« 新型コロナ、クラスター対策、厚生労働省、LINE! | Main | 家計調査データ、2月度、新型コロナの影響、鮮明! »

April 07, 2020

google、外出データ公表、131ケ国、東京、交通6割減!

グーグル、131カ国の外出データを公表 新型コロナ対策:
・REUTERS:4/3
・[オークランド(米カリフォルニア州) 2日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの政府が国民の外出を制限をする中、米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルは2日、店舗・公園・職場への外出が減っているかどうかを示す131カ国のデータを公表した。
・ユーザーの携帯電話の位置情報を分析したもので、各国政府が外出制限の順守状況を確認できる最大規模の公表データとなる。調査では2月16日ー3月29日の外出状況を今年初めの5週間と比較した。深刻な感染拡大に見舞われているイタリアでは、レストラン・映画館などを含む小売り・娯楽施設を訪れた人が94%減少。職場を訪れた人は63%減少した。食料品店・薬局を訪れた人は85%減、公園を訪れた人は90%減少した。外出禁止令が出た米カリフォルニア州では、小売り・娯楽施設を訪れた人が半減。一方、大規模な外出規制措置が導入されていない米アーカンソー州では小売り・娯楽施設を訪れた人が29%の減少にとどまった。

Japan March 29, 2020:
・Mobility changes:
・Google prepared this report to help you and public health officials understand responses to social distancing guidance related to COVID-19. This report shouldn’t be used for medical diagnostic,prognostic, or treatment purposes. It also isn’t intended to be used for guidance on personal travel plans.Location accuracy and the understanding of categorized places varies from region to region, so we don’t recommend using this data to compare changes between countries, or between regions with different characteristics (e.g. rural versus urban areas).
・Retail & recreation-26%(United States-47%)、Grocery & pharmacy-7%(-22%)、Parks-25%(-19%)、Transit stations-41%(-51%)(交通機関)、Workplaces-9%(-38%)(出勤)、Residential+7%(+12%)
・Workplaces-9%(出勤)の内訳:
・Chiba-15%、Ibaraki-10%、Kanagawa-23%、Saitama-20%、Tokyo-27%
・Akita+0% 、Aomori+0%、Ehime+0%、Iwate+1%、Kagoshima+4%、Kochi+0%、Miyazaki+2%、Nagasak+3%、Okayama+0%、Okinawa+1%、Saga+0%、Shimane+5%、Tokushima+0%、Tottori+2%、Toyama+0%、Yamaguchi+1%、
・Transit stations-41%の内訳:
・Chiba-51%、Gunma-49%、Ibaraki-51%、Kanagawa-55%、Nagano-44%、Saitama-53%、Tochigi-46%、Tokyo-59%、Yamanashi-51%
・Shimane+4%

PI研のコメント(facebook):
・googleが3/29、世界131ケ国のMobility changes、行動変化を公表しました。REUTERSが4/3に「グーグル、131カ国の外出データを公表 新型コロナ対策」という見出しで記事を配信しています。いわゆる「ユーザーの携帯電話の位置情報を分析」したものであり、「2月16日ー3月29日の外出状況を今年初めの5週間と比較」したものです。131ケ国の国別の分析はもちろんですが、さらに、国ごとに日本では47都道府県別、アメリカでは51州まで掘り下げて公表しています。中国、ロシア、韓国、北朝鮮はありませんが、ほぼ、世界全体の「各国政府が外出制限の順守状況を確認できる最大規模の公表データ」といえます。分析帳票はすべて統一、Retail & recreation-26%(United States-47%)、Grocery & pharmacy-7%(-22%)、Parks-25%(-19%)、Transit stations-41%(-51%)(交通機関)、Workplaces-9%(-38%)(出勤)、Residential+7%(+12%)の6つです。この内、Workplaces-9%(出勤)、Transit stations-41%の2つについて、日本の47都道府県から異常値を集計してみました。日本全体では、それぞれ、Workplaces-9%(出勤)、Transit stations-41%ですが、大きな違いが読み取れます。Workplaces-9%(出勤)では、Chiba-15%、Ibaraki-10%、Kanagawa-23%、Saitama-20%、Tokyo-27%が極めて高く、いわゆるリモートワークに取り組み始めていると思われる数値ですが、Akita+0% 、Aomori+0%、Ehime+0%など、地方では全く変わらない地区もあり、その差が鮮明です。さらに、Transit stations-41%では差があり、Chiba-51%、Gunma-49%、Ibaraki-51%、Kanagawa-55%、Nagano-44%、Saitama-53%、Tochigi-46%、Tokyo-59%、Yamanashi-51%と、特に首都圏は約-50%前後と全体平均-41%よりも高い数値です。こう見ると、新型コロナウイルスの現時点での日本への影響は首都圏が深刻であることが鮮明です。今後、googleはこれに限らず、様々な新型コロナウイルスの影響を世界的な規模で公表してゆくと思われます。日本としては、どうこのデータを活かし、各都道府県の比較はもちろん、世界の国々とも比較し、現状把握と施策の評価を行い、今後の対策をどう進めてゆくかを考える貴重なデータといえます。今後、打ち出される政策により、次のgoogleの公表数値が反転することを期待したいところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #google 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

« 新型コロナ、クラスター対策、厚生労働省、LINE! | Main | 家計調査データ、2月度、新型コロナの影響、鮮明! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 新型コロナ、クラスター対策、厚生労働省、LINE! | Main | 家計調査データ、2月度、新型コロナの影響、鮮明! »