« イオン、本決算、増収増益、過去最高! | Main | 厚生労働省、新型コロナウイルス、感染集計、初公表! »

April 15, 2020

ライフコーポレーション、本決算、増収増益!

ライフコーポレーション、2020年2月期、本決算:4/10

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:54,898百万円(昨年18,235百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△16,067百万円(29.27%:昨年△27,799百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△13,433百万円(昨年△25,209百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△33,521百万円(昨年9,375百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):5,309百万円 (△188百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:262,053百万円
・自己資本比率:31.0%(昨年30.5%)
・現金及び預金:13,213百万円(総資産比 5.05%)
・有利子負債:587,740百万円(総資産比 22.42%)
・買掛金:68,231百万円(総資産比26.04%)
・利益剰余金 :70,435百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:714,684百万円(2.3 %) 、営業利益:13,879百万円(13.0%)
・経常利益:14,558百万円(13.5%)、当期純利益:7,834百万円(5.9%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:726,000百万円(1.6%:進捗率 %)
  ⇒営業利益:14,800百万円(6.6%:進捗 %)
・原価:70.55%(昨年71.22%):-0.67、売上総利益:29.45%(昨年28.78%):+0.67
・経費:30.58%(昨年29.99%):+0.59
・マーチャンダイジング力:-1.13%(昨年-1.21%):+0.08
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:3.12%(昨年3.02%):+0.10
・営業利益:+1.99%(昨年+1.81%):+0.18

ライフコーポレーションのコメント:
・当社グループの事業領域である食品スーパー業界におきましては、前述の情勢に加え高齢化や人口減少によるマー ケット規模の縮小、その状況下における各社の出店攻勢によるオーバーストア状態、人手不足による人件費の増加、 物流コストの上昇等の逆風が強まっております。また、所得が伸び悩む中でのディスカウント業態の伸長、ドラッグ ストア業態による食品取り扱いやネット通販の拡大、キャッシュレス決済に対するポイント還元に伴う消費者の購買 行動の変化等、事業環境の大きな変化が継続しており、企業間の競争はますます激しくなってきております。
・このような経営環境下、当社グループは2018年度よりスタートした「第六次中期計画」において、当社グループが 目指すべき姿を『ライフらしさ宣言』として明文化し、「お店が主役!」、「人への投資」、「店への投資」、「商 品への投資」、「ライフの強み」、「ライフらしさを支える戦略」、「浸透・発展と継続活動」の各アクションプラ ンを掲げ、各種施策を遂行してまいりました。
・「第六次中期計画」の2年目となる当連結会計年度の主な取組みとして、4月にはネットスーパー、来店宅配サー ビスにおける安定した配送網の構築を目的に、セイノーホールディングス株式会社とそのグループ会社である株式会 社ベクトルワンと業務提携契約を締結いたしました。これによりEコマース市場の拡大に伴う配達員不足の問題を改 善し、「第六次中期計画」の柱の一つと位置づけるネットスーパー事業の取組みを更に推進しております。 また、アマゾンジャパン合同会社が運営するAmazon「Prime Now(プライムナウ)」に食品スーパーとして国内初 出店し、東京都内の一部地域において、実際の店舗で取り扱っている生鮮食品や惣菜の販売を9月12日より開始いた しました。これにより当社をご利用いただけなかった地域にお住まいのお客様にも当社商品のお届けが可能となりま した。
・更に、スマホ決済サービスを9月より全店で導入し、新たなキャッシュレス決済手段として「PayPay」、「LINE Pay」、「メルペイ」をご利用いただけるようになり、お客様の利便性が向上いたしました。 加えて、2020年2月に当社のネットスーパーは、2020年オリコン顧客満足度調査の「ネットスーパー」ランキング で、地域別「近畿」・家族構成「ファミリー」の項目でそれぞれ1位を獲得し、多くの方々から高い評価をいただき ました。
・当連結会計年度の新規店舗として、3月に空堀店(大阪府)・玉出東店(大阪府)、4月に都市型小型店の新業態 としてMiniel(ミニエル)西本町店(大阪府)、7月に本一色店(東京都)、8月に川崎ルフロン店(神奈川県)、 9月に安田諸口店(大阪府)・箕面桜ケ丘店(大阪府)、2月にコモレ四谷店(東京都)の8店舗を出店するととも に3店舗を閉鎖した他、既存店舗の高石店(建て替え)、今里店、渋谷東店、東有馬店、幡ヶ谷店、今津駅前店等14 店舗でお客様のニーズの変化に対応した改装を行いました。

ライフコーポレーションの株価:4/13
・時価総額170,775百万円(4/13) =3,195円(4/13) ×53,450,800株(4/13)
・株価3,195円(4/13) =PER(会社予想):18.26倍(4/13)×EPS 174.96円(2021/2)
・株価3,195円(4/13) =PBR(実績):1.84倍(4/13)×BPS 1,735.94円(2020/2)

PI研のコメント(facebook):
・4/10、ライフコーポレーションが2020年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益、特に営業利益は2桁増となる好決算となりました。経費は増加していますが、それを上回る原価の改善に加え、物流、不動産収入等のその他営業収入も増加、ダブルで経費増を相殺し、利益を押し上げたのが好調の要因です。ライフコーポレーション、今期のキャッシュフローを見ると、投資CFが営業CFのわずか29.27%であり、投資を大きく抑制しています。今期は攻めよりも守りを重視した1年であったといえ、内部体制を充実したといえます。財務CFを見ても、短期、長期、リースを削減し、自己株式も取得、昨年と比べてもキャッシュをこちらに大きく配分、にもかかわらず、期末の現金及び現金同等物を増加させており、財務改善にキャッシュを振り向けたといえます。また、今期は、「Amazon「Prime Now(プライムナウ)」に食品スーパーとして国内初 出店」するなど、ネットスーパー事業にも力をいれています。ライフコーポレーション、この好調な決算をいかし、通期予想も増収増益、「第六次中期計画」の3年目となる来期、新型コロナウイルスの影響が読めない中、どのように、内部体制を固め、安定した利益を確保してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ライフコーポレーション 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,130人

« イオン、本決算、増収増益、過去最高! | Main | 厚生労働省、新型コロナウイルス、感染集計、初公表! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« イオン、本決算、増収増益、過去最高! | Main | 厚生労働省、新型コロナウイルス、感染集計、初公表! »