« オークワ、第3四半期決算、増収、大幅増益! | Main | ニトリH、2021年2月期、第3四半期、大幅、増収増益! »

December 30, 2020

平和堂、第3四半期決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・平和堂が12/25、2021年2月期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算でした。営業収益は0.6%の増加に留まりましたが、営業利益は31.7%増と大幅に増加しました。その要因ですが、原価はほぼ昨年と同じでしたが、経費が97.2%と、0.9ポイント改善したことが利益を押し上げたといえます。結果、差し引き、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は-3.6%と昨年の-4.5%を大きく上回りました。これに、食品スーパー特有のその他営業収入、物流収入や不動産収入が6.6%のり、結果、営業利益が3.0%となりました。一般に食品スーパーはマーチャンダイジング力がマイナスとなり、これをその他営業収入で営業利益をプラスに持ってゆく財務構造が多いといえます。平和堂はSCなどGMSタイプの店舗が多いため、多額の出店関連資産が必要となり、このような財務構造となり、その他営業収入が利益の源泉となるといえます。一方、BS、貸借対照表ですが、総資産は約3,000億円と昨年とほぼ同額ですが、今期は有利子負債が59.1%と大きく改善、結果、自己資本比率が54.8%と昨年の103.0%と押し上げています。今期は財務の安定化を図っているといえます。これを受けて、株価ですが、決算発表のあった12/25は横ばいです。通期予想が新型コロナウイルス感染症の今後が読みにくい面もあり、厳しい数値予想であることが影響していると思われます。また、PERは17.55倍と高めですが、PBRが0.72倍と1.00倍を下回っており、投資家は12/25時点の株価2,208円を割安と見ているといえます。平和堂、残り四半期、そして、来期、先行き不透明な中、財務構造の安定をはかり、成長戦略をどう押し進めてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #平和堂

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,560人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

December 30, 2020 |

Comments

Post a comment