。一方、経費の方は人件費、水道光熱費等が上昇しており、利益を圧迫しており、気になるところです。ベルク自身も、「当社最大の特長である標準化された企業体制を基盤にLSP(作業割当システム) の定着化、適正な人員配置、省力器具の活用による効率的なチェーンオペレーションを推進」と、業務改善に積極的に取り組んでいますので、どこまで経費比率を削減できるかが課題といえます。ベルク、バランスのよい、財務3表といえ、来期も堅調な増収増益予想ですので、安定した収益の確保が予想されます。約100店舗の食品スーパーとして、極めてバランスのよい成長戦略、財務基盤の強化、物流体制を整えたといえ、今後、ベルクがどのような経営戦略を打ち出してゆくのか、その行くへに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.2018年度版、現在集計中!
  *2017年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析
  *現在Vol.1:お申し込みはこちら
  *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
  *過去8年間を(ドラッグストア6年)、エクセルで自由自在に分析!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設750人!とです。

« ベルク、快進撃の理由、東洋経済、5/13! | Main | 家庭用ラップ、生誕60年、2020年! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベルク、2018年2月期、増収増益、好調!:

« ベルク、快進撃の理由、東洋経済、5/13! | Main | 家庭用ラップ、生誕60年、2020年! »