« 商品は2つの売上がある! | Main | CPI(消費者物価指数)、4月度、-0.2%! »

May 28, 2020

食品スーパーマーケットの粗利と経費を考えてみる!

PI研のコメント(facebook):
・ブログ、食品スーパーマーケット最新情報、第5,328号となります。テーマは「食品スーパーマーケットの粗利と経費を考えてみる!」です。このブログが今から約10年前、2009年7月21日に公開したもので、いまでも人気のブログです。googleで「食品スーパーの経費比率」で検索すると、第1位(5月現在)となります。それだけ、食品スーパーの粗利と経費には関心が高いといえます。この2つの関係はグラフにしてみれば明らかですが、y=Xの直線状にきれいにならび、ほぼトントンというのが実態です。約10年前は双方約25%でしたが、2019年、昨年の最新数値では約26%ですので、この10年で約1ポイント上昇しているといえます。また、約半数の食品スーパーは粗利-経費がマイナスとなりますので、これを補うためにその他営業収入、物流収入、不動産収入等で営業利益をプラスにもっていっていることがわかります。これがいわゆるMD力であり、このブログはMD力が生まれるきっかけとなったブログのひとつです。粗利と経費の関係、特に、経費比率は食品スーパーの経営上、重要な指標ですので、10年前の実態と2019年度、現在の実態をこの動画ブログでご確認ください。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #経費 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,170人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

May 28, 2020 |

Comments

Post a comment