« ヤオコー、第3四半期決算、大幅、増収増益! | Main | 株価速報、食品スーパー、2021年2月12日、低調! »

February 12, 2021

バローH、第3四半期決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・バローHが2/10、2021年3月期の第3四半期決算を公表しました。結果ですが、営業収益が8.5%増、営業利益が101.1%増となる増収、大幅増益の好決算となりました。新型コロナウイルス感染症によるプラスとマイナス、双方の影響がでています。バローHは大きく4つの業態をもっていますが、それぞれを見ると、スーパーマーケットは営業収益6.9%増、営業利益102.9%増、ドラッグストア10.4%増、23.2%増、ホームセンター15.3%増、124.5%増、そして、スポーツクラブ35.5%減、2億84百万円と、食品スーパーとホームセンターは好調、ドラッグストアは堅調、スポーツクラブは不調です。今回の好決算はスーパーマーケットとホームセンターが全体を牽引したといえます。ちなみに、営業利益が好調な要因ですが、原価、経費ともに減少、ダブルで利益を押し上げたことが大きいといえます。特に、経費に関しては昨対95.4%と大きく改善しています。中でも、スーパーマーケットに関しては「店舗数から商品力へのパラダイムシフト」を基本方針として、デスティネーション・ストアへの転換をはかっており、来店動機となる強い商品・カテゴリーの強化に取り組んでいます。食品スーパーの成長戦略は通常、新店開発が基本といえますが、あえて、既存店に焦点を当て、その客数を商品力で増やす政策に転換しようとしており、まさに、パラダイムシフトに挑戦しているといえます。一方、BS、貸借対照表の方ですが、現預金が158.7%と大きく増加、好決算で生み出されたキャッシュをここは確保と、今後の変化に備える財務重視のキャッシュの配分といえます。気になるのは、次の四半期、通期予想ですが、営業収益4.7%、営業利益54.7%と、以前公表した数値を据え置いていることです。結果、残り四半期のみで計算すると、減収減益、特に、営業利益は大きく下がる予想です。実際、株価を見ると、決算発表のあった2/10は下がっています。PER12.05倍、PBR0.93倍と、食品スーパ―の平均と比べ、双方低く、割安感があるもかかわず、下げていますので、投資家は厳しい見方をしているといえます。バローH、この第3四半期は好決算ですが、先行きは読みにくい状況といえ、次の四半期、そして、来期、どのような成長戦略を打ち出し、利益の確保をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #バロー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 1.AI棚割り分析、事例公開セミナー、2月16日!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,730人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

February 12, 2021 |

Comments

Post a comment