« 株価速報、食品スーパー、2021年1月22日、堅調! | Main | 費者物価指数(CPI)、12月度、コア指数 1 0%! »

January 24, 2021

スーパーマーケット販売統計調査、12月度、堅調!

PI研のコメント(facebook):
・全国スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、オール日本スーパーマーケット協会の食品スーパー業界の3団体が1/22、2020年12月度の全国8,039店舗、270社のスーパーマーケット販売統計調査を公表しました。結果は既存店が103.6%と堅調な伸びとなりました。先月、11月度が103.3%ですので、横ばいで推移しています。この12月度のキーワードは帰省客減少、気温低下、青果相場安の3つであり、ほぼ、全部門に影響しているといえます。各部門の状況を見ると、最も伸び率が高かったのは畜産107.4%、ついで水産104.6%、日配104.3%、一般食品104.1%、非食品102.7%と続きます。一方、伸び悩んだ部門は惣菜100.8%、青果101.8%の2部門であり、惣菜は新型コロナウイルス感染症対策によるバラ売り、試食販売の自粛が依然として響いています。青果は相場安による単価の下落が響いたといえます。食品スーパー、新型コロナウイルス感染症による消費者の新状態が定着したといえ、当面、この堅調な売上げは続くと思われます。その一方で、苦戦が鮮明になった惣菜、そして、相場安をダイレクトに受けた青果を来月以降、どう立て直してゆくのか、今後の各社の取り組みに注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,640人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

January 24, 2021 |

Comments

Post a comment