« スーパーマーケット販売統計、11月度、103 3%! | Main | 食品スーパー、株価速報、2020年12月25日、低調! »

December 25, 2020

CPI、消費者物価指数、11月度、コア指数 0 9%!

PI研のコメント(facebook):
・12/18、総務省が2020年11月度のCPI(Consumer Price Index)、消費者物価指数を公表しました。結果は相場による価格変動が激しい生鮮食品を除く総合指数、いわゆるコア指数が-0.9%と厳しい結果となりました。政府、日銀は2.0%のインフレを目指していますので、逆の流れ、デフレ傾向が鮮明です。ちなみに、このCPIは、政府、日銀の各種経済施策や年金の改定などに利用される基礎統計資料ですので、-0.9%と、デフレ傾向が今後とも続くとなると、今後の様々な経済政策に大きな影響を与えることになるといえます。さて、この11月度のCPIですが、食料は全部で約300項目あり、これが外食を含め、12分類に分けられています。それぞれのCPIを見ると、食料は-0.2%と、全体の-0.9%よりも高い数値でした。特に、果物3.0%、菓子類1.2%、肉類0.7%と、これらが食料を押し上げたといえます。CPI、新型コロナウイルス感染症による消費環境の激変により、よりデフレ気味に動き始めたといえ、今後、政府、日銀としても次の一手が難しい局面に入ったといえます。次回、年末を含む12月度、引き続き、デフレ傾向が続くのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #消費者物価指数

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,540人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

December 25, 2020 |

Comments

Post a comment