« 株価速報、食品スーパー、11月27日、好調! | Main | 鬼滅の刃、ダイドーGH、第3四半期決算、その影響? »

November 29, 2020

Afresh、生鮮とAI、注目のヴェンチャー!

PI研のコメント(facebook):
・生鮮食品に本格的にAIを適用、食品の廃棄物を劇的に下げるノウハウを確立したアメリカのヴェンチャー企業が登場しました。すでに、100億円を越える時価総額、10億円以上の資金調達にも成功したとのことです。アメリカでは様々な報道がされていますが、生鮮食品に絞ってAIを活用する企業はまだ珍しいといえ、いよいよ、生鮮食品にも本価格的なAI活用の時代に入るといえます。スーパーマーケットニュースの事例を見ると、アメリカのクリープランドのアップスケール型の地元で23店舗展開している食品スーパーで実証済とのことです。通常、需要予測、発注等にAIを活用する事例は日本でもすでに様々な取り組みがなされていますが、生鮮食品に焦点を当て、店舗のマネジメント、経営の意思決定にまでAIで踏み込む事例はまだないといえます。AfreshのAは恐らくAIだと思いますが、この企業の経営陣もユニークであり、CEO、COO、CTO、いずれもスタンフォード大学出身、COOは修士、CTOは博士課程を卒業しています。この3人に加え、今回の資金調達で、新たに、「Ahold USAの元CEO、James McCann(ジェームズ・マッキャン)氏が同社の取締役会に加わった」とのことですので、著名な食品スーパーの実務家も加わり、経営基盤が強化されています。今後、アメリカで、様々な事例が生み出されてゆくと思われますが、いずれ、日本に参入するかはともかく、日本でも同様なヴェンチャー企業が登場する時代が来る可能性も高く、その意味で、Afreshの今後の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #生鮮

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,450人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

November 29, 2020 |

Comments

Post a comment